女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

絶対!美味しい!究極のオムライス作ってみました!大成功です!

オムライスってなんだか惹かれる料理です。

家庭によっても違うし、お店によっても違うけれど、見ていると、どれも美味しそうって思ってしまいます。

卵で包み込むオムライスも美味しいし、ふわっとした卵がのっていたり、オムレツを割って食べるのも美味しい。

オムライスがあるようなお店に行く機会はあまりないのですが、そんな洋食屋さんに行くと、ついついオーダーしてしまいます。でも、残念なことに、「このオムライス、最高!」と思うことがあまりなくて、それならいっそ作ってみようと思い立ち、やってみました。

我が家の究極のオムライス、作ってみました!大成功です!

究極、といっても難しくはありません。ただ、思った通り、思った以上に美味しくできて大成功だったので、自分的に、「究極の」とつけさせて戴きます。

デミグラスソース

今回、デミグラスソースは市販のものをベースに、アレンジして使ってみました。

 

www.heinz.jp

 

材料

ハインツのデミグラスソース缶を使ったので、そちらのページに載っているソースを参考に作ってみました。

デミグラスソース缶 1/2缶

トマトケチャップ 大さじ4 (我が家のケチャップはデルモンテでした。)

水 1/2C(100cc)

ジャム(我が家は、ブルーベリージャムがなかったので、板長手作りの梅ジャムを使用) 大さじ1

醤油 小さじ1

作り方

1.鍋に、デミグラスソース、ケチャップ、水を入れて、約2分煮ます

 

.そこへジャムと醤油を加えて、混ぜるだけ。

 

チキンライス

材料

鶏もも肉・玉葱・米・顆粒コンソメ・トマトケチャップ・トマトピューレ 

塩・胡椒

バター

作り方

1.玉葱は粗みじん、鶏もも肉は、細かめに切っておく。

 

2.鍋にバターを溶かし、1.を炒め、軽く塩・胡椒する。

 バターは焦げやすいので注意です(はい、焦げてます。でも美味しかったので失敗ではないです。念のため)。

 

3.そこへ、お米を入れて、さらに炒める

 

4.トマトケチャップと分量のお水を入れ、コンソメを溶かして、味が足りなければ、塩・胡椒で味を調える。トマトのコクを出したければ、トマトピューレも大さじ1くらい(2人分)入れるといいです。

 ただ、上にソースもかけるので、あまり濃い味にしないほうがいいです。

 

5.我が家の土鍋は、沸騰してから、弱火にして13分で炊けます

 

炊けました。

 

お皿に丸く盛り付けます。

 

オムレツ

材料

卵 3個(1人分)

牛乳 大さじ2

塩・胡椒

サラダ油

バター

作り方

1.卵は割りほぐし、牛乳、塩・胡椒を加えて、よく混ぜる。

 

2.フライパンに油を入れて熱してから、バターを加える。

 

3.そこへ、卵液を流し込み、火の通りの良い鍋肌から中央に寄せながら、軽く火を通す。

 

4.こんな感じで半熟くらいになったら、OKです。

 

5.お皿に盛ったチキンライスの上に、4.の卵をのせる。(ひっくり返さず、このままです。)

 

ドミグラスソースをかけて。

出来上がり!

こんな風にも。

 

食べてみました!

卵がふわふわで、半熟の柔らかさもあって、とっても美味しいオムライスができました。

つい卵をひっくり返したくなりますが、ひっくり返さず、このままの面をすべらせてのせたほうが美味しいです。

そして、卵の火をとめたときは、まだちょっとゆる過ぎるかな、と思いましたが、のっけてみると、少し余熱でかたまってくるので、ちょうど良かったです。

本当に美味しくて、大満足の出来上がりとなりました。

おまけのひとり言

ふと思いついて、作ったこのオムライスですが、大成功だったので、ほんと作ってよかったです。

私がいつも作るオムライスは、ご飯を巻き込む形のもので、でも、今回は、ふわとろのオムライスが食べたかったので、ふわふわのオムレツを、主人(板長)にお願いしました。

私はチキンライスとソースの担当です。

 

またすぐにでも食べたいくらい、作りたいくらいの我が家の究極オムライスでした。

調子にのって、2人で「これなら売れるよね!」なんて言いながら美味しくいただきました。

私もこんな卵が焼けたらよいのですが、できないことはお願いしてしまったほうが確実ですね。美味しいもの食べたいですから。