女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

簡単!美味しい!蕪のそぼろ煮のアレンジ料理、作ってみました!

綺麗な蕪をみつけて買ってきました。

蕪、というと、シチューだったり、煮物だったり、お漬物だったり・・・冬なら蕪鍋なども好きですが、何を作ろうかなぁと考え、やっぱりシンプルに煮物にすることにしました。

蕪の煮物と言えば、そぼろ煮よね~と思ったのですが、鶏の挽き肉がない、豚でもいいけど、と思ったけど、それもない。

と考え、あるもので、アレンジして作ってみました。

簡単!美味しい!蕪のそぼろ煮のアレンジ料理、作ってみました!

材料

蕪 3個

シーチキン缶 1缶

生姜 1片

豆乳 1/2C

鶏ガラスープ 1C

薄口醤油 小さじ1

酒 小さじ1

みりん 小さじ1

片栗粉 小さじ1.5

胡麻油 適量

作り方

1.蕪は、皮を剥いて、四つ切りにする。生姜はみじん切りにする。

 

2.鍋に汁をきったシーチキン、生姜、豆乳、調味料を入れて、よく混ぜる。

 

3.そこへ、蕪を加えて、落とし蓋をして煮る

 

4.10~15分煮て、蕪が柔らかくなったら、2倍のお水で溶いた片栗粉を入れて、とろみをつける。

 

5.仕上げに、胡麻油をまわしかけ、香りづけする。

 

出来上がり!

蕪の葉っぱを甘辛く炒めたものを作っておいていたので、それを飾ってみました。

 

和風のお出汁煮るそぼろ煮の上品さはありませんが、それでも、あるもので作った割には、なかなかの美味しさとなりました。

シーチキンの脂があるので、和風だしでなく、鶏ガラスープにしたことで、コクが出て良かったと思います。

豆乳で煮たのも、冷蔵庫で余っていて困っていたので、使ってみたのですが、味わい深くなって良かったかな、と結果的に良かったです。

きっと、いろんなお料理も、ないからできない、で終わらずに、これなら、と思ってやってみたら、意外とそのほうが美味しくて、新しい料理が生まれた、なんていうのも多いのでしょうね。

これからも、簡単、美味しいでいろいろやってみます。