女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

暑い日に爽やかで美味しいトマトフォカッチャ作りました!

お店でふわふわのフォカッチャを食べるたびに、家でも焼きたいと、もう何度もやっているけれど、なかなかお店ほどには焼けない。

生イーストを入れたら良いという噂を聞いたのですが、生イーストって使ったこともないし、何しろ、生だからもたない(賞味期限が短い)。

ということで、普通のフォカッチャはまたにして、トマト味の爽やかな味わいのフォカッチャを作りました。

f:id:madameokami:20200810143341j:plain

トマトフォカッチャ

 

爽やかで美味しいトマトフォカッチャ作りました!

材料

強力粉 150g

元種(レーズン酵母とヨーグルト酵母から作ったもの) 60g

ホールトマト缶 120g

はちみつ 4g

塩 2g

オリーブオイル

岩塩

プチトマト

 

工程

1.こねあがり

f:id:madameokami:20200810144412j:plain

こねあがり

 

2.1次発酵後(10時間後)

f:id:madameokami:20200810144443j:plain

発酵後

 

3.器に入れて2次発酵

f:id:madameokami:20200810144528j:plain

2次発酵

 

4.プチトマトを並べて、岩塩をふりかけ、オリーブオイルをまわしかけた。

f:id:madameokami:20200810144609j:plain

トマト

 

5.200℃~230℃のオーブンで約25分焼く。

f:id:madameokami:20200810144707j:plain

焼き上がり

 

感想

いつもより生地を少なめにしたのに(最近、残らないよう食べきれる分だけ焼くことにしているので)、いつもと同じ器で焼いてしまったら、厚みが出なくて、ふわっと感が足りなかった。

カリカリ好きの私には、違った美味しさでしたが。

また、トマトをちょっといいトマト(甘みのしっかりしたトマト)でやってしまったら、甘くなりすぎてしまったので、普通のトマトの方が焼くときに、甘みが出ておいしかったようです。

 

おまけのひとり言

もともと私の大好きなプチトマトは王糖姫と言います。広尾に越してきてから見つけて、お気に入りになって、ずっと買っているのですが、何しろこのトマト、出回る時期が短いのです。しかも冬場。

今年ももう見当たらないので、どれにしようかと選んでいたら、月姫というプチトマトを発見。

ちょっと似ているかもと思って、買ってみました。

皮は王糖姫より固くしっかりしていました。そして、甘みは強いです。

勿論、王糖姫の方がもっと美味しいけれど、久し振りに出会った甘さでした。

ただ、前述のように、焼くには向いていないので、そのままサラダでいただくことにします。

 

 

www.madameokami.net

 

 

www.madameokami.net

 

 

www.madameokami.net