女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

面倒なキッシュをクラッカーで簡単に作れます!

我が家の朝ごはんは、パンだったり、パスタだったり、ご飯だったり、麺だったり。

板長に希望を聞くと、たいていの場合、「パスタ」なので、本当にひらめかない時しか聞かず、私がローテーションを考えて作っています。

今日は、モリモリメニュー 大きなキッシュを作って食べてきました。

キッシュって美味しいけど、生地が面倒、大変ですよね。

でも、クラッカーを使えば、とっても簡単にできちゃいます。

 

クラッカーで作る簡単キッシュの作り方

f:id:madameokami:20200509141726j:plain

キッシュ

 

材料(4~5人分)

f:id:madameokami:20200509141828j:plain

材料

クラッカー 120g

バター   100g

玉葱   小1個

ベーコン  100g

卵   2個

生クリーム 200cc

とろけるチーズ 適量

塩・胡椒

 

作り方

1.玉葱は薄切り、ベーコンは食べやすい大きさに切る

f:id:madameokami:20200509152554j:plain

切る

2.フライパンにオリーブオイル(お好みで)少量をたらして、炒める

 塩・胡椒で味付けする。

f:id:madameokami:20200509152634j:plain

炒める

3.クラッカーはビニール袋を二重にした中に入れ、めん棒でたたいて細かくする。

f:id:madameokami:20200509152505j:plain

砕く

 砕かれた角がとがって、ビニール袋が破けやすくなるので、気を付けてください。

 

4.ボウルにバターを溶かし、そこへ3.を入れ、混ぜる。

f:id:madameokami:20200509152744j:plain

混ぜる

 

5.耐熱皿に4.を敷き詰める。

f:id:madameokami:20200509152823j:plain

生地

 綺麗に敷けておらず、すみません・・・ぶきっちょ丸見えというか性格??

 

6.ボウルに卵を割りほぐし、そこへ生クリームを入れ、塩・胡椒で味付けする。

f:id:madameokami:20200509152948j:plain

フィリング

 

7.5.の生地の上に、2.の具材を並べる

f:id:madameokami:20200509153102j:plain

具材を並べる

8.6.を流し込んで、上に、とろけるチーズをかける。

f:id:madameokami:20200509153149j:plain

チーズ

 

9.200℃のオーブンで約25分焼く

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20200509141726j:plain

焼き上がり

 

最後に

これは、5年以上前に、凝って作っていたレシピです。

久しぶりに焼いてみましたが、今の私たちには、正直ちょっとヘビーでした。(それだけ年をとったことを実感)

朝ごはんには、半分しか食べられませんでした。

なので、材料を4~5人分にしてあります。

もともと、昔々、レアチーズケーキをよく作っていた頃、台の部分を森永のマリービスケットを使って作っていて、それのアレンジで、今回のレシピが登場しました。

冷やす台だけでなく、焼く台にも活用できるかやってみたところ、問題なくできたので、それから、クラッカーで作っていました。

お薦めは、森永の小麦胚芽のクラッカーですが、今回、手に入らず(今、営業している成城石井とTHE GARDENには売っていませんでした)、他メーカー品で作りましたが、私たちには、ちょっと甘過ぎました。

やはり森永の方が美味しいと思うので、手に入ったら、また作ってみたいです。