女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

2度目のチャレンジをしている糖質オフダイエットについて

糖質オフダイエットについては、去年、実践したので、ブログで書きました。

ダイエット法というと、世の中には本当にいっぱいあって、どの方法も賛否両論あると思いますが、私は過去、いくつか試した中で、しっかりきいた、という手応えを感じたのがこのダイエットだったので、自分では納得しているやり方です。

f:id:madameokami:20220206121257j:plain

 

 

2度目のチャレンジをしている糖質オフダイエットについて

糖質オフダイエット

まずは、摂取する糖質を減らして、脂肪を燃やしやすくする身体作りをするというものです。

そのためには、最低2週間必要で、その間は、糖質の高い食品、調味料は避け、炭水化物も抜きます

勿論、私も一応、管理栄養士ですので、偏った食事はいけない、バランスをとった食事が一番良いと思っています。

なので、極端に食事量を減らしたり、同じものばかり食べたり、というダイエットはできません。このダイエットの気に入っているところは、食材を選べばしっかり食べていい、ということ、そして普段の生活でもそうですが、蛋白質はしっかり摂ることが大切です。

 

www.madameokami.net

 

www.madameokami.net

 

体重の増減

去年の3月に、ふとしたきっかけで、このダイエットを2週間しました

一応、目標は、3kg減、だったのですが、ダイエット終了の2週間後には、2kg減、という結果でした。

ただ、その後、少しずつ炭水化物は摂って良いのですが、身体の中?体質?が変わったということなのか、その後2週間(ダイエット初日から1か月後)で目標の3kg減を達成しました。

そのまた2週間後には、3.5kg減となり、体質が変わったことを実感しました。

夏場はそれ以上、痩せたときもあったのですが、妹から「これ以上はやめたほうがいい」と言われ、3kg減前後をキープするようにして、11月まではリバウンドもせず、3kg減前後でした。

ただ、12月、食べる機会が増え、2~3kg減、となったうえ、年明けは食べて、食べて、が続き、ダイエットスタート時の1kg減、というとことまでいってしまいました。

さすがに、これはまずい!というか、自分でもお腹とお尻まわりが重いなぁ、すっきりしないなぁと思ってきたんです。

ちょうど11月末から、かかりつけ医で出して戴いて飲み始めた薬の副作用に便秘というのがあり、それも重なって、どんどん大変なことになってきました。

身体が重くてすっきりしないと気分も滅入りますよね。

1月は、パン好きの理由で、パンをやまほど食べるようなことが続き、糖質が高いものもたくさん食べ、今、思うと、そりゃあ太るよね、という生活だったので、ちょっと調整して、というくらいではあまり痩せなくなってしまいました。

そこで、もう次はやりたくないなぁ(作るのが面倒なので)と思っていた糖質オフダイエットに今年もチャレンジすることになってしまったというわけです。

スタート

去年のダイエット初日よりは、1kg以上軽いので、今回の目標は1.5kg減にしました。

2週間たたずにクリアしたら、そこまででいいことにしました(自分に甘い)。

そして、ガッチガチの糖質オフではなく、身体に良い野菜やフルーツであれば少しは摂取して良いこととし、炭水化物抜きだけは守ることにしました。そう、自分に甘い勝手なルールです。

これでどこまで効果が現れるか?というとこですね。

ただ、つらくなければ無理なく続けられるし、目標が前回より少ないからそれでも成功するのでは、という安易な考え?です。

ダイエットスタートから1週間

ちょうど1週間たちました。大好きなパンも食べていません。(あっ、一口食べた、カフェで。)

体重は、0.9kg減、あと目標まで0.6kgです。

ただ、お腹まわりは少しスッキリしてきた気がします。

やっぱり食べたいものまかせに食べているのと、何を食べようかじっくり食材のことを考えて食べるのとは違うということでしょうか。

身体が重いなぁというのもそれほど感じなくなりました。

今はとっても寒いので、ウォーキングも辛いのですが、身体が重いときよりは動けるはずなので、今週も頑張りたいと思います。(宣言しておいた方が頑張れそうですよね。)