女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

トマト缶で簡単!おいしい!ビーフストロガノフ作りました!

カレーは夏でも食べますが、シチューとかはやっぱり寒い日のほうが美味しいイメージで、最近あまり作っていませんでしたが、トマト味のきいているビーフストロガノフなら食べたいかも、と思って、久しぶりに作りました。

トマト缶があったので、それを使ったら、とっても簡単で、でも美味しいビーフストロガノフが出来上がりました!

 

トマト缶で簡単!おいしい!ビーフストロガノフ作りました!

材料

牛薄切り肉 300g

玉葱 1個

マッシュルーム(今回は、ホワイトとブラウン両方使用) 各1パック

人参 1/4本

トマト缶 1缶

固形スープ 1個

赤ワイン

塩・胡椒

小麦粉 

バター・オリーブオイル

生クリーム 60g

作り方

1.野菜は薄切りにする。

 

2.牛肉は、1cmくらいの幅に切り、塩・胡椒したあと、小麦粉をまぶす。(旨みをとじこめるのと、これがとろみになります。)

 

3.鍋にバターを溶かし、2.を入れて香ばしく、焼く。焼き色がついたら、赤ワインを全体にふりかけて、強火にし、アルコールを飛ばしたら、別皿にとっておく。

 

4.オリーブオイルを敷き、1.の野菜を炒める。

 

5.スープ1.5C(固形スープ+水でOK)を入れる。

 

6.トマト缶も、トマトをつぶしながら加える。

 

7.15分くらい煮込む

 

8.生クリームを加えて、さっと煮込み、塩・胡椒で味を調える

 

出来上がり!

こんなふうに具がたっぷりのビーフストロガノフが出来上がりました。

本当は、バターライスと一緒にいただくのが良いのでしょうけど、我が家は、夜のおつまみでいただくので、このまんまで。

トマトの味がきいて爽やかな美味しいビーフストロガノフが出来上がりました。

おまけのひとり言

勿論、完熟トマトなど美味しいトマトがあれば、それを使えばもっと美味しいと思います。生のトマトで作る優しい味わいも大好きです。

ですが、今回は、帰りが遅くなりそうな日、朝、ささっと作ったので、缶詰のトマトが大活躍しました。

ついでに、前の日に、鶏鍋をやったスープが残っていて、それも使ったので、かなり美味しいものになりました。

和のお出汁が洋風なお料理になったり、洋のお料理に、お醤油など和の調味料を使ったり、家庭料理って楽しいですね。

実は、このスープもまだ少し残っているので、リゾットにでもしようかなと企んでいます。