女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

白身魚のクリームソース、作ってみたら、まさかの結果に?!

本を見ていたら、フレンチで、「豚ヒレのブランケット」というのが載っていて、美味しそうだったので、作ってみようかなぁと思いました。

そこへ、主人(板長)が、白身魚でムニエルとかしようよ、ということだったので、白身魚のクリームソースな感じで作ってみることにしました。

f:id:madameokami:20220118120900j:plain

 

白身魚のクリームソース、作ってみたら、まさかの結果に?!

材料

f:id:madameokami:20220118120939j:plain

白身魚(今回は、ふえ鯛を使いました。)

人参 1/4本

玉葱 1/2個

マッシュルーム 3個

バター 20g

薄力粉 大さじ1

白ワイン 1/4C

生クリーム(今回は、植物性を使用) 1c

塩・胡椒

 

手順

.玉葱は薄切り、マッシュルームは2つ切り、人参はピーラーで薄く切ります。

 フライパンにバターを溶かし、炒めます。

f:id:madameokami:20220118121352j:plain

 

小麦粉をふるい入れて、炒めます。

f:id:madameokami:20220118121634j:plain

 

白ワインを入れて、沸騰させた後、生クリームを加えて、少し煮詰めます。塩・胡椒で味を調えます。

f:id:madameokami:20220118121704j:plain

 

4.白身魚は、塩・胡椒して、薄く小麦粉をつけます。

f:id:madameokami:20220118121803j:plain

 

5.バターとオリーブオイルを入れたフライパンでこんがり焼きます

f:id:madameokami:20220118121832j:plain

 

6.3.のソースの中に焼きあがった魚を入れて、さっと煮込みます。

f:id:madameokami:20220118121846j:plain

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20220118121934j:plain

結果

うわぁ~美味しそう!と思って食べてみたのです。

そうしたら、思ったよりヘビーだった。

クリームソースかというと、生クリームも今回は、植物性を使用しているので、軽めの仕上がりで、どうやら、お魚自体の脂のノリが凄かった、ということがわかりました。

バターとオリーブオイルで焼きましたが、そこまで多く使用したわけではなく、お魚の脂でした。

びっくりしたのは、お料理が冷めていくにつれ、お皿の上でお魚の脂が固まりはじめたのです。これはやっぱりお魚のせい(?)ですね。

簡単なお料理こそ、素材が重要(別に悪いお魚ではなかったのですが)ということを思い知らされた感じです。

ということで、残念ながら食べきれず、少し残してしまいました。

おまけのひとり言

なかなかないことでしたので、この結果に、二人してびっくりでした。

もともと、ブランケットというクリーム煮込みも、仔牛でやったり、豚ヒレでやったりするようで、あまりこってりじゃないお料理みたいです。

なので、夜のおつまみにするなら、鶏むね肉とかささみでさっと煮込む、というのも身体にやさしくて美味しいかもと思いました。

ただ、主人は、今回のこの出来上がりが納得いかないようで、近いうちにリベンジする、と言っています。なので、そちらも楽しみにします。