女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

植野食堂でやっていたレストランサカキさんのポークジンジャー作ってみました!

またまた「日本一ふつうで美味しい植野食堂」を見たら、作ってみたいものがありました。

京橋にある「レストランサカキ」さんのポークジンジャーです。

f:id:madameokami:20210607132037j:plain

 

植野食堂でやっていたレストランサカキさんのポークジンジャー作ってみました!

植野食堂

www.bsfuji.tv

 

材料

豚肩ロース肉 厚さ2cmのもの

 

f:id:madameokami:20210607132451j:plain

そう、この厚さがポイントのようです。

こんな厚い豚肉って、お店などでは食べたことがあると思いますが、自分で買ったのは初めてかも。

カツレツなどやるときも、もうちょっと薄いお肉でやっていると思うのですが、今回は、2cmにこだわって買ってみました。 

手順

.たれは、一晩寝かすので、前の日にたれを作りました。火にかけたりせず、混ぜて、冷蔵庫で寝かすだけです。

f:id:madameokami:20210607132335j:plain

 

.豚肉の脂の部分に包丁を入れます。

f:id:madameokami:20210607133122j:plain

 

.塩・胡椒して、薄く小麦粉をはたきます。(”はたく”に関しては下に。)

f:id:madameokami:20210607133251j:plain

 

.フライパンにラードを入れ、まずは脂の部分から焼きます。

f:id:madameokami:20210607133328j:plain

こんな風にこんがりと。

f:id:madameokami:20210607133408j:plain

 

.横にして片面2分焼きます。

f:id:madameokami:20210607133454j:plain

 

.裏返してまた2分です。

f:id:madameokami:20210607133510j:plain

 

.余分な油をふきとり、たれを入れて

f:id:madameokami:20210607133551j:plain

 

f:id:madameokami:20210607133615j:plain

 

ふたをして弱火で蒸します。

f:id:madameokami:20210607133708j:plain

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20210607133739j:plain

たれにとろみがなかったので、お肉を取り出した後、少し煮詰めてからかけました。

まさしく、ジューシーって感じのポークジンジャーができました。

ただ、分量通りに作ったと思うのですが、個人的には次回、もっと玉葱と生姜を入れて作ってみたいです。

 

おまけのひとり言

「粉をはたく」という言葉なんですが、私と主人で意見がわかれました。

私はもともと小麦粉や片栗粉を素材につけること、まぶすことを「粉をはたく」と自分でも使っていたのですが、主人は「叩き落とすことだ」と言いました。

ちょうどこの番組で、出来上がったお料理を植野さんが召し上がって「これは、粉はたき過ぎたんですかね」とおっしゃっていたのですが、私は「つけすぎ」と思ったのに対し、主人は「粉が少なすぎたんだ」と解釈したのです。

そこでお互い、「えっ?違う!」と討論になり、今までずっと話してきて、こんな認識の違いがあることにびっくりしました。

念のため、今、ネットで調べましたが、粉に関しては、「はたく」がつけるということで、私の方で合っているみたいです。

日本語って難しいですね。