女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

いつものミートローフ、もっと簡単に作れた!これが一番!【レシピ付】

ミートローフは、耐熱皿に入れて、オーブンで焼くので、焼いている間に他の用意ができることもあり、ハンバーグよりよく作ります。

でも、ちょっと手間だと思っていたのが、「野菜を茹でてから炒める」という点。

そこで、前回は、「茹でないでグリルする」という方法でやってみました。

 

www.madameokami.net

 

これは、これで香ばしさも味わえて、とっても美味しかったのですが、今回、もっと簡単な方法を思いつきました!

f:id:madameokami:20200909153000j:plain

ミートローフ

 

これが一番簡単!ミートローフの作り方

材料

f:id:madameokami:20200909153242j:plain

材料

合挽肉 700g

玉葱 1/4個

きのこ・ピーマン・パプリカ・人参・ズッキーニなど 250g

卵 1個

塩・胡椒・ナツメグ

バター

ローリエの葉

お好きなハーブ

 

作り方

1.玉葱はみじん切り、材料はコロコロに切る。人参など固いものは細かめに、柔らかいものは、1cm角くらいでいいです。

f:id:madameokami:20200909153731j:plain

刻む

 

2.フライパンにバターを溶かし、玉葱を炒める。

f:id:madameokami:20200909153227j:plain

玉葱

 

3.そこへ人参など固いものを先に入れて炒める。

f:id:madameokami:20200909153915j:plain

人参

 

4.他の野菜も加えて炒める。軽く塩・胡椒して、冷ましておく。

f:id:madameokami:20200909153941j:plain

炒める

 

5.挽肉に塩・胡椒、ナツメグを加え、よくもみ、4.の野菜と溶き卵を加えて、よく練る。なめらかになったら、耐熱皿に入れる。

f:id:madameokami:20200909154323j:plain

耐熱皿

 

6.上にお好きなハーブとローリエの葉っぱをのせて、200℃のオーブンで約25分、230℃に上げて、約5分焼く。

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20200909154422j:plain

出来上がり!

 

おまけのひとり言

そう、とっても簡単ですよね。

切って、炒めて、混ぜて、あとはオーブンにおまかせ!です。

ふと気づいたのですが、ピーマン、パプリカ、ズッキーニは、柔らかいので、炒めるだけで大丈夫。

今まで、人参や蓮根などの固い野菜に気を遣って(?)茹でてから炒めていたのですが、そういう野菜だけは、細かく切っておけば、どれも炒めるだけで良いのでは?

やってみたら、勿論、そうでした。

最後にオーブンで焼くので、ちゃんと柔らかいですし、別にあく抜きをするような野菜でもないですしね。

ちゃんと普通に美味しく食べられて、何の問題もありませんでした。

こうして考えてみると、今まで当たり前にやってきた作業の1つ1つが、実はあまり意味がないというか省いても平気なんてことがあるのかも。

これからは、ちょっとずつ考えながら、やってみて、また簡単なメニューを増やしていきたいです。

 

そんな簡単で美味しいレシピをまとめたものがあります。

もしよかったら、見てみてくださいね。