女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

初めて汁なし担々麺、作ってみました!なかなかのお気に入りです!

もともとすごく辛いもの、というのは苦手で、でも自分で中華を作ったり、我が家で辣油を作ったりするうちに少しずつ、辛いものも大丈夫になり、今では我が家のカレーや中華もなかなか辛いです。

ですが、担々麺は、未だにハードルが高く、外で食べたことがありません

主人は、好きなので、主人が食べているのをお味見させてもらったことはありますが、自分用にオーダーして食べたことはないのです。

ですが、自分で作るなら辛さも調整できるし、しかも汁なし担々麺は胡麻味がとっても美味しそう

ということで、今回、初挑戦で作ってみました!

初めて汁なし担々麺作ってみました!なかなかお気に入りです!

肉味噌作り

まずは、肉味噌作りです。

何しろ、外で本物を食べたことがないので、何が本物かわかりませんが、今回のレシピは、野沢菜のお漬物も刻んで入れる、というものでした。

野沢菜のお漬物自体、買ったことがなく、初めて買ってきました。

分量は、お肉と同量、それを刻んで入れます。

葱、生姜、にんにくのみじん切りを炒めて、豆板醤も加えて炒めて、そして、野沢菜を加えて炒めます

味付けは、酒、醤油、砂糖です。仕上がりに胡麻油で香りづけです。

葱油があったら、それも美味しそうですが、今回はないので、胡麻油で。

 

たれ・スープ作り

本当は、練りごまなどを入れたたれを、お皿に敷いた後に、アツアツのスープを入れて、溶かすというレシピでしたが、そのたれに葱のみじん切りが入っていて、主人は、生の葱があまり得意でないので、そのたれも今回は、火にかけて温めてみました

たれは、葱とにんにくのみじん切り、辣油、練りごま、醤油です。

そこへ、スープ(昆布と鶏ガラスープ)を入れて、さっと温めて使いました。

お皿にこのたれとスープをしいて、麺を茹でてのせ、肉味噌をのせて

 

出来上がり!

胡麻と葱もさらに飾ってみました。

食べてみました!

練りごまの香がとってもよくて美味しい!

辛さは、我が家の自家製辣油が辛いからか、私にはちょっと辛かったですが、それでも旨みのある香高い辛さなので、とっても美味しくてどんどん進みました。

辛みは足りなければ、後から足すこともできるので、次回は、もうちょっとだけ辣油を控えておいて、後から調整しつつ、もっとたっぷり食べたいと思いました。

初めて作ったけど、なかなかお気に入りになったこの汁なし担々麺、肉味噌は多めに作って冷凍したので、あと1回、楽しめそうです。

近いうちにまたやってみます。