女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

圧力鍋で鶏手羽元と揚げ茄子のカレー作ってみました!

前に一度、かなり時間をかけて欧風カレーを作りましたが、それからは、また圧力鍋を使って、時短で簡単に作っています。

ただ、時短とは言っても、寝かせる時間などはしっかりとって、今回も調理時間は短いものの3日かけて作りました

f:id:madameokami:20210921125241j:plain

 

圧力鍋で鶏手羽元と揚げ茄子のカレー作ってみました!

前回のカレー

これが一番時間のかかったカレーです。

www.madameokami.net

 

これをアレンジして、前回、圧力鍋で時間を短縮して作りました。

www.madameokami.net

 

今回の変更点

玉葱は包丁で刻みました。

更に今回は、1日目に丸まま圧力鍋で煮た玉葱を、フードプロセッサーにかけず、包丁でざくざく刻みました。(玉葱ブイヨンはあとで使います。)

それをフライパンで炒めて、水分を飛ばしました。

f:id:madameokami:20210921130344j:plain

f:id:madameokami:20210921131104j:plain

そして、スパイスは、炒めて香を出すのが好きなので、この玉葱にスパイス(シナモン・パプリカ・チリペッパー・アニスシード・クローブ・ガラムマサラ・ターメリックなど)をふりかけ、カレー粉も少し入れて、香りを出しました。

f:id:madameokami:20210921131242j:plain

 

圧力鍋で鶏手羽元も柔らかく

今回は、鶏手羽元のカレーにしたかったので、これまた圧力鍋が大活躍です。

f:id:madameokami:20210921131451j:plain

塩・胡椒した鶏手羽元のまわりをこんがり焼いて

f:id:madameokami:20210921131536j:plain

ひたひたのお水と青葱を入れて、煮ます。

アクが出てきたらすくって、捨てて、その後、圧力をかけて柔らかくなるまで煮ます。

ブロッコリーの茎やキャベツの芯に近いところも一緒に煮ました。

f:id:madameokami:20210921131658j:plain

そこへ、スパイスのきいた玉葱ペーストと玉葱ブイヨンを入れて煮込み、カレールーを入れます。

f:id:madameokami:20210921132307j:plain

バターは入れず生クリームのみで

もとのレシピは、生クリームとバターたっぷりですが、今回は、生クリームを1/2cくらい入れました。

f:id:madameokami:20210921132349j:plain

 

一日寝かせて、煮込み直して

今回は揚げ茄子を入れたかったので、茄子の輪切りを揚げてのせました。

出来上がり!

f:id:madameokami:20210921132501j:plain


美味しい鶏手羽元と揚げ茄子のカレーが出来上がりました!

手羽元は、狙い通り、ほろっとなっていたので、フォークやスプーンでほぐすだけで綺麗に骨からとれるくらいでした。

なので、手がそれほど汚れずに食べられました。

そしてほろっと具合がとっても美味しかったです。

やっぱり、これが圧力鍋ですね。

おまけのひとり言

今回も美味しいカレーが出来ました。

玉葱をじっくり煮ると、本当に甘みのあるカレーが出来ます

今回も玉葱の甘みに加えて、キャベツの甘み、そして生クリームでマイルドなカレーとなりました。

もともと私の作っていたカレーは、なかなかスパイシーなものだったのですが、こうして食べてみると同じカレーでも別物ですね。

そういうカレーもまた食べたくなりました。次は、スパイシーカレーを久しぶりに作ろうかなと今から次のことを考えてしまいました。