女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

神楽坂でなぜか町中華へ行ってきました!

今日は、仕事自体も忙しかったのですが、思いがけないハプニングもあり、ずっとブログを書けず、遅くなりました。

今日は、ちょっと前の話ですが、神楽坂で偶然入った町中華のことを書いておこうと思います。

神楽坂でなぜか町中華へ行ってきました!

先日、用事があって、ちょっと車で出かけました。お腹も減ったので、どこかでランチしようと思ったのですが、どこも予約はしていなくて、歩いて探すことになりました。

ちょうど神楽坂の近くだったので、久しぶりに神楽坂で!とワクワクしてお店を探しました。

もうお腹が減ってすぐにでも食べたかったので、美味しいお店ならどこでも良かったのですが、私のイメージとしてはフレンチ?!という感じで、可愛いお店など見ていました。

ですが、一緒に行った主人は、フレンチの気分ではなかったようで、OKが出ず、気軽な中華になりました。

紅龍さん

大通り沿いではなく、ちょっと入ったところにあります。

メイン通りではなく、脇の道にもお店いっぱいありますね。気になるところいっぱいありました。

ランチメニュー

ランチメニューには、サラダがついています。

サラダ

自分で取りに行ってドレッシングをかけるのですが、サラダ、と言ってもキャベツだけでした。

そしてドレッシングは2種類。和風とフレンチかな。

海老炒飯

たっぷりでとっても安い。このお値段なのに、海老がたっぷり入っていて、ちゃんとぷりぷりしていて充実でした。

チャーシュー麺

麺には、ライスがついていたのですが、それが炒飯になっていてお得!

それなら、私も麺にして両方食べたかった!と思ったのですが、私の炒飯があったから一緒に作ったのでは?という疑念もわき、真相はわかりません。

シンプルなスープでなかなか美味しかったです。

とりわけしてもらって、私もいただきました。

お腹いっぱいです。

おまけのひとり言

私の町中華のイメージは、ビールを飲んでおつまみを、だったのですが、今回のこちらのお店は、お昼は、ランチメニューで、ランチメニューは定食のようなものばかり。

なので、イメージの町中華とは違いましたが、久しぶりにお店の炒飯やシンプルなラーメンを食べられて良かったです。

しかもとっても安くてびっくり。

神楽坂のイメージとは違いましたが、入ってみて良かったです。

でも、次回は、フレンチ行きたいな