女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

超簡単なのにとっても美味しい焼豚、メープルシロップで作ってみました!これ定番にします。

昨日のブログでも写真を載せましたが、シンプルなラーメンを食べたくて、でもそこに焼豚はのせたくて作ってみました。

そう、前回、初めて焼豚を豚バラで作ったら、脂がすごくて食べきれなかったんですね。なので、それからリベンジというか、豚肩ロースでの焼豚が作りたくてしょうがなかったんです。今回やっと作れました。

f:id:madameokami:20211030203844j:plain

 

超簡単なのにとっても美味しい焼豚、メープルシロップで作ってみました!

今回は、有元葉子さんの「この2皿さえあれば」という本に載っていたレシピを参考にしています。

材料

f:id:madameokami:20211030203935j:plain

豚肩ロース 400g

味噌 大さじ11/2

醤油 大さじ2強

紹興酒 大さじ2強

メープルシロップ 大さじ11/2

おろし生姜 1片

おろしにんにく 1片

 

作り方

1.豚肩ロースは、たれに1晩漬け込んでおきます。

f:id:madameokami:20211030203959j:plain

 

2.それをアルミホイルの上にのせ、200℃のオーブンで約20分焼く。途中、何度かたれを塗ってあげます。

焼きあがったら、あとは、ホイルに包んで寝かせておく

それだけです。

簡単なんてもんじゃないですよね。本当にこれだけ?と疑ってしまうほどです。

実は、焼いたその日に食べられず、翌日食べたのですが、全然固くならずとっても美味しかったです。

出来上がりの焼豚

f:id:madameokami:20211031114334j:plain

千切りキャベツと白髪葱を添えました。

漬け込んでおいたたれは、煮詰めてかけます、ということでしたが、我が家では、それぞれ小皿に用意して、お肉で葱などを巻いてから、そのたれをつけて食べたりしてみました。これ、いくらでも食べられそうなくらい美味しかったですよ。

たぶん、たれに味噌を入れるというのは初めて作ったのですが、それがまたつけて食べるというスタイルにあっていたのかも。

ということで、こんなに簡単なのに、柔らかくて、とっても美味しい焼豚が出来上がりました。

これなら簡単、手間いらずなので、もう毎回これがいい、と思い、これからは定番にしたいと思います。

そしてこの焼豚を2枚ずつ、とっておいて、ラーメンにのせて食べてみました。せっかくなので、ラーメンスープも自家製で。

ラーメンスープ

これは、自己流、私のオリジナルです。

 

1.鶏手羽元肉と葱の青い部分、生姜、セロリの葉を水に1晩漬けておきました。

f:id:madameokami:20211031115142j:plain

 

2.お酒を少し入れて、火にかけます。

f:id:madameokami:20211031115211j:plain

 

3.あくが出てきたら、すくって、しばらく煮、そのまま少し冷まします。

f:id:madameokami:20211031115247j:plain

 

4.最後、こして、もし足したいお出汁があったら足して(私はおかかを加えました)、塩・醤油で味を調えます。

f:id:madameokami:20211031115336j:plain

 

今回は、40秒で茹で上がるという細麺を買ってきて、シンプルラーメンにしました。

ラーメンの出来上がり

f:id:madameokami:20211031115526j:plain

澄んだスープで、サッパリした美味しいラーメンが出来ました。

油も入っていないし(鶏の脂はありますが)、しつこくないので全部飲み干せる美味しさでした。

シンプルなラーメンだけど、自家製の焼豚がのっていると、ちょっと嬉しいですよね。

また作ってみたいです。