女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

板長の麺づくり日記②~パスタマシンを買いました~

以前のブログで、板長が麺づくりを始めたことを書きましたが、

 

www.madameokami.net

 

その後も研究は続いていまして、いよいよ完成しました!

f:id:madameokami:20200506132401j:plain

うどん完成!

 

 

板長の麺づくり日記②

 

前回迄の麺

前回、麺づくりを始めたときは、蕎麦→うどん→パスタ麺→蕎麦と、いろんな麺を作っていました。

粉の配合を変えたり、玄米粉を加えたり、米粉を加えたり、いろんな太さにしてみたり、いろいろ研究を重ね、でも、どうも思ったようなものが出来上がらない。

何が問題か?

 

今回の飛躍の鍵

そう、今回、大きく飛躍したのは、このマシンのおかげなんです!

f:id:madameokami:20200506134135j:plain

パスタマシン

 

パスタマシンです!

パスタマシンにも、いろいろあって、結構、悩みました。

 

でも、結局、こちらのATLAS150を購入!

個人的には赤いのが欲しいなぁなんて思っていたのですが、売り切れだったので、普通のシルバーで。

 

こちらを買う迄は、手(綿棒)でのばして、手(包丁)で切っていたのですが、そうするとやはり太さ厚さにムラができてしまい、茹で加減にも響いてくるということで困っていました。

 

それなら!と購入してみたのが、パスタマシンです。

これを使うと、こんなに簡単に

 

 

パスタマシンの活躍ぶり

パスタマシンには、横にダイヤルのようなものがついていて、0から順番にのばしていきます。

0でまずのばして、次に1でのばして・・・とどんどん薄くなっていきます。

そうして、いろいろな厚みのものを作ってみました。

 

そして、更に2種類の刃を使って、細さも変えてみました

 

まず、目盛り2でのばし終わり

f:id:madameokami:20200506152313j:plain

目盛り2

 

4でのばし終わり

f:id:madameokami:20200506152358j:plain

目盛り4

 

6でのばし終わり

f:id:madameokami:20200506152427j:plain

目盛り6

 

どんどん薄くなっていっているということです。

 

薄さや細さを考慮して、茹で時間を変えてあります。

 

実食

喉越しはつるっといい感じですが、2はかなりしっかりした歯応えだったので、私は4の厚さで太いものが一番気に入りました

もちもちっとした感が楽しめて、適度な噛み応えが良かったです。

板長本人は、6の柔らかいのが好きだったようですが、私に「これはうどんでんはない」と言われ、間をとって、5で発売を決定しました。

 

最後に

今回、強力粉も品薄で、なかなか手に入らない状況が続き、玄米粉など入れたい粉も入手不可能でした。

なので、手に入るようになったら、またブレンドしたりしてみるようですが、今のところ、板長本人的には納得のいくものが仕上がったようなので、良かったです。

私は手打ちパスタを作りたいので、(これも前に家でやりましたが、自分で成型するのはとっても難しかった)板長が飽きたら?使わなくなったら?借りて、パスタ作ってみたいです。