女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

卓上でかき揚げを揚げたら、とまらない美味しさでした!

美味しそうなかき揚げの作り方を本で見て、ずっと食べたいなぁと思っていました。

揚げ物は揚げたてが一番なので、オイルフォンデユのように、卓上に天ぷら鍋を持ってきて、かき揚げを揚げながら食べたいと考えました。

そうしたら、予想以上に美味しくて、止まらなくてほんと危険でした。

 

卓上でかき揚げを揚げたら、とまらない美味しさでした!

材料

今回は、こんな感じのものを用意してみました。

海老・帆立・新玉葱・人参・椎茸・舞茸・ブロッコリー・おくら・セロリ

でもお好きなものなんでもいいと思います。

天ぷらって結構、なんでも美味しいですもんね。

野菜は細く切ります。

天ぷら衣

卵 1個

水 1/2C強

小麦粉 11/2C

ベーキングパウダー 小さじ11/2

小麦粉 適量

 

1.ボウルに卵を割りほぐし、分量の水を加えて混ぜます。別のボウルに小麦粉とベーキングパウダーを入れて、そこへ卵液を加えてさっくり混ぜます。

 

2.別のボウルに材料を入れて、小麦粉を薄くまぶしてから、1の衣を少し加えて混ぜます。材料40gに対して大さじ1くらいの衣です。

 

揚げていきます

油を170℃に熱して、スプーンやへらの上に2を平たくのせて、すべらせるように入れます。少しかたまってきたらひっくり返して、カリッとなるまでじっくり揚げます。

 

こんな風に揚げています。

良い匂いもたまりませんし、音もいいですね。

揚げたて

ちょっと写真が地味ですが、1つ揚げては食べ、1つ揚げては食べなので、まとまった写真にならないのです。

主にお塩でいただきましたが、我が家でめんつゆがわりに使う甘いたれも美味しかったですし、おろしポン酢なんかも良さそうですね。

感想

海老や帆立などは勿論、野菜だけでも、この軽い衣が美味しいので、どんどん食べられます。

カリッとなるのも美味しいし、ほっくりするのも美味しい。魚介や鶏ささみも美味しそうです。

そう、ブロッコリーも揚げると美味しいですよね。天ぷらもフライもお薦めです。


おまけのひとり言

このかき揚げがとっても美味しかったので、また近いうちに食べたいなぁと思っていましたが、実は、今朝、ど~んと太っていてびっくりでした。

毎日、気を付けていたつもりが、先日の神保町散歩で気を許してしまい、というか、行きなれないところに行くと、せっかくだからっていう理由でついつい日頃食べないものとか、お腹いっぱいでも食べてしまったりして。そりゃあ太りますよね。日頃飲まないビールやジュースまで飲んでましたし。

こうやって思い返すとびっくりすることではないですね。