女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

久しぶりにイカスミパエリア作りました!簡単だけどとっても美味しいのでお薦め!

先日のお休みの日に、お家ごはんだったので、朝からゆったり食べたいなぁと思いました。

そんな時は、日頃、なかなかできないものを食べたくなります。

そこで、思いついたのがパエリア、前に、イカスミパエリアを作ったら、とっても美味しかったので、自分のブログを振り返り、作ってみることにしました。

久しぶりにイカスミパエリア作りました!簡単おいしいお薦めです!

前回作ったときのブログ

 

www.madameokami.net

また作ろう!なんて思っていたのに、なんと1年も前でした。びっくりです。

材料

今回は、ベーコン、真鯛、ムール貝、有頭海老を使用。お好きなお肉や魚介でいいです。

玉葱 1/4個

にんにく 1片

マッシュルーム 6個

パプリカ 1/2個

プチトマト 250g(前回はトマトソースで作っていますが、生のトマトがあったので、たっぷり使っています。)

オリーブ 6個

白ワイン 1/4C

水 2C

米(洗わない) 1合

イカスミペースト 4g

パエリアミックス 大さじ1 (サフランは高いので、パエリアミックスがお手頃でいいです。)

オリーブオイル

塩・胡椒(お好みで)

レモン

作り方

1.玉葱は粗みじん、にんにくは芯をとって、みじん切りにする。

 

2.パエリアパンにオリーブオイルを敷き、1.を炒めて香を出す

 

3.ベーコン、マッシュルーム、パプリカも食べやすい大きさに切って、炒める。

 

4.ムール貝は、ひげをとってよく洗っておく。海老は、足や剣先を切って、背ワタをとり、よく洗っておく。真鯛も食べやすい大きさに切っておく。

 

5.4.を3.に加えて炒め、白ワインをまわしかける。

強火にしてアルコールを飛ばし、海老に火が入り、ムール貝もふたがあいたら、別皿にとっておく。

 *前回、お魚も取り出したのですが、今回は、真鯛は、そのまま一緒に炊いて、お魚の味をしっかり出すことにしました。

 

6.半分に切ったプチトマトを加えて、さっと煮る。

 

7.イカスミペースト、水、パエリアミックスを入れ、オリーブもくずして入れる。

 

8.米は洗わずに加え、強火で5分、弱火で約15分炊く。

 このとき、ふたはしません。

 

 火の通りを均一にするように、時々混ぜながら炊くといいです。

 

9.別皿にとっておいた魚介をのせて、210℃のオーブンで約8分焼く。

 

レモンをのせて。

出来上がり!

 

前回もそうですが、今回も塩・胡椒はなしでも、イカスミの塩気があるので、そのままでも美味しく楽しめました。

レモンをきゅっと搾ると味がしまって、それだけで美味しくなります。

魚介のお出汁もいいですね。

作り置きのトマトソースがなかったので、生のトマト(今回はシシリアンルージュというトマト)を使いましたが、その甘酸っぱさもいい感じで美味しくなりました。

とっても美味しいパエリアができました。

おまけのひとり言

野菜を切り始めてから、焼きあがるまで今回1時間10分でした。

これならまたお休みの日に作れそう。また近いうちに作るためにも時間をメモっておくのって大事、と思いました。