女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

春を感じるほたるいかのイカ墨ピラフ作ってみました!かなり美味しいです!

昨日のブログにもちょこっと書きましたが、スーパーでみつけたほたるいか、季節ものなので、つい買ってしまいましたが、どうやって味わおうかなぁと考えました。

はじめに思いついたのは、パスタだったのですが、「フォークで食べるのは難しいのでは?ご飯の方が食べやすいのでは?」という主人に意見により、ご飯にすることに。

でも、炊き込みご飯ではあまり出汁が出ないかもしれないので、炒めたいなぁ、となるとピラフ、と思ったのですが、ほたるいかだけではちょっと物足りない、とそこへ、パエリアを作ったときの残りのイカ墨があることを思い出し、イカ墨ピラフを作ってみることにしました。

f:id:madameokami:20220403112509j:plain

 

春を感じるほたるいかのイカ墨ピラフ作ってみました!

材料

f:id:madameokami:20220403112553j:plain

米 1.5合

ほたるいか 1パック

イカ墨 1袋(4g)

玉葱 1/4個

プチトマト 6個

バター 20g

コンソメやお出汁

塩・胡椒

作り方

1.お米を洗って、ざるにあげておく。

 ほたるいかは、目とくちばしと背骨をとる

 玉葱はあらみじんにしておく。トマトは、半分に切っておく。

 

2.鍋にバターを溶かし、玉葱を炒める。

f:id:madameokami:20220403112707j:plain

 

3.そこへほたるいかを加え、少しつぶすようにして炒める。

f:id:madameokami:20220403112720j:plain

 

4.3.へ米を加えて(この時、バターが足りなかったら追加してください。)炒める。

f:id:madameokami:20220403112732j:plain

 

.水とイカ墨を加えて、お出汁(私は顆粒コンソメと顆粒の和風出汁を入れました)も加える。

f:id:madameokami:20220403112745j:plain

 

.プチトマトを入れ、塩・胡椒で味付けする。

 ふたをして強火にし、沸騰したら、さっとかき混ぜて、弱火で13分加熱する。

 (我が家はこの時間ですが、お鍋によって調節してください。)

f:id:madameokami:20220403112755j:plain

 

炊きあがり!

f:id:madameokami:20220403112816j:plain

黒と赤の色合いがなんとも絶妙なイカ墨ピラフが炊きあがりました。

ほたるいかの色もいいですよね。

 

食べてみました!

f:id:madameokami:20220403112854j:plain

これが、とっても美味しかったんです。

ほたるいかの柔らかさと甘み、そして、トマトの甘酸っぱさがよく出ていました。

色は黒いのですが、味わいが優しくて、なんとも春らしい感じでどんどん食べてしまう美味しさでした。

トマトは好みで、もっと入れてもいいかもしれません。

ほたるいかが手に入るうちに、もう1回作りたいくらいの美味しさでした。

お薦めです。

 

今回もとっても簡単ですが、簡単おいしいレシピを目指しています。

よかったら、こちらも見てみてください。