女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

美味しいトマトクリームパスタは割合が重要ということがわかりました。

前に余ったトマトソースでちゃちゃっと作ったトマトクリームパスタがとっても美味しくできたので、ちゃんとはじめから作ろうと思ったら、なんか思ったような味にならず、再度、チャレンジしました。

やっぱり美味しい、というか自分の好みの味のトマトクリームは、トマトとクリームの割合がかなり重要、ということがわかりました。

 

美味しいトマトクリームパスタは割合が重要!

1回目のトマトクリームパスタ

材料

1回目は、トマト2個に対して、生クリーム1/2Cで作りました。

玉葱も1/2個入れ、麺は、フェットチーネ(お友達のイタリアンのシェフからいただきました。)を使いました。

 

手順

1.玉葱は半分の長さで薄切りにします。

 

トマトは湯剥きして、ざく切りにします。

 

3.フライパンにオリーブオイルを敷き、玉葱を炒めます。

 

.そこへトマトを加えて、炒めます。

 

5.塩を入れ、これくらいになるまでじっくり煮詰めます。隠し味にちょっとお醤油をたらすのが好きです。(今回は、たまり醤油を使っていますが、ナンプラーでも美味しいです。)

 

具材(海老、帆立、カリフラワー)はパスタを茹でる前のお湯で茹でます。

 

.トマトソースに具を混ぜます。

 

8.生クリームを入れて混ぜます。

 

茹で上がったパスタを加えて、よく混ぜます。塩・胡椒で味を調えます。

1回目の出来上がり!

これはこれで美味しかったのですが、トマトの割合が多かったようで、酸味をすごく感じてしまいました。

結構、完熟になってから使ったつもりでしたが、それでも甘みより酸味で、もっとクリーミーさが欲しいなぁと思いました。

 

そこで、2回目の挑戦です。

2回目の挑戦

手順

1.作り方は、同じで、トマトを1個にしました。

 これくらいまで煮詰めました。

 

たまり醤油を隠し味にたら~とかけます。

 

生クリーム1/2C加えて混ぜます。

 

4.茹で上がったパスタとボイル帆立を加えて、混ぜます。塩・胡椒で味を調えます。

 

2回目の出来上がり!

 

チーズをたっぷりかけて

 

ソースの量が少し少ないかなぁと思いましたが、フライパンの底にしっかり残っていたので、ちょうど良かったです。

トマトとクリームの割合は、勿論、好みだと思いますが、我が家では、トマト1個に対して、生クリーム1/2Cというのが、トマトの甘酸っぱさもクリーミーさも感じられてちょうど良いということがわかりました。

お料理っていろいろと割合が大事、と思っていましたが、今回のこのパスタでほんと割合がかなり重要、と改めて実感したのでした。