女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

和風コルドンブルーというより鶏の挟み揚げ作りました!【レシピ】

先日、サルティンボッカ、コルドンブルー風?を作ったときに、これ、和風で作っても美味しそうと思って、早速、また作ってみました。

f:id:madameokami:20200629134848j:plain

挟み揚げ

先日のブログは、こちら。

 

www.madameokami.net

 

それで、作りながら思ったのですが、和風コルドンブルー、和風サルティンボッカというより、要は鶏むね肉の挟み揚げですね。

でも、美味しくできたので、書いておきますね。

 

簡単!美味しい!鶏の挟み揚げの作り方

 

材料(2人分)

f:id:madameokami:20200629180103j:plain

材料

 

鶏むね肉 1枚

青紫蘇の葉 2枚

梅干し 2個

(アヴォカド・茗荷などお好みで)

塩・胡椒

衣(小麦粉・卵・パン粉)

揚げ油

 

1.鶏むね肉は、包丁を入れて、厚さを2等分にする。

f:id:madameokami:20200629181217j:plain

厚みを2等分

 

2.めん棒でたたいて、薄くのばす

f:id:madameokami:20200629181311j:plain

たたく

 

3.2.に塩・胡椒をし、紫蘇の葉、たたいた梅干しをのせる。

f:id:madameokami:20200629181348j:plain

紫蘇と梅干し

 

4.お好みで、茗荷(4等分くらい)やアヴォカドをのせても美味しいですよ。

f:id:madameokami:20200629181419j:plain

アヴォカドと茗荷

 

5.半分にたたんで、よくくっつける。

f:id:madameokami:20200629181514j:plain

しっかりとめる

 

6.5.のまわりに、衣(小麦粉→卵→パン粉)をつける。

f:id:madameokami:20200629181557j:plain

パン粉

 

7.フライパンに油を入れ、揚げ焼きしていく。

f:id:madameokami:20200629181636j:plain

揚げ焼き

 

8.両面、香ばしく焼く。

f:id:madameokami:20200629181705j:plain

揚げ焼き

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20200629181739j:plain

出来上がり!

 隣に置いているのは、ころんとしたマッシュルームです。一緒に炒めてみました。

 

あまりに簡単なので、サイドディッシュとして、もう1品、ご紹介します。

 

カリフラワーの明太和え

材料

f:id:madameokami:20200629181857j:plain

材料

カリフラワー

明太子(切子でもOK)

オリーブオイル

塩・胡椒

 

作り方

1.カリフラワーは、小房(小さめに)にわけて、茹でる。

2.明太子を皮からほぐしボウルに入れ、1.の粗熱がとれたら、加え、混ぜて、オリーブオイルも混ぜる。

f:id:madameokami:20200629182118j:plain

混ぜる

3.味見をして、必要なら、塩・胡椒もする。

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20200629182143j:plain

出来上がり!

 

これまたとっても簡単な一品でした。

日本酒にも合いますよ。

f:id:madameokami:20200629182244j:plain

盛合せ

 

おまけのひとり言

またしても、とっても簡単な2品のご紹介でした。

鶏の挟み揚げと言っても、ささみでくるくる巻くのではなく、この大きさで作ると、ちょっと目先が変わったお料理になる気がします。

茗荷は、火を入れると、結構、食べやすくというか物足りなくなるので、細かく切らずに、大きなままで巻いた方が楽しめます

アヴォカドも違和感なく、美味しく味わえました。

茗荷入りもアヴォカド入りも、そのままでも美味しいですし、おろしポン酢で食べてみるのも味がしまって美味しいです。

 

サイドメニューのカリフラワー明太和えは、もともと蓮根でよく作っていたものを、今回カリフラワーにしてみました。

ついつい明太マヨネーズ和えにしてしまいたいところですが、オリーブオイルにした方が爽やかさが出て、より進むおつまみになります

スパークリングワインでも日本酒でもぴったりでしたよ(実証済み)。