女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

かさごとムール貝でアクアパッツア作ってみました!

先日、近所のスーパーへ買い物に行ったとき、ゆめかさご、というのを見つけました。

結構、身がぷりっとして大きいけれど、お値段がかなりお買い得。ということで、買ってみました。

かさごというと唐揚げだったり煮付けをよく目にしますが、自宅で作るので、簡単にアクアパッツアはどうだろうと思い、ムール貝も買って作ってみました。

かさごとムール貝でアクアパッツア作ってみました!

材料

かさご

ムール貝

玉葱

トマト(缶詰の半端とプチトマトがあったので両方使いました。)

ハーブ(今回はローズマリーで。我が家のベランダで育てているのですが、今年はいつも以上に若々しい枝がいっぱいで、とっても香がいいです。)

白ワイン

オリーブオイル

塩・胡椒

お好みで、セロリやきのこ、ほかの魚介を入れても美味しいです。

手順

1.玉葱は皮を剥き、適当な大きさにカットし、かさごはお腹とうろこをとっておく。

 ムール貝もひげをとって、よく洗っておく。

 

2.鍋にオリーブオイルを敷き、1.の玉葱を並べ、かさごをのせる。

 

3.かさごのお腹に、ローズマリーを入れる。

 

4.まわりに缶詰のトマトをくずしながら入れ、プチトマトもつぶしながら入れ、ムール貝も入れる。岩塩(塩・胡椒でも)やオリーブオイルをかける。

 

5.白ワインも1Cくらい、まわしかけ、ふたをして蒸し煮する。

 

6.ムール貝のふたがあいて、魚に火が通ったらOKです。

 

出来上がり!

美味しいアクアパッツアが出来上がりました。

かさごは思ったより、身質がかたいというか、かなりしっかりしていました。

身が詰まっています。なので、さらに塩をかけたり、レモンをかけたり、オリーブオイルをたらしながら食べたほうが美味しい感じです。

出汁醤油とオリーブオイル、というのも美味しいです。

 

せっかくなので、というか、我が家のお決まりのコースとしては翌朝に〆のパスタです。

〆のパスタ

1.魚は骨をとって、身をほぐしておく。スープは温める。

 

2.パスタを茹で、1.へ加え、お好みで、生クリームも加える。

 

.少し煮込んで、塩・胡椒で味を調える

今回、海老も少し追加してみました。

お皿に盛って。

出来上がり!

美味しいパスタが出来上がりました。

昨日のブログにも書きましたが、トマトも入っているので、クリームが重くなりすぎずにサッパリ美味しく食べられました。

甘酸っぱいクリームソースというのがいいです。

また、ムール貝は今回小粒で(前回、明治屋さんで買ったときはとっても大きかったのに)安いものを使ったのですが、そうしたら、あまり出汁が出ていなくて、ムール貝らしさをあまり感じられなかったので、簡単シンプル料理こそ、素材が大事だなぁと改めて思いました。