女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

フヌイユのグラタン作ってみたらとっても美味しくできました!

最近通っているプラチナ通りの八百屋さん、そう、うちのお店にいつも野菜を運んできてくれる八百屋さんが、プラチナ通りに店舗を出したのですが、そこはいつも楽しいもの、これ美味しい!というものが売っています。

毎回、それが楽しみで行くのですが、今回は、ちょっと珍しいもの、フヌイユを見つけました。

レストランで食べたことはあるけれど、自分で買ったことはたぶんないはず、八百屋さんに聞いてみたら、「スープとかじゃないでしょうか。」とのことでしたが、私の記憶では、「フヌイユのグラタン」というのを食べたことがある気がしたので、それを作って味わってみることにしました。

f:id:madameokami:20220207112234j:plain

 

フヌイユのグラタン作ってみました!とっても美味しくできました!

フヌイユ

f:id:madameokami:20220207112437j:plain

英語では、フェンネルというようで、日本語では、ういきょうです。

葉っぱのところはハーブとして、使うようですが、今回は、この茎、根本の部分を使ってお料理してみました。

作り方

1.切る、というか剥がしてみました。

f:id:madameokami:20220207113030j:plain

 なぜか写真がボケボケですみません。

 

2.さっと茹でます。

f:id:madameokami:20220207112939j:plain

 

3.水気を切って、バターでさっと炒めます。

f:id:madameokami:20220207113005j:plain

 

4.そこへ生クリーム1パック入れて、煮込みます。煮詰めていきます。

f:id:madameokami:20220207113823j:plain

 

.少し塩で味付けした後、耐熱皿に並べます。

 一番芯の部分は、さすがにこのままでは火が通りにくいかなぁと思い、4つ割りにしました。一番真ん中の上に乗っているのが、その4つ割りしたものです。

f:id:madameokami:20220207113911j:plain

 

6.チーズとパン粉をふりかけてます。

f:id:madameokami:20220207114738j:plain

 

7.200℃のオーブンで12分焼いた後、220℃に上げて2分、焦げ目をつけました。

 

焼き上がり!

f:id:madameokami:20220207114849j:plain

こんな風に美味しそうに焼きあがりました。

 

食べてみました

柔らかくて甘みがあって美味しかったです。

香はふんわりとはしますが、葉っぱほどの香はなく、何みたい、と言っていいのか、普段口にする野菜とは全然違う感じです。葱(ポワロー)みたいな甘みといっていいのでしょうか。

主人は、主人で、お店用にきんぴらを作ったのですが、それはシャキシャキとしてセロリに似ている感じだったのですが、このグラタンは、セロリっぽさはなしです。

不思議ですね。

とにかくとっても簡単に作ったのに、とっても美味しくて大成功でした。

こんな風に、初めての食材を調理するってわからないことだらけですが、成功すると楽しいなぁと思います。失敗したときこそ、成功したときの嬉しさや楽しさがあるのかもしれませんが。

次回はどんな野菜と巡り会えるのか、またまた楽しみです。