女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

広島県の宝剣、酒未来で作ったお酒は、純米にも興味がわいたお酒でした。

すっかり涼しくなってしまったというか、冷え込んできた、と言ったほうが良いくらいの気候になりましたね。

うちのお店は、お鍋をやるので、ほんとお鍋の季節になったなぁと感じる毎日です。

寒くなると、お鍋であたたまって、そして、お供には美味しい日本酒、というのが最高です。

今日は、また最近、入荷した広島のお酒について書きます。

宝剣 純米吟醸 酒未来

 

広島県呉市 宝剣酒造さんの宝剣

山形県産の酒未来というお米100%のお酒です。

酒未来というのは聞いたことがありますが、私は、宝剣以外であまり飲んだことはないかもしれません。

でも、人気の酒米らしいですよ。

 

飲んでみました。

味わい

口に入れると、一瞬とろんとしているようにも思えたのですが、さっとキレがよく、辛口のようなお酒でした。

湧き水仕込み、とあるので、それが綺麗さを出しているのでしょうか。

 

合わせてみた肴

蕪の柚子胡椒サラダ

柚子胡椒味のサラダですが、お酒と味わってみても、それほど違いが感じられませんでした。柚子胡椒の辛みが控えめだったのでしょうか。

胡瓜としらすの酢の物

これを食べて、お酒を飲むと、お酒がふわ~っと出てくるような感じで、フルーティさを感じました。

胡瓜がウリだから、そのウリさ、がフルーティにつながったのでしょうか。

あと、最近、よく感じますが、お酢とお酒って合いますね。お酒がより美味しく感じられる気がします。

牡蠣のペースト

この前も登場している、お酒のために作った肴、牡蠣のペーストですが、牡蠣というより生姜をきかせて作っていて、その生姜の香とお酒がいい感じでした。

たことオリーブのサラダ

マヨネーズ味のサラダなのですが、マヨネーズを軽めのものを使っていて、そうしたら、お酒のほうがちょっと強く感じてしまいました。

ハンバーグのきのこソース

オーブンで焼き上げたハンバーグにきのこのソースをかけました。

今回、ハンバーグとお酒、ではなくて、このソースとお酒が楽しかったのです。

というのは、このソース、椎茸をじっくり炒めて、水分を飛ばしてから作ったのですが、面白いことに、この椎茸とお酒がなんともいい感じ

そう、ひれ酒みたいな味わいになったのです。

乾燥しているかのように水分がなくなった椎茸とお酒、何度も目をつぶって飲みたいくらいでした。

まとめ

ということで、今回もいろいろ楽しんでみました。

このお酒は、お料理の邪魔をするようなお酒ではないですが、あまり飲んだことのない酒米だったので、何かもっと特徴を感じられたらいいなぁと勝手に思いました。

今回は、純米吟醸でしたが、この酒未来を使った純米を飲んでみたい、そうしたら、もっと酒未来らしい特徴が感じられたのでは、と思わせたお酒でした。