女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

KALDIのコーヒーミル、買って、飲んでみました!

毎日、朝ごはんのときに、コーヒーを飲みます。

私は基本、カプチーノ、主人は、ストレートだったり、ちょっとミルクを入れたり、たまに、私に付き合って、カプチーノを飲みます。

我が家のコーヒーは、ここのところ、KALDIで買ってくる豆、いくつかのお気に入りの種類を、なくなりそうになると買いに行きます。

それで、コーヒー豆を買うと、ポイントがその都度、たまるのですが、月に何度かポイント2倍デーというのもあって、できるだけその日に買うようにしていたら、面白いくらいたまります。

今回、ある程度たまったので、そのポイントで、何かいつもとは違うものを買いたいなぁと思って、コーヒーミルを買ってみることにしました。

 

KALDIのコーヒーミル、買って、飲んでみました!

ちょっと前に、喫茶店とコーヒー豆販売をしている方の本を読んで、コーヒーミルが気になっていました。

毎日毎日飲むものだから、少しでも美味しくなったらいいなぁと思っていたのです。

ただ、コーヒーもとっても奥が深くて、凝りだしたら、いろいろはまりそう。

まずは、簡単なコーヒーミルから試してみることにしました。

KALDIのコーヒーミル

KALDIに売っていたのは、カリタの入れ物が木のものと、こちらのセラミックのもの。

はじめは、カリタのものにしようとずっと見ていたのですが、最後の最後に、一緒に買いに行った主人が、こちらにしようと。

お値段は、¥3,267(税込)で、カリタのものは、¥1000くらい高かったと思います。

いつもは、ペーパーフィルター用に挽いていただくのですが、初めて、豆のまま買ってきてみました。

挽き方

挽き終わったコーヒーが入る透明な容器の中に、ダイヤルがあって、それで粗挽き、細挽きを調整できるようです。

挽いてみました。

豆を入れて。

ハンドルをまわします。

少しずつ落ちてきます。

我が家では、主人の担当になりましたが、別にハンドルが重いわけではなく、女性でもできます。

主人曰く、心地よい感じだそうです。

こちらのミルは、小さめなので、豆をいっぱいに入れて、2杯分くらいです。

飲んでみました!

まずは、ストレートで飲んでみました。あっ、ブラックですね。

ついついお酒のように、ストレートって言ってしまいました。

違いがわかるように、いつも飲んでいる豆にしたのですが、いつもと違います。

クリアな感じなのですが、苦味はしっかりあって、コーヒー自体の味をしっかり感じました

挽いているときに、もっとコーヒーの香がするかなぁと思っていたら、そうでもなかったのですが、淹れているときに、いい香がしました

うまく説明できませんが、いつもと違った味わいで美味しいです。

カプチーノ

いつものように、カプチーノにもしてみました。

コーヒーの味がしっかりなので、美味しいですね。

また違った豆も試してみたいと思います。