女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

「小泉料理店」さん(恵比寿)に行ってきました!

昨日はお休みだったので、久しぶりに恵比寿の「小泉料理店」さんに行ってきました。

実は、こちらの小泉さん、私達が広尾にいたころに、少しの間、ご近所さんだったこともあり、独立されると聞いて、OPENされてから何度か伺っているのです。

 

 

「小泉料理店」さんに行ってきました!

 

場所

日比谷線の恵比寿駅出口からだとすぐで、恵比寿公園の向かいあたりです。

小泉料理店

koizumir.gorp.jp

 

f:id:madameokami:20200310225438j:plain

小泉料理店

こんな風に、シックなお店構え。

大きな看板などもないのですが、ワインがいっぱい並んでいて、フランスの小道にありそうなお店ですよね。ワクワクします。

店内は、小泉さん自身が手作りしたということなんですが、シンプルなデザインがとっても良い雰囲気です。

 

長いカウンターと、2名様用のテーブルが3つあります。

昨日は、満席で、カウンターには、カップルばかり、テーブルは女性同士のようでした。

昨日の客層は20代~30代が多いようでした。私達最年長??

ちなみに、昨日は、昔からの親友Mさんと行ってきました。

 

まずは、

スパークリングワインで乾杯

f:id:madameokami:20200310200940j:plain

スパークリングワイン

こちらのスパークリングワインは、新潟県胎内市の胎内高原ワイナリーさんのものだそうです。

泡は強くなく、少し濁っているような感じでした。

国産ワインっぽい味(すみません。言葉足りず・・・)

 

Mさんは、ビールから。

ビールは瓶ビールで、サッポロラガーと、ヒューガルデン、フランス産のビールでした。

Mさんは、サッポロさん贔屓なので、サッポロラガー。

まず、出てきたのは、フランス産のそら豆

f:id:madameokami:20200310201529j:plain

そら豆

可愛いのです。グリーンピースより、ちょっと大きいくらい。

この薄皮のまま食べられるということで、手で食べてみましたが、確かに薄皮も柔らかくて、美味しいです。

塩加減が絶妙で、どんどん手でつまんで食べてしまう、枝豆よりおしゃれで美味しいなぁと思いました。

 

お料理

 

コースは3種類

おまかせ(前菜盛合せ+お肉のお皿)3800円

おまかせコース(前菜盛合せ+季節のお皿+お魚のお皿+お肉のお皿) 6500円

季節のコース(10皿くらい+食後のお飲み物) 7800円 税抜きです。

 

私達は、食べるより飲みたいタイプなので(最近、フルコースの量が食べられないようになってしまいました)、一番軽めのおまかせをオーダー。

そして、ワインは、白ワインをグラスで。

f:id:madameokami:20200310203239j:plain

グラスワインは、3種類から選べたので、私はスペインのベルデホにしました。(ベルデホ好きです)

 

そして、お料理が出てきました。

前菜盛合せ

f:id:madameokami:20200310201925j:plain

前菜盛合せ

こんな風に、いろいろのっています。

そう、小泉さんはフランスにいらしたこともありますし、独立される前も恵比寿の有名なフレンチのシェフだったので、もともとはフランス料理だと思うのですが、このお店では、フレンチだけでなく、美味しいものをいろいろ出してくださって、それは和や中華のテイストのものも多くあります。

 

このお皿にも、和食っぽいものがいろいろのっています。

お箸とフォークが用意されていたので、お箸でいただくことにしました。

蓮根はきんぴらのようですが、ヴァルサミコ味。これ真似したいです。

 

そして、真ん中は鶏レバー

実は、私、レバー苦手だったのですが、最近、美味しい焼き鳥屋さんで食べてから、食べられるようになりました。(この美味しい焼き鳥屋さんも今度、ご紹介します)

この鶏レバーもとっても美味しくて、赤ワインと一緒にいただきたかったので、残しておいて、あとの赤ワインと楽しみました。

 

前菜盛合せの1品、焼売は、アツアツで登場

こちらもご自慢の一品だと思われます。

f:id:madameokami:20200310205756j:plain

焼売

そして、赤ワインをボトルで戴きました。

重め、しっかりめを希望したところ、小泉さんご本人が3本選んできてくださったので、あとはラベルで決めてしまいました。

 

さぁメイン。

f:id:madameokami:20200310212850j:plain

蝦夷鹿

蝦夷鹿です。

この鹿肉が、柔らかくて甘みを感じて、とっても美味しかったです。

赤ワインが進む、進む、野菜のグリルも香ばしいながらも、野菜の甘みを感じるので、これまた進む、進む。

 

勢いづいて、赤ワインをグラスでお替り

f:id:madameokami:20200310222605j:plain

赤ワイン選ぶところ

また3種類から選んで、この赤ワインを楽しむために、

チーズ盛合せ(コース外)

をお願いしちゃいました。

f:id:madameokami:20200310223202j:plain

チーズ盛合せ

この左手の真っ白いチーズが、塩気があって、白いのにブルーのような味わいでした。

 

美味しく食べて、美味しく飲んで、2人で、¥19,100でした。

私達は、8時スタートだったので、最後のお客さんでしたが、最近は、お客さんのひけが早いとのことでした。

二次会のように飲んだ後に、ふらっと寄るなんて方も少ないとのことでした。

 

ですが、今、恵比寿のお店たちも、閑散として大変な中、小泉料理店さんは賑わっていて、さすがでした。

お料理やワインが美味しいだけでなく、小泉さんの穏やかなお人柄でしょうね。

広尾時代の懐かしいお話もして、楽しい時間を過ごしました。

 

どうもごちそうさまでした。

また伺います!