女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

広島の「雨後の月」の夏のお酒は、思ったよりしっかりで塩気といい相性です。

今、お店では、夏のお酒をそろえています。

夏のお酒は、瓶やラベルが水色だったり、薄い色だったり、そして、味わいもスッキリしているものが多いです。

ただ、辛口でキレキレで、とか水のようなサッパリさ、というお酒は好きではないので、私が集めるお酒は、やはりある程度、主張のあるものが多いみたいです。

今回、ご紹介するのもそんなお酒でした。

うごのつき 涼風

広島県呉市 相原酒造さんの雨後の月の夏のお酒 うごのつき 涼風 純米吟醸 

雨後の月は、通常のお酒やほかの季節のお酒は、漢字のラベルなんですが、今回の夏のお酒は、ひらがな「うごのつき」ですね。

瓶は、普通の緑ですが、シルバーの文字が少し涼し気です。

 

飲んでみました!

味わい

夏らしいスッキリさはあるのですが、少し余韻も楽しめます。

そして、しっかりした味わいもあるちょっと強いお酒です。

合わせてみた肴

蒸し鶏とアスパラ、胡瓜の胡麻和え

ちょっとピリ辛にしたので、その辛みが爽やかに感じて美味しいです。

めひかりの干物

この干物は、結構、しっかりめの塩気だったので、その塩気とお酒がいい感じで、食べてから飲んでも、ちゃんとお酒が残って、お酒を感じられました。

そして、肴もお酒もどんどん進んでしまう感じですね。

夏野菜の焼き浸し

お出汁を感じる和食らしい一品なのですが、お酒のほうが強く感じてしまう組み合わせとなってしまいました。

ミートグラタン

そう、最近、特に、日本酒と合わせて楽しいなぁと思うのが、グラタンのように焼いたチーズ。香ばしいのとよく合います

なので、今回のこのミートグラタンとお酒もよく合ったのですが、お肉の味わいとも相性が良くて、とても美味しく楽しめました。

鶏の塩焼き

シンプルに焼いたものですが、塩気と相性の良いお酒だったので、とても美味しく、また柚子胡椒をつけて食べるのが好きなので、そうしてみたら、尚、相性がよくなった気がしました。

爽やかな香りと塩気、というのが得意なお酒みたいです。

肉団子の甘酢あん

たっぷり甘酢を作って、肉団子にかけました。お肉との相性も良いですし、甘酸っぱいものとお酒は美味しいですね。

まとめ

思ったより強めのお酒だったので、そのまま飲むより、おつまみを食べるごとに、お酒が美味しくなってくる感じでした。

そして、ジューシーなものや、塩気のきいたしっかり味にちょうど良いお酒でした。

またいろいろ合わせてみたいものが出てきました。あらためて、なんですが、日本酒と肴って楽しいですね。