女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

青菜をたっぷり味わいたくていろいろやってみました!昨日の続きも。

昨日のブログで、菜花と芹を入れたハンバーグを作ったことを書きましたが、さらに昨日はいろんな青菜を楽しみました。

f:id:madameokami:20210201103706j:plain

 

 

青菜をたっぷりいろいろ楽しみました!

昨日の続き

昨日ご紹介した菜花と芹のハンバーグの記事はこちら。

 

www.madameokami.net

 

青菜を入れすぎてしつこいといけないと思い、ほんの少し控えめにしていたのですが、食べてみたら、美味しいものの「青菜を味わう!」というには少し物足りなくて、昨日、さらに増量して焼いてみました。

f:id:madameokami:20210201103816j:plain

 

ハンバーグ種が半分余っていたので、残りの芹も全部入れて、今回はホットプレートで焼いてみました。

そうしたら、これくらい芹が入っている方が美味しかったです。

なので、挽肉300g弱くらいに対して、芹1袋がいいと思われます。(勿論お好みですが)

青菜のオイル煮

そして、昨日は副菜に、青菜のオイル煮というのをやってみました。

今回、用意したのは、こちら。

f:id:madameokami:20210201103720j:plain

材料

青梗菜 2株

菜花 1/2束(前日の残り)

アレッタ 1袋

アレッタは、ブロッコリーとケールの掛け合わせです。

茎の部分は、ブロッコリーの味がして甘みがあり、葉っぱはケールです。

 

手順

中華鍋にお湯を沸かし、胡麻油を多めにたらし、そこで青菜を順番に茹でます。

f:id:madameokami:20210201103730j:plain

胡麻油

f:id:madameokami:20210201103741j:plain

茹でる

 

そして、鶏ガラスープにお醤油とナンプラーで味付けしたスープを器にはって、そこに青菜をのせて、少し塩をかけて戴きます。

f:id:madameokami:20210201103752j:plain

ちょっと、おかかもふってみました。

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20210201103803j:plain

シンプルな味わいですが、野菜の甘みをしっかり感じられてとっても美味しかったです。

お酒を飲みながらだと、ついつおつまみに手がのびてしまうのですが、こういうおつまみだとヘルシーで安心だなぁと思いました。

青菜炒めは、よくやりますが、たまにはこういうのも優しくていいです。

青菜ばっかり

ということで、昨夜のおつまみは、芹増量の和風ハンバーグと青菜のオイル煮。

f:id:madameokami:20210201103834j:plain

青菜ばかり

こんな感じで、いつもよりとってもヘルシーでした。

いつもと同じお料理にちょっと材料を変えてみたり、材料は一緒でもちょっと調理法を変えてみたりして、新しいものができるって楽しいですね。

今年も1ヶ月終わってしまいましたが、なんと一番痩せていたのは、元旦の朝でした。どういうことでしょう?