女将の食卓

和食屋(ただいま休業中)の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

※ 当ブログにはプロモーションが含まれています

今回の家飲みは、和食と中華で、名古屋土産も登場しました!

去年、名古屋に行った帰りに、我が家にもお土産、と思って、買ってきたものがあったのですが、賞味期限がとっても長かったので、まだいいや、まだ大丈夫、と思って、逆に食べる機会がなかったので、今回、家飲みの機会に、それも1品として味わってみることにしました。

なので、今回は、和食系で、ただ、春巻の皮も買い置きがあり、春巻も2種類(厳密には3種類)作ってみました。

 

今回の家飲みは、和食と中華で、名古屋土産も登場しました!

家飲みの会

今回は、こんな感じです。

まずは、名古屋土産。

さんわの手羽煮

このパッケージで常温でかなりの日持ち。

器に入れて、レンジでチンするだけで食べられます。

たしか、お醤油味もあったと思うのですが、やっぱり名古屋だから味噌味だよね、と味噌味にしたらなのか、名古屋らしい懐かしい味わいでした。

とろっとろに柔らかくて骨がすっと抜ける感じ。凄かったです。いいおつまみです。

春巻

今回は、少し小さめな皮を使いました。

普通の春巻は、豚肉、もやし、葱、筍、椎茸などを炒めて、鶏ガラ、オイスターソース、醤油などで味付けしてとろみをつけたものを前日に用意しておいて、当日、春巻の皮で巻いて揚げました。

海老も食べたかったので、皮を半分に切って、殻付き海老(勿論、しっぽ以外は殻を剥いて)と紫蘇を巻いて揚げました。

いつもは、梅も入れてしまうのですが、今回は敢えて入れず、ただ、紫蘇をたっぷり入れたら、サッパリ爽やかでこれもありでした。

実は、2種類ではなく、もう1種類あって、皮が少し余ったので、ちくわに巻いて・・・ふわふわのちくわとカリカリの皮が美味しかったです。

大根餅のようなチヂミ風

切り干し大根とじゃが芋のすりおろしで作るチヂミ、というレシピがあったので、それをやってみることにしました。

食べやすいように、大きな一枚ではなく、こんな風に丸めたら、チヂミというより大根餅のようでした。

やっぱりチヂミは、にらが入っていたり、もうちょっと薄い感じですね。

ただ、切り干し大根でも大根餅の味が作れる、ということがわかったので、今度は、大根餅にチャレンジしてみたいと思います。

しらすおろし

釜揚げしらすが好きなので、よく買います。

私はどうやって食べても好きですが、主人は、しらすおろしで食べるのが一番、しらすらしさがわかっていい、と言います。

なので、今回は、このシンプルで。

勿論美味しかったです。

キャベツの甘酢漬け

甘酸っぱいものが好きなので、こういう一品があると嬉しいです。

箸休めにぱくぱくできるものがあるのも安心です。

お弁当にも活躍しました。

 

と、こんな感じで、いつものボリュームたっぷり家飲みです。

ですが、和食、と思うと、気持ちが安心なのか、殆ど食べてしまったのでした。

あるもので、家飲み、今回も大成功。

ストックが少しスッキリしてきたので、また楽しいものを仕入れしましょう。

恵比寿にOPENしたPICICA PICICA(ピチカ ピチカ)さんへ行ってきました!

近所のお店が閉店してから、ずいぶんとそのままになっていて、次、何のお店になるのかなぁとずっと楽しみにしていました。

やっと工事が始まった、と思ったら、ピッツア窯が入ってきて、これは美味しいピッツアのお店だ!と楽しみにしていました。

ただ、なかなか機会がなく、先日やっと行ってきました。

 

恵比寿にOPENしたPICICA PICICA(ピチカ ピチカ)さんへ行ってきました!

PICICA PICICA(ピチカ ピチカ)さん

tabelog.com

 

場所

 

 

店内

 

お店の外側は、木が張り巡らされていて素敵な雰囲気。

1軒家風なので、いい感じです。

そして、こんなステキなテラス席も。

気候が良くなったら、ここで楽しみたいですね。

(以前のお店もテラス席が人気でした。)

店内は、テーブル席の他、ピッツア釜が見えるカウンター席もあり、奥のソファー席などはファミリー向けのお席のようで、いろんな年代のお客さんがいました。

メニュー

ドリンクメニュー

ビールやカクテル、ボトルのワインもあります。

フードメニュー

ピッツアの前に楽しむ前菜やお肉などのメニュー。

こちらのお店は、ピッツアの前に、いろいろ楽しんでほしいお店だそうです。

ピッツアやパスタのメニュー。

いろいろあって悩みますね。

食べて飲んだもの

まずは、生ビールで乾杯。

勿論、サッポロですね。

 

そして、この後、白ワインをボトルでいただきましたが、写真撮れずです。

 

サラダ

お友達の農家で作ってもらっている野菜なので、是非これを!と強くお薦めされたので食べてみました。

いろんな野菜があって、ドレッシングも美味しかったです。

「多いので、ハーフもできますよ」と言われましたが、腹ペコの私達はペロリでした。

ピッツアマルゲリータ

ボリュームがわからなかったので、とりあえずピッツアを食べてみました。

さすが窯で焼いたピッツア。香ばしくて美味しかったです。

シンプルなピッツアにしたので、よけいに生地の美味しさがわかりました。

ボンバブレッド

こちらもお店のお薦めだそうなので、食べてみました。

ピッツアの生地で作ったパンだそうです。

ぷく~っとふくれていてチーズもかかっていて、おつまみになりそう。

鶏レバー

パンと一緒に味わいたくてオーダーしてみました。

すごくなめらかでデザートみたいな感じ、味も、ほんとおつまみというよりデザートのような感じでした。

 

とこんな感じで綺麗で美味しいお料理を楽しみました。

ランチもやっているようなので、また美味しいピッツアを楽しみに伺いたいです。

ごちそうさまでした。

 

今週の朝ごはんあれこれ、リゾットも作ってみました!

朝ごはんは、しっかり炭水化物も食べていいので(勝手なルール)毎日、パン、ご飯、麺などいろいろ食べています。

いろいろ食べているのは楽しみだから。

でも、朝はいろいろやることがあって、時間もあまりかけられないので、やっぱり簡単なものになりがちです。

その分、お休みの日やちょっと時間がある時は、いつも作れないものに挑戦したりします。

今週は、リゾットを作ってみました

今週の朝ごはんあれこれ、リゾットも作ってみました!

ご飯

クリームリゾット

上の写真です。

リゾットは二人とも好きなのですが、付きっ切りで作らないといけないので、ちょっと慌ただしい朝には向きません。

だからこそお休みの日メニュー。

付きっ切りといっても、難しいことは決してありません

しかも、今回はお出汁がわりに、パスタソースにもよく使うキャンベルのクリームマッシュルームを少し入れてみたので、簡単にクリーミーな味わいになりました。

予想通りの美味しさでした。

粉もの

パイ生地のキッシュ

昨日のブログに書いた簡単パイ生地キッシュです。

こんなに小さく切っていますが、もちろん、これで終わることはなく、私もお替りしましたし、主人は、どんどん切ってたっぷり食べていました。

美味しかったので、ついつい食べてしまいましたが、軽いとは言え食べ過ぎですね。

パン

トーストとおかずちょこちょこ

おかず、と言っても、おつまみの残りです。

自家製ソーセージや、ツナとほうれん草の和え物、パンにもぴったりでした。

チーズパンと牛乳パン

このチーズパンは、最近、バーガー用によく買っているのですが、今回は、牛乳パンも食べたかったので、パンだけで味わうことにしました。

そのまま食べても柔らかくて美味しいパンでした。

牛乳パンは、「久しぶりに食べたい」という主人のリクエストだったのですが、さすが食べたかっただけあって、あっという間に1/2個食べてしまいました。

パスタ

海老のトマトクリームパスタ

市販のパスタソースですが、海老もボイルして入れたので、美味しさが増しました

ぷりっぷりの海老は毎日食べても飽きません。

麺類

お鍋の〆のラーメン

お鍋のスープがもったいないから、とかではなく、ラーメンが食べたいからお鍋をやったというのが、今回のしゃぶしゃぶ鍋。

しゃぶしゃぶは、昆布と柚子たっぷりでお出汁をとり、それにお醤油などで味付けしてラーメンにしました。

とっても美味しくスープもごくごく飲めました。

また寒くなってきたので、まだまだお鍋も楽しめそうですね。

焼きうどん

冷凍うどんってほんと凄いですよね。

もちもちで美味しい

いつもは、釜揚げ風にしたり、あったかうどんにしたり、肉味噌うどんにしたり。

このうどんで焼うどんは作ったことがなかったのですが、焼いてももっちもちで美味しかったです。

冷凍パイシートで簡単キッシュ作ってみました!

キッシュってとっても美味しいけれど、生地作りが面倒な気がして、皮なしキッシュばかり作っています。

なので、キッシュというより、オーブンで焼くオムレツという感じ。

具材をアレンジしていろいろ楽しんでいました。

今回、久しぶりに普通のキッシュが食べたいなぁと思ったのですが、食べるのは朝ごはんなので、やっぱり簡単に作りたい、ということで、冷凍庫にあったパイシートを使ってみました。

 

冷凍パイシートで簡単キッシュ作ってみました!

材料

冷凍パイシート 2枚

玉葱 1個

ベーコン 120g

卵 3個

生クリーム 100cc

牛乳 100cc

とろけるチーズ

塩・胡椒

オリーブオイル

型に塗るバター

手順

1.玉葱は薄切り、ベーコンは食べやすい大きさに切って、オリーブオイルを敷いたフライパンで炒め、塩・胡椒で味付けします。

 

2.細長いパイシートだったので、2枚を1cmくらい重ねて、つなぎ、型の大きさにのばしました。

 薄くバターを塗った型に、そのパイシートを入れます。余分なところはカットして、型に合うようにくっつけました。

ぶきっちょなので、あまり綺麗ではありませんが、焼いたら膨らむので、あまり心配なしです。

 

3.2.に1.の具材を入れて、並べます。

 

4.卵を割りほぐし、牛乳と生クリームを入れて、よく混ぜ、塩・胡椒で味付けします。

 

5.これを漉して注ぎ入れ、とろけるチーズをのせます。お好みで、おろしたパルメザンチーズをのせても良いです。

 

6.230℃のオーブンで約25~30分焼きます。

 

焼き上がり!

これは、30分焼いたので、ちょっと色が濃いですが、中のふんわり加減などちょうど良かったし、焦げた味はしなかったので、これくらいでも良いと思います。

食べてみました!

キッシュのタルト生地も甘くて美味しいのですが、今回はパイ生地なので、サクサクで薄くて軽くて食べやすかったです。

中の具材を楽しむには、こういう軽い生地も良いですし、なんと言ってもこの手軽さが一番です。

ついついお替りしてしまい食べ過ぎには注意ですが。

フィッシュアンドチップスも、KALDIのフリット粉があればカリッとサクサクです。

昨日のブログの続きです。

最近、家飲みの会をいろいろと楽しんでいるのですが、主人も私も揚げ物が好きだし、家飲みの会は、早い時間から食べられるので、そんな日は安心して?揚げ物ができたりするので、よく登場します。

今回は、フィッシュアンドチップにしたのですが、市販の粉を使って、簡単に仕上げました。

 

フィッシュアンドチップスも、KALDIのフリット粉があればカリッとサクサクです。

フィッシュアンドチップス

鱈って、身が柔らかすぎてあまり美味しい食べ方を知らないので、殆ど自分では買わないのですが、たまたま美味しそうなのが売っていたので、買ってみて、でも、やっぱりこれはお鍋や湯豆腐じゃなくて、フィッシュアンドチップスだなと思って、揚げてみました。

KALDIのフリット粉を使ったので、カリッとするだけでなく味もあって、そのまま食べても美味しかったです。

フリット粉

粉と水を同量混ぜるだけで使えます。

調子にのって、鱈だけでなく、お刺身用の帆立や筍も揚げてしまいました。

白魚や海老も美味しそう、と翌日、海老も揚げてみましたが、やっぱりカリッカリで美味しいです。

新じゃがは、いつものように、下茹でしたり、下処理をしてからじっくり揚げたのですが、もともとのじゃが芋が大きすぎたからか、なかなかカラッと揚がらず、これは苦戦しました。

最近、お店で食べると、フライドポテトも粉がついて揚がっていたりするので、そのほうが簡単にカラッと揚がるのでしょうね。

これから、新じゃがが美味しい季節なので、またトライします。

ほうれん草とツナの和え物

ほうれん草は、買ってきた時にさっとボイルしておいたのですが、それを使って、オムレツにするかバター炒めにするか、と思っていたのですが、もう結構柔らかかったので、そのまま和え物にすることにしました。

前にいただいた特別なツナ缶、最後の1個が残っていたので、それを使って、胡麻味やお醤油味やいろいろな調味料を入れ、そして、ブラックペッパーなどでアクセントをつけて。

とっても美味しくてパクパク食べられる一品となりました。

おまけのひとり言

そんなこんなで、今回もたっぷりのおつまみ、食べ過ぎですが、やっぱり家飲みの醍醐味は好きなだけ好きなものを食べられること、そして、ワインも飲み放題ですしね。

また好きなものいろいろ作って楽しみます。

 

特別なツナは、こちら。

www.madameokami.net

 

家飲みの会、洋食のテーブルには冷凍のモッツアレラチーズも登場しました!

最近、お気に入り?といか楽しんでいる家飲みの会、今回は洋食にしようと思いました。

大きい新じゃががあったのと、鱈があったので、フィッシュアンドチップスをやりたい、と思い、それを中心に洋食のテーブルにすることにしました。

他に何がいいのか、なかなか思いつかなかったのですが、この家飲みの会、基本は、家にあるもので作る、というルールなので、今回は、以前買って冷凍庫にあった冷凍のモッツアレラチーズを使って一品作ってみました。

 

家飲みの会、洋食のテーブルには冷凍のモッツアレラチーズも登場しました!

冷凍のモッツアレラチーズ

チーズを浮かせているお水ごと冷凍されているので、袋の形がいがんでいますが・・・

先日、買い物に行った時、冷凍売り場にこのチーズがあって、びっくり

ハード系のチーズやとろけるチーズは自分でも冷凍しますが、まさか、モッツアレラチーズのようなやわらかいものも冷凍できるとは

まぁ、今や、いろんなものが冷凍できるので、当然なのかもしれませんが、私は初めて見たのでびっくりしました。

そして、そのチーズを使って作った料理など、洋食おつまみを楽しみました。

我が家流ビストロおつまみ

今回は、こちらの4品にしました。

まずは、その冷凍のモッツアレラチーズを使った一品

モッツアレラチーズとトマトソース

バジルが手に入らなかったので、青じそで。

トマトソースとチーズと青じそ、小葱、そして、オリーブオイルと塩・胡椒です。

美味しくワインにあう一品でした。

そして、気になるモッツアレラチーズはというと、普通に美味しかったです。

ちゃんと柔らかいし、それほど水っぽい感じもせず、です。

ただ、実は、この翌日、トマトソースとチーズだけで食べてみたら、そのほうがしっかり味を感じで美味しかったのですが、いろんな味わいがないほうがわかりやすかったのか、解凍してから一日たったほうが、余分な水分が抜けた、ということなのか、そこはわかりません。

どっちにしても美味しかったので、また買ってみます。

実は、ブッラータチーズの冷凍も買ってあるんです。それはトマトソースパスタで食べてみようかなと思っているので、そちらも楽しみです。

自家製ソーセージ

パッと見、肉団子のようですが、洋食の会だったので、ソーセージ風に、いろんなハーブを入れてみました。

豚挽肉にタイム・オレガノ・ガラムマサラ・ナツメグなどのハーブと卵を入れて、よくこねて、フライパンで焼き上げました。

ハーブが入ると、とたんに洋食っぽく、そしてソーセージらしくなりますね。

一口サイズに作ったのも食べやすくて、おつまみにぴったりです。

しっかり味なので、冷めても美味しく、翌日のお弁当に入れても美味しかったです。

 

あと2品、続きは明日のブログに書きます。

自分のお弁当作り、毎日、重さをはかっていますが。

毎日のようにやっている自分のお弁当作りですが、はじめご飯を計っていて、調整していたのですが、ご飯を減らしても、よけいおかずがてんこ盛りになってしまい、全然痩せないので(それだけの理由ではない?)お弁当全部の重さを計ることにしました。

もともと、お弁当箱の中に詰める、ということが苦手で、そんな私がなんとか詰めるには、隙間を作らない、ということで、どんどん詰めてしまっていたのですが、そのうち、これは入れすぎとか少し感覚がつかめてきました。

そして、何グラム以上だと、途中でお腹がいっぱいになって食べきれない、とかいうのがわかってきたので、自分的にもとっても良いです。

 

自分のお弁当作り、毎日、重さをはかっていますが。

フリット弁当

上のお弁当です。

ウインナーピラフ

フリット(鱈・帆立・筍)

自家製プチソーセージ

ほうれん草とツナの和え物

煮卵

プチトマト です。

これは、最近の中で、一番軽くて、218g

ちょっと軽過ぎかなぁとも思ったのですが、フリットなので、ちょっとカロリーは高そう、と思い、このままにしました。

食べた感想

食べていては物足りない、ということもなく、ちょうどな感じでした。

ご飯はいつもより少ないけれど、おかずが結構食べ応えがあったので、ちょうど良かったのだと思います。

ただ、おやつの頃には結構お腹が減ってしまって、その分、夕方、勢いよく食べてしまったのでした。

ロールキャベツ弁当

お醤油ピラフ(パラパラ炒飯用に炊いたご飯です)

ロールキャベツ

鯖の味噌煮

煮卵

ほうれん草ソテー

プチトマト です。

 

夜のおつまみの残りというか、もう作っている時に、ロールキャベツも小さめを一緒に作ったりして、お弁当に詰めました。

318gです。

食べた感想

300gを越えると自分的には、ちょっと食べ過ぎ感があって、卵を残したら、ちょうどでした。

見た目的に、あれもこれもな感じ(主人に言われました)ですが、いろんな味があるということが、食べる本人としては満足感につながるので、良かったです。

おつまみ弁当

黒米入りご飯

回鍋肉

ブロッコリーと青梗菜炒め

魚のクリーム煮

煮卵

プチトマト です。

 

おつまみ弁当というか、いつもの感じで、夜のおつまみを多めに作って入れた感じです。

クリーム煮は、実はアクアパッツアの後のクリームパスタのそのまた残り。

でも、ご飯と食べてもとっても美味しいし、お魚も入っていたので、おかずになって良かったです。

これは、ちょうど300gです。

食べた感想

毎日はかっていると、300gくらいというのが多くて、それがちょうどいいくらいみたいです。

そして、レギュラーメンバーの煮卵、半熟な感じがご飯とも、野菜ともぴったりなので、そういうのも満足感になります。

 

せっかく計っているので、これからは、美味しさを追求して、満足感を保ちつつも、300gを越えないよう、調整して作っていきたいです。