女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

自家製ドライトマトでオイル系パスタ成功!簡単!美味しい!レシピ

私の好きなプチトマトがどうやら寒い時に品種らしく、この季節は売っていません。なので、なかなかトマト選びが難しいのですが、ちょっとはずしちゃったトマトでも格段に美味しくなるのが、ドライトマト

自分で作れば、ハーフドライくらいのいい感じでとめられるので、それもいいです。

買ってきたドライトマトは、にんにくが強すぎるので、自分で作ったのが一番安心して食べられます。

ドライトマトの作り方は、こちら。

 

www.madameokami.net

 

そして、また作ったので、早速、オイル系パスタにして楽しみました!

f:id:madameokami:20200804173543j:plain

ドライトマトパスタ

とっても簡単で美味しくできたので、ご紹介します。

 

 

ドライトマトのオイル系パスタ レシピ

材料(2人分)

f:id:madameokami:20200804173712j:plain

材料

 

パスタ 220g

ドライトマト 6個分

オリーブ 8個

アンチョビ 4本

ケッパー 小さじ1

紫蘇の葉 5~6枚

オリーブオイル

塩・胡椒

にんにく

鷹の爪 1本

 

作り方

.鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を入れて、パスタを茹でる。(表示より1分少なめのアルデンテに)

 

.フライパンにオリーブオイル大さじ4を入れ、にんにくのみじん切りを炒めて香りを出す。

f:id:madameokami:20200804174133j:plain

にんにく

 

.アンチョビをほぐしながら、オリーブはつぶしながら、ケッパーも入れて炒める。

f:id:madameokami:20200804174209j:plain

炒める

 

.鷹の爪も入れて、香りを出す。

f:id:madameokami:20200804174301j:plain

鷹の爪

 

.ドライトマトと、パスタの茹で汁お玉1杯分を入れ、混ぜる。

f:id:madameokami:20200804174359j:plain

ドライトマト

 

.茹で上がったパスタを入れて、混ぜる。

f:id:madameokami:20200804174421j:plain

パスタ投入

 

.ちぎった紫蘇の葉も混ぜ、塩・胡椒で味付けする。

f:id:madameokami:20200804174512j:plain

紫蘇


出来上がり!

f:id:madameokami:20200804174604j:plain

出来上がり!

 

ポイント

アンチョビやケッパーの塩気があるので、最後の調味を強くしすぎないよう、少しずつ味見しながらやってください。

紫蘇は火を入れるとすぐ黒くなるので、盛り付けした時に、さらに飾ると綺麗だと思います。

パスタを混ぜる時に、火を入れすぎると、焼きそばみたいになってしまうので、あまり炒めすぎないように注意です。

お好みで、最後に、上質なオリーブオイルをかけても美味しくなります。


おまけのひとり言

アンチョビだけでもワインが飲みたくなるというのに、アンチョビもオリーブもケッパーも入ってしまうので、もはや朝ごはん用ではないですね。

梅雨明けして、毎日、綺麗な青空が見えるので、テラスでこんなパスタとワインなんていう時間を過ごしてみたいです。

今までさんざんパスタを作ってきておいて、なんなんですが、やっとオイル系のパスタのコツがわかってきたように思います。

忘れないうちに、どんどん作るよ~!

 

前回の成功オイル系パスタは、こちら。

 

www.madameokami.net

 




 

 

和風にチリコンカンを作ってみたら、美味しかったのでお薦めです!【レシピ】

梅雨明けして夏らしいお天気になってきて嬉しいです。

元気が出ます。

ですが、バテないように、暑い時に美味しいお料理をいろいろ工夫して作っていきたいと思います。

勿論、簡単!美味しい!ものを。

まずは、チリコンカン

f:id:madameokami:20200803172714j:plain

和風チリコンカン

 

いつものチリコンカンを和風で作ってみたら美味しかったのでお薦めです!

材料(2人前)

f:id:madameokami:20200803172834j:plain

材料

牛挽肉 250g

レッドキドニービーンズ 1/2缶

トマト缶 1/2缶

生姜 1片

茗荷 3本

青紫蘇の葉 4枚

昆布茶 小さじ1~2

オリーブオイル

塩・胡椒

砂糖 小さじ1

チリパウダー 小さじ3

にんにく(お好みで)

 

作り方

1.生姜はみじん切り、茗荷は斜めにスライスする。にんにくもみじん切り。

f:id:madameokami:20200803173027j:plain

スライス

 

2.鍋にオリーブオイルを敷き、生姜とにんにく、茗荷2本分を炒める

f:id:madameokami:20200803173221j:plain

炒める

 

3.挽肉も加えて、よく炒める。

f:id:madameokami:20200803173255j:plain

挽肉も

 

4.レッドキドニービーンズは、洗ってから加え、トマト缶もつぶしながら加える。

f:id:madameokami:20200803173332j:plain

豆も加える

 

5.チリパウダーと昆布茶、砂糖を加え、汁気がなくなるまで煮込む

f:id:madameokami:20200803173451j:plain

煮込む

 

6.塩・胡椒で味付けしたら、出来上がり!

f:id:madameokami:20200803173546j:plain

出来上がり!

 

7.お皿に盛って、切っておいた茗荷をさっと混ぜ、ちぎった青紫蘇の葉を飾る

f:id:madameokami:20200803173728j:plain

出来上がり!

 

おまけのひとり言

この時期、薬味をきかせたものがとっても美味しいですよね。生姜も茗荷も紫蘇も爽やかで美味しいので、それをたっぷり混ぜてみたら、チリコンカンも一味違っていいのでは?と思って作ったら、とっても美味しかったです。

和風なので、ローリエとかでなく、昆布茶も使ってみました。

私は、こっちの方が好きなくらい。

もっと辛いのがお好きな方は、赤唐辛子の輪切りを炒めてから作っても良いと思います。

青紫蘇は火を通すと黒くなるので最後に飾りました

また、茗荷は、火を入れると味がマイルドになるので、大きめに切ったのと、生のまま1本分、最後に混ぜることで味わいを出しました

このままでも美味しいですし、海苔で巻いても美味しかったです。

 

前にご紹介した通常のチリコンカンは、こちら。

 

www.madameokami.net

 

 

こんな感じの簡単!美味しい!を集めたレシピ本もあります。

 

 

 

やっぱり!美味しい!鶏の唐揚げ葱ソースのレシピ

帰宅が遅く、夜ご飯(というかおつまみの会)の時間が遅いので、夜の揚げ物は禁断なのだけど、たまにどうしても食べたい時があります。

普段は、できるだけ揚げ焼きにして、油を多く摂らないようしていますが、鶏の唐揚げは、揚げないわけにはいきません

唐揚げは唐揚げしないと。

梅雨明けして暑くなってきたというのもありますし、ピリ辛はこの季節にぴったり

f:id:madameokami:20200802170902j:plain

葱ソース

そうです。

久しぶりに作ったら、やっぱりとっても美味しかったのです。

二人とも痩せていたら、いつもやりたいくらい。

 

簡単!美味しい!鶏の唐揚げ葱ソースの作り方

材料

f:id:madameokami:20200802171110j:plain

材料

鶏もも肉 1枚分

(下味:酒 大さじ1、醤油 大さじ1、卵 1/2~1個)

長葱 20cm

生姜 1片

(酒 大さじ1、酢 大さじ1、醤油 大さじ3、胡麻油 小さじ2、豆板醤 小さじ1、胡麻 小さじ1、砂糖 小さじ1)

レタスなど

片栗粉

揚げ油

 

1.鶏ももは食べやすい大きさに切り、下味につけておく。

2.生姜と葱はみじん切りにし、aの調味料を加えて、葱ソースを作る。

f:id:madameokami:20200802171811j:plain

葱ソース

 

3.1.の汁気を捨て、まわりに片栗粉をまぶして、180℃の油で揚げる

f:id:madameokami:20200802171854j:plain

揚げる

 

4.レタスを洗って、手でちぎり、揚げたての3.をのせ、葱ソースをかける。

f:id:madameokami:20200802171924j:plain

出来上がり!

 

感想とポイント

お肉がジューシーというかびっくりするほどふっくらしていて、とっても美味しかったです。

主人は冷めないうちにと思ってなのか、勢いよく次々食べていました。

たれもサッパリ美味しいです。

いろんなものに合うたれで、こんな風に奴にもぴったりですし、ピリ辛胡瓜にもなりそう。

f:id:madameokami:20200802172354j:plain

お豆腐にも

お好きな方は、にんにくもみじん切りにして入れても美味しいと思います。

下に敷いた野菜は、キャベツでも美味しいですが、レタスのシャキシャキとこのたれの相性もバッチリです。

 

おまけのひとり言

こんなに美味しいと、またすぐ作りたくなってしまいます。

最近、痩せる暇がないので、困ってしまいますね。

夏バテ、夏痩せをしないので、すぐに食欲の秋になって、蓄えの冬になって・・・

今年は特に季節があっという間に感じます。

ビアガーデンに行けない夏が来るなんて想像もしていませんでした。

 

今日もとっても簡単なレシピでしたが、そんな簡単で美味しいレシピは、こちらにまとまっていますので、よかったらご覧ください。

 

 

 

おつまみにもなりそうなというか飲みたい!キャベツアンチョビパスタ作りました。

オイル系パスタは私にとって、ハードルの高いお料理。

朝ごはんに食べるので、そんなににんにくを使いたくないのと、お店でのペペロンチーノほど辛いのは得意ではないので、余計、味を決めるのが難しいのだと思いますが、でも、主人も私もオイル系、大好き。

ということで、いつもおつまみで作っているアンチョビキャベツでパスタを作りました。

f:id:madameokami:20200801153139j:plain

アンチョビパスタ

 

簡単!美味しい!キャベツとアンチョビパスタの作り方【レシピ】

材料(2人分)

パスタ 240g(ここがまず食べすぎですね)

キャベツ 4枚くらい

アンチョビ 4~5本

オリーブオイル 大さじ4

にんにく、鷹の爪 お好みで

塩・胡椒

 

作り方

1.お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を入れ、パスタとざく切りしたキャベツをさっと茹でる。(キャベツはさっと茹でたら、取り上げる)

f:id:madameokami:20200801153445j:plain

茹でる

 

 

2.フライパンにオリーブオイルを敷き、みじん切りにしたにんにく、小口切りにした鷹の爪を炒める。

 

3.そこへ、さっと茹で上げたキャベツを加えて炒める

f:id:madameokami:20200801153612j:plain

炒める

 

4.火が通ったら、キャベツをはしに寄せて、あいている所で、細かく裂いたアンチョビを炒めて香を出す。

f:id:madameokami:20200801153724j:plain

アンチョビ

 

5.茹で汁を大さじ2加え、茹で上がったパスタを入れ、からめる

f:id:madameokami:20200801153838j:plain

パスタ投入

塩・胡椒で味付けする。

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20200801153913j:plain

出来上がり!

 

ポイント

アンチョビは、じっくり香りを出してから、全体を混ぜてください。

最後に炒めすぎると、焼きそばみたいになってしまうので、ささっとからめるくらいにしてください。

アンチョビの塩気があるので、塩辛くなりすぎないよう、最後の調味はしてください。

 

おまけのひとり言

これは、今日の朝ごはんでしたが、そのままワインでも飲みたくなるようなお味でした。

東京もやっと(ほんとやっと)梅雨明けもしましたし、これからは明るいうちから飲みたい気分ですね。

ワインを飲みながらパスタを食べるのが好きですが、外食でない限り、いつもパスタを食べるのが朝ごはんなので、お休みの日には是非またやってみたいです。

今日もとっても簡単なレシピでしたが、そんな簡単レシピがたくさん載っているので、よかったら、こちらも見てみてください。

 

 

 

 

久しぶりの焼肉はやっぱり喜福世(きっぽよ)さん。ハラミが最高でお薦めです。

お家ごはんでも焼肉はやりましたが、何度やっても、美味しそうなお肉を買ってきても、ちょっと奮発しても、やっぱり違う。

期待するだけによけいがっかり。

火力が違うんですね。お肉もですけど。

ということで、久しぶりに、私の大好きなハラミが最高!の喜福世(キッポヨ)さんにランチで行ってきました!

f:id:madameokami:20200731135515j:plain

焼肉はお店で!

 

 

焼肉はやっぱり喜福世(キッポヨ)さん!お薦めです!

場所

恵比寿駅から徒歩5分くらいのビルの3階にあります。

 

 

 

f:id:madameokami:20200731132641j:plain

キッポヨさん

 

ランチ営業

私が初めて行ったのは、夜なのですが(芸能人の方にお会いしました)、お昼のお肉も美味しいし、なによりかなりのお値打ちなので、お昼の方が行っている回数、多いかも。

12時~14:30 ラストオーダーのようです。

f:id:madameokami:20200731132905j:plain

ランチ営業

 

ランチメニュー

とってもお得なランチメニューは、こちら。

f:id:madameokami:20200731133035j:plain

ランチメニュー

見てください!このリーズナブルな価格

若い男性たちは、福盛にご飯大盛りしていました。

私はビール飲むので、軽めにしてもらいましたが、無料で大盛りもできるようです。

私は、ハラミが大好きなので、いつもハラミランチ。(ご飯はこれで軽め)

お肉は6枚のっています。

f:id:madameokami:20200731133220j:plain

ハラミランチ

主人は、その時によって、盛合せのものだったり。

今回は、上カルビランチ。

ビールは別ですが、これが¥400で、もっとちっちゃいワイングラスのランチビール¥200もありました。(私は両方、飲みました)

このハラミ、今回もジューシーでとっても美味しかったです。

ちなみに、上カルビもお味見させてもらいましたが、お肉の甘みを感じでとっても美味しかったです。上カルビも6枚のっていました。

お薦め

こちらのランチの嬉しいところは、お肉が1枚¥100でお替りできるのです。

勿論、お替りしましたよ。

f:id:madameokami:20200731133506j:plain

お替り

お替りのお肉の方がしっかり分厚くて、食べ応えがありました

美味しい~のです。

お昼でもこの美味しさ。絶対、お得です。

でも、ボリュームとお値段で、若者にも人気なので、ランチの時間はピークをちょっとはずしていったほうが良いと思います。特に、今は。

夜、行かれる方は、是非、韓国葱のサラダを食べてみてください。

盛り付けにもびっくりですが、味付けも美味しいので。

おまけのひとり言

外食もずっと我慢していたので、かなり久しぶりのお外ランチでしたが、相変わらず美味しくて嬉しかったです。

やっぱり焼肉はお店に限る!と再確認したところです。

余談ですが、今、感染拡大防止のために、うちのお店でもいろいろ気を遣っていますが、実は先日、行ったお店でちょっと嫌な思いをしました。

お店の名前は出しませんが、主人とのすごくすごく久しぶりの夜飲みで、カウンターなら安心じゃない?と主人が言うので、行ったのですが、店員さんがマスクをしている以外は、まったく防止策が感じられなかったのです。

しかも、他の人の飛沫が飛んでいるようなものを食べなくてはいけないという(マスクをしていないお客さんの前で調理されたものが私達に出されたので)恐怖でした。

逃げ出したいくらいの気持ちだったのですが、他の人は誰も気にしていない様子で、さくっと帰りましたが、今、思い出しても怖いです。

感染防止に関しては、人によってかなり温度差があるようです。

恵比寿でもマスクをしていない人を多くみかけますし、大声出している人もいます。

東京都の感染防止徹底宣言のステッカー、うちも貼っていますが、自己申告なので、ステッカーだけで惑わされないよう、皆さんも是非気を付けてくださいね。

 

 

 

 

Kindle本を出版しました!おつまみとお家ごはんのレシピがいっぱいです。

このブログを始めて、5ヶ月がたちました。

毎日、毎日、食べ物のことばかりお酒のことばかり書いてきました。

我ながら他にネタはないのか?と疑問に思いますが、食べることもお酒を飲むことも毎日、欠かせない、そして、毎日の楽しみと言ったら、それ!ということなんですね。

そんなブログに、毎日お付き合いくださっている皆さんありがとうございます。

この度、そんなブログの中から、特に簡単!美味しい!おつまみとお家ごはんを厳選して、本にしました。

 

Kindle本を出版しました!

 

f:id:madameokami:20200730114552j:plain

出版しました!

本の内容

私の料理は簡単なものばかりなので、ご紹介してきたものはどれも簡単ですが、中でも簡単で美味しいものを選んでのせました。

材料別に下処理、下ごしらえを書いたので、準備ができたら、ささっと終わる、そんな内容になっています。

ポイントもまとめましたので、それを守れば、失敗いらずです。

そして、どれも、お酒に合うものばかりなので、どんなお酒に合うのかも、勝手にお薦めさせて戴いています。

今回、新たに付け加えたこと

野菜や魚を買うときの見分け方を板長にも教えてもらって書きました。

そして、自分でも楽しかったのが、「あると便利なキッチングッズ」の紹介です。

今まで、あまり意識せずに使っていたものたちですが、気付いたら、毎日よく使っているという私には欠かせないグッズがいっぱいありました

そして、初めて使ったのはいつかなぁと考えると、かなり昔だったり、どこで買ったかなぁと考えると、意外と海外だったりと楽しい発見がありました。

そう、最近は全然行けていない海外旅行ですが、お店を始める前は、好きで、いろいろ行っていて、その土地で、キッチン雑貨のお店などを覗き、海外らしい可愛いキッチングッズを買ってくるのが好きだったんですね。

そんなことも忘れていましたが、想い出して楽しい時間でした。

日々のご飯選びに迷ったときの参考に、もしよかったら、覗いてみてください。

ちなみに、表紙の絵は、板長に描いてもらいました。

 

 おまけのひとり言

いつか本って出してみたいなぁなんてずっと夢に思っていましたが(小学生の頃は小説とか書いていたような)、こんな風に実現できるとは思っていませんでした。

今回、お薦めしてくださる方がいて、背中を押してくださって、アドヴァイスをくださって、それがなければ実現できませんでした

そして、いつもこのブログを読んで、いいね!の☆をつけてくださる皆さんやコメントをくださる皆さんに励まされて、このブログを続けてこれたので、それがなかったら本もできませんでした。

大切なお店のお客さまと友人達も、「いつも読んでるよ」とか「あれ、作ったよ」なんて言ってくださって、本当に嬉しいです。

皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです

最後に、蔭ながらいつも支えてくれる、そして、このブログのためにも進んで提案、協力をしてくれた主人(板長)にもとっても感謝しています。

これからも、簡単で美味しくてお酒にぴったりなおつまみの話や、私のぶきっちょな料理失敗ネタも含め、日々の食卓ばなしを書いていきたいと思っていますので、皆さんどうぞよろしくお願いします。

天然酵母で久しぶりに美味しいパンが焼けた!でもほんと難しい。

パン作りは、もう昔からやっていますが、天然酵母は去年デビューしたばかり。

そして、何度も練習して、何度も失敗しています。

ほんと難しい。

寒い時期は尚、難しいと思っているので、春~夏くらいだけ楽しむことにしています。

 

www.madameokami.net

 

春に買ったレーズンがまだ冷蔵庫に残っていたので、先月、それで酵母を作ろうと思ったら、なんとかびて・・・梅雨前のもの凄く暑い日々だったのですが、3日以上、寝かせなくてはいけないところ、2日目でかびて。

諦めきれず、再度、さらに熱湯消毒を念入りにやっても、かびて。

レーズンの賞味期限はきれていないのに、なんと長持ちしないことかとがっかりし、新たなレーズンを買ってきて、また作ってみました。

そうしたら、やっと成功し、ヨーグルトも買ってきて、ヨーグルト酵母を作り、やっと元種まで出来上がり、おととい、新しい酵母でのパンを仕込んでみました

f:id:madameokami:20200729212642j:plain

オニオンパン

 

天然酵母で久しぶりに美味しいパンが焼けた! 

ですが、実は、おとといのは失敗。

失敗作

f:id:madameokami:20200729212838j:plain

失敗

このブツブツ、そして、もっちりというよりも詰まった感じのパンになってしまいました。

トーストしたので、食べられましたが、こういうパンは好きじゃないって感じです。

何がいけなかったかというと、

 

こねあがり

f:id:madameokami:20200729213016j:plain

こねあがり

1次発酵させていたら、どんどん大きくなってきたのですが、仕事中で、すぐには焼けなかったので、一時、ワインセラーに入れてしまったのです。

そうしたら、

こんな風に。

f:id:madameokami:20200729213003j:plain

一次発酵

その後、2次発酵しましたが、あきらかに生地がだれてきてしまい、横にべちゃ~っとなったパンになってしまったのでした。

低温発酵もあるし、と思ったのですが、やり方がいけなかったですね。

そして、昨日、また。

リベンジ

f:id:madameokami:20200729213414j:plain

こねあがり
一次発酵後

f:id:madameokami:20200729213456j:plain

元気

ラップにくっつくほど元気に発酵してくれたので、そのまま二次発酵へ。

そうしたら、美味しく焼けました。

成功!

f:id:madameokami:20200729213722j:plain

オニオンパン

まだ夜だったので、食べるのは我慢して、ビニールに入れて寝たのですが、朝まで柔らかさを保っていて、軽さもあって(もっちりしすぎは主人が苦手なので)とっても美味しく食べられました。

ちなみに、上にのっているのは、フライドオニオンです。

朝ごはんにいただきましたが、ワインにとっても合いそうな美味しいパンでした。

おまけのひとり言

天然酵母は難しい、難しいと思っていますが、主人にも「そんなに大変なのは続けられないね」と言われていますが、もっとちゃんと勉強して、ちゃんとやる性格の人ならうまくいくのでしょうね、

今まで、ドライイーストも含めて、いろんなパンを焼いてきましたが、最近は、もう我が家の定番を決めようと思っています。

バケットを食べたいならこのレシピ、リッチなパンドミーを食べたいならこのレシピ、ふわふわ白パンは、このレシピと決まりました。

あとのパンは、只今、厳選中です。

こうやって決めてしまえば、失敗することも、このレシピ美味しくなかったなんてこともなくなるので。

そして、食べきれる量を作る、これです。

今までの半分の量で焼いているので、冷凍庫行きはありません。

食いしん坊がやっと、普通の人の考えに気付いたって感じです。

 

www.madameokami.net

 

 

www.madameokami.net

 

 

www.madameokami.net