女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

里芋料理、2品作って、あったまってみました!

じゃが芋や長芋はいろいろ料理するので、よく買いますが、里芋ってあまり買う機会がありません。

嫌いではないけれど、なんだか面倒な気がして、皮を剥くとかゆくなるような気もして、遠のいていました。

でも、レンジで簡単に加熱、というレシピ、しかもとっても美味しそうなレシピをみつけて、今、美味しい季節なので買って作ってみました。

これからは、寒くなるので、こんなあったかいお料理もいいですね。

里芋料理、2品作って、あったまってみました!

里芋の唐揚げみたらしあん

手順

1.里芋は、洗って泥を落としてから、耐熱皿にのせ、ラップをふんわりかけたら、レンジで、約5分加熱します。

 粗熱をとってから、皮をむきます。

 

2.小鍋に、みりん75ccを入れて火にかけ、煮詰めてから、醤油大さじ1を加えて、ひと煮立ちさせたら、水溶き片栗粉でとろみをつけて、最後、生姜汁を加えます。

 

3.里芋は、揚げ油の中に入れて、中まで火が通るよう、揚げます。

 

4.揚がった里芋をお皿に並べ、上から2.のあんをかけて、柚子の皮を散らします。

出来上がり!

とっても美味しい唐揚げとなりました。

あんは、たっぷりなのですが、美味しいので、たっぷりからませていただきました。

柚子の香がいいアクセントになっています。

里芋と鶏肉の揚げ出し

手順

1.上と同じく、里芋は、レンジで加熱して皮を剥いてから、半分の大きさに切ります。

 

2.鶏肉(今回は、ささみを使用しています。)を食べやすい大きさに切って、塩少々で下味をつけておきます。

 

3.里芋のまわりに片栗粉を薄くまぶして、揚げ油で揚げて、油を切ります。

 

 

4.鶏肉も薄く片栗粉をまぶして、揚げて、油を切ります。

 

5.鍋に、お出汁1C、酒・みりん・醤油各大さじ2、砂糖小さじ1を入れて沸かします。

 

6.揚がった里芋と鶏肉を5.の中に入れて、さっと煮ます

器に盛ったら。

出来上がり!

こんな感じで美味しい揚げ出しが出来上がりました。

お椀に一人分ずつよそってみました。

これまたお出汁たっぷりなのですが、美味しいので、どんどん飲めてしまいます。

これから寒くなってくるとこういうお料理、特に美味しいですよね。

ホッとします。

鶏肉にまぶした片栗粉(葛ではないですが)が、とろんとしてまた美味しいです。

今回、ささみの筋を敢えてとらなかったのですが、揚げてみたら、全然気になりませんでした。筋をとるのってちょっと難しかったりする(私が不器用なだけかもしれませんが)ので、それを省けたらほんと楽ですね。

そして、里芋は、2品ともレンジで加熱したので、とっても手軽に調理できてまたやってみようという気になりました。

次は何にしましょうか。