女将の食卓

和食屋(ただいま休業中)の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

※ 当ブログにはプロモーションが含まれています

奥渋の魚を楽しむビストロ”PEZ”さんは、いろんな意味でお上品なお店でした。

ワイン好きのお友達と定期的にお会いしているのですが、今回、向かったのは、奥渋にあるビストロ”PEZ”さん。

こちらのお店、そのお友達が、お友達にお薦めされたと聞いていて、二人で前から行きたかったお店です。

ただ、渋谷駅からちょっと歩くので、あったかくなったら行こうね、と言っていて、今回、お天気も良さそうでしたので、行ってみることにしました。

 

奥渋の魚を楽しむビストロ”PEZ”さんは、いろんな意味でお上品なお店でした!

PEZさん

tabelog.com

 

地図

宇田川町にあって、渋谷駅からだと徒歩で10分くらい。

ただ、私、このエリアの土地がほんと苦手なようで、前に行ったこの近所のお店は、2度目も迷いましたし、今回はバッチリ!なんて思っていたのに、お店の前を平気で通りすぎて、うろうろ迷子になってしまいました。

半地下ですが、ガラス張りで見えます。ただ、看板というか、ガラスに名前が書いてある感じなので、注意してみつけてくださいね。

くれぐれも私のように通りすぎないように。

店内

店内は、4人掛けのようなテーブルがいくつかとカウンター席になっています。

私達は、カウンター席でした。

ハイスツールなので、ちょっと緊張。

店員さんは、皆さん若い男性、私のような年代が行く雰囲気とは違うのでしょうか。

ごめんなさい、とつい言いたくなる感じ。

勿論、皆さん、にこやかに接客してくださいましたが。

メニュー

メニューが黒板に書いてあって、こちらから選びます。

2人だと、メインを含む4品くらいがお薦め、とのことでした。

食べたもの&飲んだもの

スパークリングワイン

お飲み物のメニューは、ない、とのことで、はじめにスパークリングワインを、と言ったら、こちらが出てきました。

こちらは、ナチュールワインのお店だそうで、スパークリングワインも優しめです。

アミューズ

鮪とかんぱちの生ハムだそうです。

珍しいですね。

白ワイン

次に、白ワインを、と言ったら、3本お薦めを持ってきてくださって、いろいろ説明してくださったのですが、「それで、お値段は?」と聞いたら、どれも¥10000以上!

予算¥8000以下のお店で、普通に出されるワインが¥10000以上とは思っていませんでした。

美味しそうなワインもあったのですが、赤ワインも飲みたかったので、「もうちょっとお手軽なのでお願いします」と言って、出てきたのが、こちらのドイツワインです。

実際、このワインがいくらだったのかもよくわかりませんが、優しい味わいで軽い味わいで、「アルコール度数も低いので、くいっくいいってしまいますよ」と言われた割には、私がこういう味に慣れないのか、私達にしてはゆっくりペースでした。

とうもろこしのムース、雲丹とココナッツのクリーム

こちらが、今日のお薦めということで、こちらは、1人1皿ずつ、オーダーしてください、とのことでした。

最初からスイーツのような可愛さ

とうもろこしの甘みを感じ、添えてある鶏のスープのゼリーと一緒に食べると美味しかったです。

帆立と桃のタルタル ライチのビネグレット

ちょっと店内が暗くて、材料が白っぽいので、食べて初めて、「あっ、今の桃だった!」とは「帆立、帆立」とか言って食べていました。

そして、気になるライチのビネグレット、残念ながらあまりわかりませんでした。

穴子のパイ包み ごぼうとモッツアレラと南瓜のピューレ

これは、2人でシェアしたので、切って盛り付けしてきてくださいました。

中はこんな感じ。

穴子、穴子~と思ったのですが、ごぼうの主張がすごくて、負けてしまっていた気がしました。

穴子が優しいお味だったからでしょうか。

甘鯛のうろこ揚げ 水茄子と新生姜のコンデュモン

こちらもお薦めだったので、オーダーしてみました。

ふわっと柔らかい甘鯛とカリッとした皮目が美味しかったです。

はじめに、お料理をオーダーした時に、「赤ワインも最後、飲みたかったのに、メインが甘鯛だと、白ワインですよね」と言っていたら、「甘鯛に合う赤ワインもありますよ」と聞いていたので、お友達と2人で楽しみにしていました。

そして、このお料理の前に、ボトルワインが終わってしまったので、お願いしたのですが、出てきたのは、こちら。

ん~どう見ても、白ワインですね。

 

その後、やはり諦めきれず、2人で、赤ワインを飲みに、2次会に行ってしまたtのでした。

今回、お会計は、2人で¥25000ほど。ワインのお値段がボトルもグラスもわからないのですが、ネット情報とは違ったなぁという感じ。

予想では、ネットの予算をいつも超えるので合っていましたが、お料理の量もお上品だったので、まだまだ食べられる感じでした。

そう、パンも出なかったので、よけいでしょうか。

ちなみに、2次会でパンも食べました。

いろんな意味で、私達にはお上品なお店でした。