女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

スペアリブを角煮のように煮てみたら、勿論、予想通りの美味しさでついつい進んでしまいました!

スペアリブは、たまに買いますが、よくやるのが、ウスターソース煮。

あとは豆と煮込んでみたり。

今回は、ふと角煮のように煮てみても美味しいかも!と思い、やってみました。

f:id:madameokami:20210224114953j:plain

 

スペアリブを角煮のように煮てみたら、勿論美味しくてあっという間に食べてしまいました!

材料

f:id:madameokami:20210224151047j:plain

スペアリブ 400g

生姜 1片

酒 1/4C

紹興酒 1/2C

醤油 大さじ2

みりん 大さじ2

オイスターソース 大さじ1

砂糖 小さじ2

八角

胡麻油

 

作り方

.鍋に胡麻油を熱し、スペアリブを全面、香ばしく焼く。

f:id:madameokami:20210224151022j:plain

 

.余分な油を捨て、水と生姜を入れて、茹で、アクをすくう

f:id:madameokami:20210224151133j:plain

f:id:madameokami:20210224151312j:plain

 

.一度、水を捨て、調味料を入れて、圧力鍋で約20分煮る。(普通のお鍋だったら、落とし蓋をして、1時間くらいじっくり煮る)。

f:id:madameokami:20210224151244j:plain

 

.肉が柔らかくなったら、ふたをあけて、煮汁をからめながら、最後、少し煮詰める。

f:id:madameokami:20210224151404j:plain

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20210224151442j:plain

出来上がり!

勿論、この味付けも、スペアリブにぴったりの美味しさでした。

骨があるので、手をつかなわいと食べられなくて、ちょっとべたべたになるのが気になりますが、でも好きな人はこの骨のまわりが美味しいって言いますよね。

定番ではありますが、大根と一緒に煮ても美味しいと思います。

おまけのひとり言

八角って昔から常備してあって、でも1個ずつくらいしか使わないので、やっと今回、在庫がなくなりました。

お漬物に入れたり、こうやってお肉を煮る時に入れたりしますが、この八角を入れるだけで、中華風になるという(私はそんな気がしています)便利なものだと思います。

あと紹興酒も中華を作る時には是非使いたいですね。

日本酒だと綺麗すぎるというか、紹興酒ならではの香りが中華には生きてくる気がします。

特にこういう骨付きのお肉にはぴったり。

昨日のナンプラーではありませんが、もっともっと調味料使いが上手くなれば、どんどん料理の幅がひろがって、料理上手になっていく気がします。