女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

栃木の辻善兵衛さんの夏のお酒「辻風」は洋食も合います。

今日もとっても暑い日となりました。

冷えたビールも美味しいですが、しっとり飲む冷酒もとってもいい感じ

うちは和食屋なので、お客さんも日本酒好きの方が多く、いつも季節のお酒をお出ししています。今は、夏のお酒が勢ぞろい

そんな中で、前回に引き続き、辻善兵衛さんのお酒、夏酒をご紹介します。

辻善兵衛 辻風

栃木県真岡市 辻善兵衛商店さんの夏のお酒 辻風 純米吟醸

栃木県産の夢ささらというお米を使っているようです。

最近、栃木の蔵元さんをはじめ、地元のお米で作っているお酒、というのが増えているように思えます。

みんなで地元を盛り上げようという動きでしょうか。

でも、美味しいお米と美味しいお水、それで美味しいお酒ができるので、その土地のもので作るというのは大切ですよね。

 

飲んでみました!

味わい

米のふくよかな旨み、甘みを感じますがキレがよく、後味スッキリです。

しっかりしているのに、さっとキレるお酒です。

合わせてみた肴

しらうお刺

シンプルに生姜醤油でいただきました。

あっさりしているお刺身だったので、お酒のほうが強く残ってしまいました。

とろ茄子のグリル

サイズと形でお皿を選んでのせたので、黄色い茄子と黄色いお皿になってしまって、なんだか変ですね。

とろ茄子は大好きで、見ると、買ってしまうのですが、今年も買いました。

そして、グリルするだけで美味しいとろ茄子。

オーブンに入れて焼いたら、本当にとろとろになって、皮まで全部いただけます。

と、茄子は、美味しかったのですが、優しい味なので、しっかりしたお酒と一緒だと、お料理の存在が薄くなってしまう感じでした。

 

となると、登場するのが洋食。

じゃが芋のグラタン

我が家の定番、大好きなじゃが芋のグラタンです。

お芋のほっくり感もいいですし、チーズが焦げている香ばしい感じが、しっかり味のお酒にぴったり。そして、キレがいいお酒なので、ちょっとこってりなお料理もサッパリする感じがします。

鶏もも肉の葱塩焼き

お肉を焼いて、ちょっとしっかりめの味付けの葱塩だれを入れて、からめています。

これくらいしっかり味のパンチのきいたお料理に、よく合うお酒です。

まとめ

今回のこちらのお酒、辻風は、そのままお酒だけ飲むのもいいですし、あとはしっかりパンチのあるお料理、クリームやオイル系のお料理にもよく合う、洋食にもいいお酒だと思いました。

今、思いだしましたが、グラタンのチーズだけでなく、チーズそのものと一緒にも合わせてみたかったです。チーズと日本酒の相性もいい、と言われてますしね。次回、是非!