女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

いちご大福など、いちごのデザートを手作りしてみました。

仕事柄、お客様に、お土産を戴くことも多く、その中でも一番多いのは、スイーツ(和洋ともに甘いもの)です。

なので、自分では殆ど買わない割に、食べる機会は結構あります。

先日は、美味しいいちご大福をいただき、幸せ気分でぱくっと食べてしまったのですが、そういえば、昔、自分でも作ったことがあるなぁと思って、レシピを引っ張り出してきました。

そして、作りましたよ~いちご大福

 

いちご大福の作り方

 

材料(8個分)

f:id:madameokami:20200510142040j:plain

材料

 

白玉粉 100g

砂糖  60g

いちご 8個

こしあん 160g

片栗粉 適量

 

作り方

1.いちごはへたをとって、こしあんで包み、丸める

f:id:madameokami:20200510144615j:plain

あんで包む

 こんな風にラップを使っても、やりやすいです。

 

f:id:madameokami:20200510144649j:plain

いちごとあんこ

 

2.ボウルに白玉粉を入れ、そこへ水150ccを少しずつ加えて混ぜる。

f:id:madameokami:20200510144733j:plain

水を入れる

 砂糖も加えて、混ぜる

f:id:madameokami:20200510144800j:plain

混ぜる

 

3.ボウルにラップをかけて、レンジで2分加熱する。

f:id:madameokami:20200510144842j:plain

加熱

こんな風に表面が少し固まっています。

なめらかになるように、よく混ぜる

f:id:madameokami:20200510145030j:plain

混ぜる

 

4.またラップをかけて、レンジで1分加熱、また混ぜる。

f:id:madameokami:20200510145136j:plain

加熱

f:id:madameokami:20200510145207j:plain

混ぜる

どんどんもちもちしてきます。

 

5.最後にもう1度、レンジで1分加熱する。

f:id:madameokami:20200510145303j:plain

加熱

 

6.やわらかくなったら、バットに片栗粉を敷いて、その上に5.を出す。

f:id:madameokami:20200510145355j:plain

バットに出す

 

7.8等分にして、1.のあんいちごを包み込む

f:id:madameokami:20200510145522j:plain

包む

 

いちご大福の出来上がり!

f:id:madameokami:20200510145601j:plain

いちご大福

柔らかいうちに、どうぞ召し上がれ。

 

簡単すぎたので、もう1品、もっと簡単なデザートをご紹介します。

 

おまけ<いちごのフローズンヨーグルトの作り方>

 

材料

f:id:madameokami:20200510150200j:plain

材料

 

プレーンヨーグルト 200cc

生クリーム 100cc

いちごジャム 50g

砂糖     15g

 

作り方

1.ボウルにプレーンヨーグルトといちごジャムを入れて混ぜる。

f:id:madameokami:20200510150501j:plain

混ぜる

 

2.生クリームに砂糖を混ぜ、八分立てにする。

f:id:madameokami:20200510150557j:plain

生クリーム八分立て

 

3.1.と2.を混ぜて、器に入れ、冷凍庫で冷やす。

f:id:madameokami:20200510150703j:plain

冷やす

 

4.途中、1時間くらいで出して、混ぜる

f:id:madameokami:20200510150745j:plain

1時間後

f:id:madameokami:20200510150807j:plain

混ぜる

 

5.また冷やして、1時間くらいたったら、また混ぜるを繰り返す。

f:id:madameokami:20200510150845j:plain

混ぜる

 

フローズンヨーグルトの出来上がり!

f:id:madameokami:20200510151009j:plain

フローズンヨーグルト

 

最後に

レシピというほどではないほど、簡単なデザート2品のご紹介でした。

いちご大福は、昔よく、栗の甘露煮で栗大福を作っていたときのレシピで作りました。

栗もとっても美味しいですし、杏も美味しいです。

フローズンヨーグルトは、本物の苺ではなく、いちごジャムを使っているので、お好みのジャムでいろいろな味が作れます。

ただ、ヨーグルトで酸味を感じサッパリするので、甘いジャムの方が相性は良いと思います。

いろいろお楽しみください。

そう、余談ですが、板長も私も苦手なもの(スイーツを含め)があるのですが、そういうものをお客様にお土産でいただくことも、しばしばあります。

困った~と思いつつも、少しは食べて、感想を送るのですが、先日は、その感想で、好きだと誤解され、その後もまたいただいてしまったことがありました。

こういうとき、どうしたら良いのでしょうか。

いつもは、日持ちのするものなら、実家行きなのですが、今はすぐに持っていけないこともあって、悩みます。

せっかく持ってきてくださっても、「私、苦手なんです。」と正直に言っても良いものでしょうか。