女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

蟹飛竜頭ならぬ帆立飛竜頭を作ってみました!飛竜頭って何?

飛竜頭って何?という方もいらっしゃるかもしれません。

関西での呼び方だそうで、関東でいうがんもどきです。

先日も手作りがんもを作りましたが、またまた食べたくなって、今度は蟹飛竜頭を作ることにしました。

 

www.madameokami.net

 

そう、蟹がんもでもいいのですが、なんか蟹だと飛竜頭って感じがしませんか。

さぁ、作ろう!と思って、材料を揃えていたら、「あれ?蟹缶ない・・・」ということで、目にとまったのが、帆立缶

帆立缶も焼売に使ったり、味わいがとってもいいので、これでも美味しくできるはず。

そして、今回、自粛要請でやっているお店も少なく、山芋も近所では、手に入らなかったので、山芋を使わないレシピを考えてみました。

 

美味しい帆立飛竜頭(帆立がんもどき)のレシピ

f:id:madameokami:20200430150330j:plain

飛竜頭

材料(4人分)

f:id:madameokami:20200430134829j:plain

材料

木綿豆腐 1丁(300g)

帆立缶  1缶(50g)(勿論、蟹缶でも)

人参   40g

スナップエンドウ 40g(さやえんどうや絹さやでも) 

干し椎茸 10g

卵    1個

醤油   少々

出汁汁  300cc

砂糖   大さじ1

塩    ひとつまみ

薄口醤油 大さじ1

揚げ油

 

作り方

1.干し椎茸は水に戻し細切り、人参とスナップエンドウも小さく細切りにして、さっと茹でておく。

f:id:madameokami:20200430135435j:plain

細切り

 

2.豆腐は、塩小さじ1を入れた熱湯の中に、手でちぎりながら入れて、約3分茹でる。

f:id:madameokami:20200430135857j:plain

茹でる

 

3.茹で上がった豆腐に重しをして、しっかり水分を切る

f:id:madameokami:20200430135951j:plain

水気を切る

 

4.3をすり鉢でするか、ざるで濾す。

f:id:madameokami:20200430140044j:plain

濾す

 

5.なめらかになるように混ぜ、そこへお醤油少々をまぶした1.の具材を混ぜる。

 帆立缶の帆立も混ぜる(缶汁は、あとで煮る時に使っても美味しいです)。

f:id:madameokami:20200430140227j:plain

混ぜる

 

6.卵も加えて、混ぜたら、4等分して、ラップの上に置いて、丸める。

f:id:madameokami:20200430140440j:plain

茶巾しぼり

 こんな風に茶巾しぼりにしてください。

 

7.お鍋にお湯を沸かして弱火にし、その中に6.を入れ、約5分、茹でる。

f:id:madameokami:20200430140622j:plain

湯煎

 お湯を沸かすのが面倒な方は、500Wのレンジで2個につき、2分加熱してもいいです。

 

 こんな風に、形になっていればOK

f:id:madameokami:20200430140801j:plain

丸くなった

 

8.170℃の油で揚げる。

f:id:madameokami:20200430140923j:plain

揚げる

 

こんな風に、いい色に揚がりました!

f:id:madameokami:20200430140902j:plain

揚げ上がり

 

9.お鍋にお出汁と調味料を入れて、その中で、揚げ上がりの8.を煮込みます。

 お出汁に、干し椎茸の戻し汁や帆立缶の缶汁も一緒に入れても美味しいです。

 

最後に

飛竜頭(がんもどき)を作ろうと思ったら、山芋がなかったので、卵の量を増やして、つなぎにすることにしました。

ただ、丸めて、そのまま揚げると、バラバラになりそうだったので(山芋が入っていない為)、一度、茹でて火を通すことで、形にしています

中の具材は、彩の良いものでしたら、なんでもいいと思いますが、小さめに切らないと形にするのが難しいです。

そして、欲張りな私は、ついつい具材をたっぷり入れてしまうのですが、お豆腐のしっとり感を味わいたいなら、具材は少なめの方が良いのかもしれません。

最後に、揚がった飛竜頭をお出汁で煮ていますが、より味をしみこませたい場合は、煮込んでから、少し時間をおいたほうが(朝のうちに作って、冷蔵庫で寝かせて、夜、温めなおして食べるくらい)、お出汁をしっかり含んで美味しいと思います。

 

最近、本当に、お豆腐ばっかり食べていて、我ながらびっくり。

でも、またお豆腐メニューを思いついたので、近々、またご紹介します。