女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

パン宅配便「パンスク」で届いた福岡のTHE ROOTSさんのパン食べてみました!

確か、6回コースだと思うのですが、パンの宅配便「パンスク」でのパンも今回、5回目、いよいよ大詰めって感じです。

今回は、福岡のパン屋さんから届きました。

パン宅配便「パンスク」で届いたTHE ROOTSさんのパン食べてみました!

THE ROOTSさん

theroots.jp

 

以前にも福岡のパン屋さんのパンは届きましたが、今回、また違う福岡市のパン屋さん。

ホームページを見てみると、やっぱり美味しそうなパンがいろいろ。

そして、「パンとお酒と日常」だなんて書いてあります。

どうりで、ワインと食べたくなるパンが多いと思いました。

開けてみました!

可愛いサイズのもあって、いろいろたくさん入っています。

パン屋さんからのカード

「お客さまの好みや合わせたいお酒を聞きながら、パンをおすすめすることも。」なんて書いてあります。是非、行ってみて、お薦めして戴きたいです。

食べてみました!

もっちりパンドミ

こちら3枚入りでした。

まずは、シンプルなこちらから味わってみました。

トーストしていただいたのですが、パンを焼いているらしい良い匂いで、楽しみがふくらみました。

耳はカリッとサクサク、コシがあって、もっちり美味しいパンでした。

 

コンプレ80

全粒粉を80%も使用しているとのことですが、生地がつまっていて、しっとりやわらか、蒸しパンみたいな感じがしました。

生地がほんのり甘くて美味しかったです。

 

サワードウブレッド

サワー種らしい香がしました。酸味は思ったほどでなく、もっちり感が美味しかったです。

ハムやチーズにぴったりでした。勿論、ワインにも

そして、手作りの梨ジャムがあったのですが、それとも美味しかったです。

バケット

皮は薄くてカリッと、軽い味わいでした。

朝ごはんにも食べやすい美味しさでした。

 

ミニチャパタ(ごま)

可愛いサイズのチャパタです。そして、小さめの胡麻はかなりたっぷりです。

チーズと食べても美味しそうでした。

 

ミニチャパタ(プレーン)

塩とオリーブオイルを感じるパンで、生地がとっても美味しかったです。

どんどん食べてしまう美味しさで、また食べたいパンでした。

 

アリコルージュ

大納言小豆がたっぷり入っています。

この甘さがおやつにも良さそうでした。

私の温め方が悪かったのか、ちょっと噛みにくい、噛み切れにくい生地になってしまいました。

 

ビーノ

枝豆とチーズが入っているのですが、塩気がいい感じで、おつまみにもなりそうなパンでした。

こちらもアリコルージュと同じく、ちょっとかみくくなってしまったので、薄く切って、カリカリに焼いて、おつまみにしてもいいかなと思いました。

 

スコーン(レモンと紅茶)

サクッとして、ほろっと崩れる感じで、とっても美味しいスコーンでした。

普通のスコーンより軽い感じです。

レモンピールの爽やかな感じと紅茶の茶葉で、レモンティのイメージ。

レモンがきいていて美味しいです。ほんのり甘いのは、水あめの甘さでしょうか。

外側のさっくりも美味しいし、ホワイトチョコもいい感じでした。

 

パンドロデヴ(コーヒー)

外側と中の生地が違うように感じるパンでした。

中はもっちり、外はカリッとしていました。

コーヒーというより麦芽のような複雑な苦味がありました。

チョコも入っているとのことですが、甘みより、酸味や苦味を感じます。

(一緒に食べた主人は、チョコの味を一番感じる、と言っていて、ちょっと意見が割れてしまいました。)

ヘーゼルナッツがごろっとたっぷり入っていて、贅沢なパンでした。

 

まとめ

それぞれパンの袋の裏に、QRコードがあって、温め方が書いてあるのですが、今回のパン屋さんは、どれも普通にトーストする感じの温め方でした。

今回、ちょっと温め方が悪かったのか、アツアツのはずが少し冷めてしまったからか、噛み切るのが難しくなってしまったパンがあって、本当のパンはどんななんだろうと思いました。きっともっと美味しいはず。

冷凍技術はすごいけど、やっぱりパン屋さんで焼きたてのものを買って、すぐ食べたいなぁと改めて思ってしまいました。

今回のパン屋さんのパンは、どれも美味しく、生地が好きでした。

中でもシンプルなチャパタプレーンや、バケットが好きで、あとはスコーンが日頃食べないのですが、また食べてみたい美味しさでした。

ごちそうさまでした。