女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

あるもので、超簡単に、美味しい焼き豚が作れます!そのあるものとは・・・

これは、私の料理ではなく、主人(板長)の料理です。

我が家ではいつも使わずに捨てている(ごめんなさい)ものがあって、今回も「捨てていいよね?」と主人に確認したところ、「待って。置いておいて。使うから。」というので何に使うのかと思っていたら、こんな美味しい焼き豚ができました。

さて、何を使ったのでしょうか。驚きです。

あるもので、超簡単に、美味しい焼き豚が作れます!

あるものとは。

そう、焼きそばソースです。

3食分くらいの袋入り焼きそばを買うと、中に入っている粉末の焼きそばソースです。

我が家では、焼きそばというと、あんかけ焼きそばにすることが多く、普通に炒めるときも、自分で味付けすることが多いので、この粉末ソースは、殆ど使いません。

ですが、今回、主人が、その粉末ソースを使って、焼き豚を作るとか。

作り方

1.豚肩ロース500gにつき、粉末ソース2袋分を、全体にまぶし、すりこみ、冷蔵庫で1日、寝かせます。

 

 1日たつと、こんな感じになっていました。

いい色ですね。

 

2.お肉のまわりの余分な水分をペーパータオルでふきとり、フライパンに油をしいて、まわりをこんがり焼きつけます。

 

3.200℃に余熱したオーブンに入れて、15分焼いた後、ホイルで包みこみ、中まで火を通します。

 

4.30分くらい休ませたら、薄くスライスします。(厚さはお好みですが)

 

白髪葱などと一緒に盛り付けて。

出来上がり!

綺麗な焼き豚が出来上がりました。

 

食べてみました!

そう、知ってる味です。

ソース焼きそばの味

でも美味しいです。

お肉の柔らかさ加減が勿論、美味しいのですが、こういうソースってスパイシーですよね。それがお肉によく合う。

そして、きっと、この粉末だけで、焼きそばの味になるように、いろんなスパイスやら調味料が入っているはずなので、これだけで、ほかになにも入れなくても味が決まるんですね。

実は、ちょっと、どんななの~?なんて思っていたのですが、本格的な味わいにびっくり!

来客のときの一品に出してもいいかもしれませんね。

ど~んと出てきたら、凄い!焼きたて!ってなりますが、実は、そんなに手間がかかってないっていうの、仕込んでおいて、焼くだけは便利ですよね。

それで、「美味しいね」って言われたら、実はね、これ、なんていうのも面白いかもしれません。

今回の主人のひらめきに感謝です。楽しい体験をさせてもらい、美味しいものも食べられたので。