女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

お出汁が美味しいと、うちのお店のお客さまには気に入って戴いています。

今日は、何を書こうかなぁと考えていたのですが、今、毎日、お店で仕事をしていて、やはり常々考えているのが、今のお店のことなので、ほかのことを書く気分になれず、今日は、またそのことについてを書くことにしました。

日々思うことがあって、忘れたくないので、書きたいのですが、個人的な話であって、皆さんのためになるようなお役立ちブログではないので、どうぞスルーしたい方はしてください。

お出汁が美味しいと、気に入って戴いています。

一度お休みします。

先日、こちらのブログにも書きましたが、今の恵比寿のお店を今月末で一度、閉めることになり、お店のブログでも書き、その前に、年賀状などで常連さんにはご報告させて戴きました。

すると、メールをくださったり、ご予約くださったり、とたくさんの反響を戴きました。

常連さんの中には、いくつものご予約を入れてくださる方や、毎週、ご来店くださる方もいらして、本当にありがたい限りです。

いつも思っていますが、うちのお店の常連さんは、本当に温かくて良い方々ばかり。

今回のことを残念がってくださるので、お会いしたり、お話したりすると、なんだかこちらもさみしい気分になり、一瞬、この決断をしてよかったのか、と迷う気持ちも出てきたりします。

ただ、ちゃんと考えて決めたことですし、これで終わり、ではないので、次の良い形を決めて、また始めたいと思っています。

そう、お客さまと会って、話す時間は、私にとっても、大変楽しい時間で、本当にどっちがお客さま?というくらい良い気分にさせてくださる方がたくさんいらっしゃいます。

お店を閉めるということは、そんな皆さんとも会える場がなくなってしまうということで、それはお客さま以上に、私たちがさみしいことなので、やはりここで終われない、またお会いしたいと思っています。

お出汁ファンの常連さん

それで、皆さん、ご予約をたくさんくださっているのですが、今月のご予約のうち、常連さんのご予約は、9割が「お出汁を味わうお椀のおまかせ」というコースです。

ほかにもおまかせがありますし、お鍋のコースもありますが、常連さんは、見事に、こちらのコースなのです。

びっくりするくらいなのですが、皆さん「ほんと、こちらのお店は、お出汁が美味しいから」とおっしゃってくださって、いつも「美味しい」というお言葉は聞いてきましたが、そう思ってくださっていたのだと改めて実感しました。

皆さんが板長のお料理を気に入ってくださり、家庭的な今のお店に居心地の良さを感じてくださり、通ってくださっていたので、そんな皆さんに良い報告ができるように、また頑張りたいと思っています。

まずは、残り20日間、この場所で最後まで頑張ります。