女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

姿の春のお酒 晴れすがた(栃木)

新型コロナウィルスの影響で、飲み会ができなくなったり、お家で過ごす時間が増えた方が多いと思います。

お家飲みをする機会も増えたようなので、今日は、味しい日本酒とそれに合う肴(おつまみ)をご紹介したいと思います。

 

まず、私の大好きなお酒

 

晴れすがた(栃木)

 

f:id:madameokami:20200307153833j:plain

初すがた

栃木県栃木市の飯沼銘醸さんの姿。

 

春のお酒なので、こんな風にピンク(桃色と言いたい)のラベルで名前も「晴れすがた」

今年も出ました!

(ちなみに、夏には「浴衣すがた」、秋には「艶すがた」、新春には「初すがた」が出ます。)

 

姿はしっかりした味わいのものが多い中で、この晴れすがたは、特にふくよかな華やかさがあって、この季節にぴったり。

 

f:id:madameokami:20200307153855j:plain

お米は、彗星という酒米100%。

純米吟醸、無濾過生原酒です。

 

飲んでみました。

 

味わい

 

はじめの飲み口は柔らかく、その後、口の中全体に、ふくよかな米の甘みを感じます。

 

喉越しは、しっかりとした深みも残しつつ、切れも良いので、ついつい進んでしまう美味しさです。

 

香は、そんなに強くありませんが、華やかさの余韻が楽しめます。

 

お薦めの肴

 

 焼き筍

 

f:id:madameokami:20160407194345j:plain

焼き筍

春と言えば、筍。

香ばしく焼いて、たれを塗ってまた焼いて、そんな香ばしさにもぴったりです。

 

 菜花とあさりの酒蒸し

 

f:id:madameokami:20200303195235j:plain

菜花とあさり酒蒸し

あさりのお出汁が美味しいのは勿論ですが、貝のみの酒蒸しですと、若干お酒に負けてしまいそうなところ、菜花も入れることで、菜花のほろ苦さがお酒との相性を高めてくれます。

 

 かぶと煮付け

 

f:id:madameokami:20160320203420j:plain

かぶと煮付け

甘辛のお味にもよく合うこちらのお酒ですが、煮付けを梅味にしてもサッパリ楽しめますし、甘めなお酒にぴったりです。

 

 芹の炒め物

f:id:madameokami:20200307200954j:plain

芹炒め


 

シンプルな塩炒めですが、芹の香りがふわ~っと漂って春らしい一品。

芹の香りと、深みのあるお酒の味わいが相性抜群です。

 

 白身魚の明太和え

 

f:id:madameokami:20200308143220j:plain

平目の明太和え

今回は、平目を使っていますが、真鯛などでも大丈夫です。

実は、明太子の味が強くて勝ってしまうかなぁと思ったのですが、よりお酒の甘みをしっかり感じられて、とっても美味しく楽しめました

お薦めです。

 

個人的に大好きな姿なのですが、特に、この初すがたは、大好き。

見た目も可愛く、おめでたいイメージがあるので、お祝いの時などによく持参します。

ラベルも綺麗だし、美味しいし、とっても喜ばれますよ。