女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

恵比寿でちょっと話題の買い食いしました。甘いのとしょっぱいの。

去年だったかフルーツどら焼き屋さんがどんどんできてきましたね。

恵比寿にも新しくできたのですが、歩いていると、あそこにも、ここにも、とたくさんお店を見つけます。

お正月、今更ながら、そのフルーツどら焼きを買ってみました。

そして、先日、気になっていつつも毎度、完売で買えなかった東京豚饅も、販売していたので、買ってみました。

f:id:madameokami:20220121131608j:plain

 

恵比寿でちょっと話題の買い食いしました!

甘いの

EBISU 青果堂さん

seikadou.jp

 

f:id:madameokami:20220121131840j:plain

店頭

f:id:madameokami:20220121131907j:plain

入ってみると

f:id:madameokami:20220121131940j:plain

とっても綺麗で、ワクワクしますよね。

お土産にも喜ばれそう

買ってみました

f:id:madameokami:20220121132031j:plain

迷いましたが、一番、王道っぽいいちごにしてみました。

f:id:madameokami:20220121132059j:plain

こんな風に、どら焼きの生地が盛り上がっているのは、苺がごろっと入っているからですね。

食べてみました

f:id:madameokami:20220121132323j:plain

餅粉や白玉粉を使用しているという生地は、確かにもちもちしていて、知っているどら焼きとはちょっと違う食感でした。

クリームもあんこも上品な甘さ、フルーツのおいしさを引き立てているようでした。

ただ、苺が大きいと食べづらい、という贅沢な悩みもありました。

フルーツは、とってもこだわっていて、それがウリだと思うのですが、特別感は残念ながら感じることができず、全体的に美味しいのですが、1個¥800以上するので、また買うかと聞かれると、甘党でもない私は、安いワインでも買ってしまうかもしれません。

しょっぱいの

東京豚饅

tokyo-butaman.com

最近、オープンされたこちらのお店、オーブン前から気になっていたのですが、いつも並んでいて、整理券をもらって、また来店する、そんな感じだったり、並んでいないなぁと思うと、完売だったりで、なかなか食べる機会がありませんでした。

ですが、先日、通りがかったとき、珍しく列がないので、今後のためにもシステムなど聞いておこうと思ったら、今日はこのまま買える、と聞き、これはチャンス!と、お腹いっぱいにもかかわらず、ついつい買ってしまったのでした。

店頭

f:id:madameokami:20220121133152j:plain

買ってみました

f:id:madameokami:20220121133225j:plain

今は、豚まんのみの販売だということです。

豚まん2つ買ってみました。

箱が小さいので、ちっちゃい豚まんなのかなぁと思っていたら、重なっていたので、大きさは普通の豚まんと同じくらいと思われます。

f:id:madameokami:20220121133321j:plain

食べてみました

f:id:madameokami:20220121133342j:plain

皮の部分は、ほんのり甘みを感じる生地でした。

中の種は、よく練ってあるのか挽きが細かいのか、かなり滑らかでした。

特徴的な味は感じられませんでしたが、慣れ親しめる味なのかもしれません。

ちなみに、お値段は、1個¥200.これも慣れ親しめる価格ですね。

ちょっと関係ないですけど、この写真にも写っているとおり、豚まんの下に敷いてある経木に、生地がくっついてしまって、とれず(2個とも)、生地がはがれてしまい、その部分だけ種がむきだしになってしまったので、食べていて味わいが変わってしまって、そこだけが残念でした。

他に、小豚饅だと、黒胡椒豚まんやXO蝦豚まんもあるようなので、今度は、そちらも食べてみたいです。

 

ビストロRIZOさんは、ランチでもシャルキュトリー盛合せが楽しめます!

前に、夜、伺って、とっても美味しかった「ビストロRIZO」さん。

お米とワインとシャルキュトリーのお店ということで、ココット鍋で炊くご飯も名物なようですが、前回は、お腹がいっぱいで食べられなかったので、今回は、お米を食べようと、ランチに伺ってみました。

f:id:madameokami:20220120130312j:plain

 

ビストロRIZOさんは、ランチでもシャルキュトリー盛合せが楽しめます!

RIZOさん

rizo.tokyo.jp

 

前回行ったとき

 

www.madameokami.net

 

ランチ

f:id:madameokami:20220120130601j:plain

 

今回、お米を食べてみたかったので、お米のコースにしました。

お米のコース

前菜

f:id:madameokami:20220120130700j:plain

さわら ということでしたが、さごちよりもちっちゃいかなぁという大きさでした。

ソースが、黄身のソース、ビーツのソース、ヴァルサミコのソース、と3種類のっていました。

シャルキュトリー盛合せ

f:id:madameokami:20220120130824j:plain

実は、前回、伺ったときに、一番良かった!と思ったのが、このお皿です。

手作りシャルキュトリーがいろいろなのですが、どれも優しい仕上がりでとっても美味しい。

これだけでワインが何杯でもいけてしまうくらいおつまみにもってこいのお皿なのです。

そして、今回、ランチなので、こんなにいっぱいのってないだろうなぁと思い、一緒に行った主人も「3種類くらいかなぁ」なんて言っていたんです。

そうしたら、夜のメニューと同じくらいのっていて、びっくり!

おかげ様でしっかり味わえました。

どれもとっても美味しいのですが、私は中でも、ブータンノワールのパテ(黒いのです)が、甘みを感じてデザートみたいで好きです。

あとは、牡蠣入りのソーセージが、和食を食べているようなお魚の味がして楽しいのと、手前のもつのパテにかかっているオリーブオイルの酸味がとってもいい感じ。

とにかくどれも美味しかったです。

丸ごとポルチーニ茸と自家製ベーコンとおろしチーズのご飯

f:id:madameokami:20220120132804j:plain

ご飯は、4種類くらいから選べます。

牡蠣ご飯は、お値段が+になります。

私は牡蠣好きなので、牡蠣ご飯が気になったのですが、主人が「牡蠣ご飯は、味が想像できるから、それ以外で」というので、今回は、こちらにしてみました。

ポルチーニ茸ってやっぱり香が凄いのかしら、しかもまるごと!と思ったのですが、思ったより味も淡泊でした。(エリンギみたい?と言ったら失礼ですね)

やっぱり乾燥のほうがしっかりした香と風味があるのでしょうか。

そして、お米なんですが、パラパラとしていて外国のお米みたいでした。

(ホームページには山形のお米と書いてありますが)

私は勝手に炊き込みご飯みたいな感じをイメージしていたのですが、ピラフ、というよりクスクスみたいな感じの印象でした。

デザート

f:id:madameokami:20220120133156j:plain

チーズケーキのカカオのせです。

チーズはまったりしているので、カカオの苦味がとパリパリなところがいい感じでした。

 

ということで、ほんとお腹いっぱい。

美味しく満足でしたが、やっぱり私は、こちらのシャルキュトリー盛合せが一番好き

それでワインを飲めれば幸せです。

テイクアウトもやっているようですので、これからそちらも利用してみたいです。

ごちそうさまでした。

野菜をたっぷり食べたいときは中華もいいかもしれませんね。

未だ冬休み太りと気持ちでは戦っている私ですが、もちろん、毎日、美味しいものを食べたい気持ちは抑えられないので、好きなものを食べつつ、たまにはヘルシーっぽいものをおつまみに、と工夫して(抵抗しているだけ?)います。

お店で食べるものは、ちょこちょこ綺麗なものも良いのですが、家でのおつまみは、ずっとつまんで飲んでいたいので、たっぷり欲しい、そんなときにヘルシーで安心なのは、やっぱり野菜メニュー、野菜たっぷりの中華っていいかも、と思いました。

f:id:madameokami:20220118124745j:plain

 

野菜をたっぷり食べたいときは、中華もいいかもです。

上の写真は、青菜の炒め物です。

シンプルな味付けですが、美味しくてどんどん食べられます。

今回は、青梗菜と小松菜をミックスしてみました。ささっとできて美味しい、いいですよね。

あと、野菜をたっぷり食べたいときにお薦めの中華は、こちら。

青椒肉絲

f:id:madameokami:20220118124928j:plain

野菜たっぷりの青椒肉絲のことは、先月も書いていて、最近、よく作っているなぁと思いましたが、簡単で美味しいし、たっぷり作れるので、いろんな意味でいい感じなのです。

 

www.madameokami.net

 

材料

f:id:madameokami:20220118125315j:plain

豚肉・ピーマン・筍・もやし・葱・生姜など

にんにく・赤唐辛子

下味用(塩・胡椒・日本酒・卵白)

片栗粉

合わせ調味料(鶏ガラスープ100cc・日本酒60cc・醤油大さじ1・オイスターソース大さじ2・砂糖小さじ2)

手順

1.豚肉は、細切りして、塩・胡椒、日本酒で味付けしておきます。卵白をもみこんだ後、片栗粉をまぶして、さっと焼いたら、別皿に取り出しておきます。

f:id:madameokami:20220118125931j:plain

 

.フライパンに油を敷き、みじん切りにした葱・生姜と種を抜いた赤唐辛子を炒めて香を出します。

f:id:madameokami:20220118130156j:plain

 

3.千切りにした野菜を加えて、炒めます。

f:id:madameokami:20220118130243j:plain

 

f:id:madameokami:20220118130303j:plain

 

4.先ほど、炒めた肉も戻し入れます。

f:id:madameokami:20220118130321j:plain

 

合わせ調味料を加えて、煮込み、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

f:id:madameokami:20220118130334j:plain

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20220118130419j:plain

今回も野菜たっぷりの美味しい青椒肉絲ができました。

ご飯にのっけても美味しいから、残ったら、朝ごはんに、なんて思いましたが、またしても残ることはありませんでした。

おまけのひとり言

ダイエットをするまで興味のないもやしだったのですが、ヘルシーだけでなく、美味しいんだということも今さらながらわかったので、今はよく買うようになりました。

ダイエットの味方、もやしは、今回1袋でしたが、2袋あっても美味しく食べられそうですね。

ただ、根切りが面倒なので、今回も根切りもやしをついつい買ってしまいました。

1袋でも肩こりが凄いことになってしまうので。

白身魚のクリームソース、作ってみたら、まさかの結果に?!

本を見ていたら、フレンチで、「豚ヒレのブランケット」というのが載っていて、美味しそうだったので、作ってみようかなぁと思いました。

そこへ、主人(板長)が、白身魚でムニエルとかしようよ、ということだったので、白身魚のクリームソースな感じで作ってみることにしました。

f:id:madameokami:20220118120900j:plain

 

白身魚のクリームソース、作ってみたら、まさかの結果に?!

材料

f:id:madameokami:20220118120939j:plain

白身魚(今回は、ふえ鯛を使いました。)

人参 1/4本

玉葱 1/2個

マッシュルーム 3個

バター 20g

薄力粉 大さじ1

白ワイン 1/4C

生クリーム(今回は、植物性を使用) 1c

塩・胡椒

 

手順

.玉葱は薄切り、マッシュルームは2つ切り、人参はピーラーで薄く切ります。

 フライパンにバターを溶かし、炒めます。

f:id:madameokami:20220118121352j:plain

 

小麦粉をふるい入れて、炒めます。

f:id:madameokami:20220118121634j:plain

 

白ワインを入れて、沸騰させた後、生クリームを加えて、少し煮詰めます。塩・胡椒で味を調えます。

f:id:madameokami:20220118121704j:plain

 

4.白身魚は、塩・胡椒して、薄く小麦粉をつけます。

f:id:madameokami:20220118121803j:plain

 

5.バターとオリーブオイルを入れたフライパンでこんがり焼きます

f:id:madameokami:20220118121832j:plain

 

6.3.のソースの中に焼きあがった魚を入れて、さっと煮込みます。

f:id:madameokami:20220118121846j:plain

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20220118121934j:plain

結果

うわぁ~美味しそう!と思って食べてみたのです。

そうしたら、思ったよりヘビーだった。

クリームソースかというと、生クリームも今回は、植物性を使用しているので、軽めの仕上がりで、どうやら、お魚自体の脂のノリが凄かった、ということがわかりました。

バターとオリーブオイルで焼きましたが、そこまで多く使用したわけではなく、お魚の脂でした。

びっくりしたのは、お料理が冷めていくにつれ、お皿の上でお魚の脂が固まりはじめたのです。これはやっぱりお魚のせい(?)ですね。

簡単なお料理こそ、素材が重要(別に悪いお魚ではなかったのですが)ということを思い知らされた感じです。

ということで、残念ながら食べきれず、少し残してしまいました。

おまけのひとり言

なかなかないことでしたので、この結果に、二人してびっくりでした。

もともと、ブランケットというクリーム煮込みも、仔牛でやったり、豚ヒレでやったりするようで、あまりこってりじゃないお料理みたいです。

なので、夜のおつまみにするなら、鶏むね肉とかささみでさっと煮込む、というのも身体にやさしくて美味しいかもと思いました。

ただ、主人は、今回のこの出来上がりが納得いかないようで、近いうちにリベンジする、と言っています。なので、そちらも楽しみにします。

いつものサラダをアレンジしてみたら、ワインにぴったりなおつまみになりました!お薦めです!

先日、行ったビストロでオーダーした「あったかいシェーブルのサラダ」、とっても美味しかったです。

水菜とくるみのサラダは、冬になると作るお気に入りですが、それにチーズをのせたら、できそう!、自分でも作ってみたい!と思って、チャレンジしてみました。

f:id:madameokami:20220117120837j:plain

 

 

いつものサラダをアレンジしてみたら、ワインにぴったりなおつまみになりました!

材料

f:id:madameokami:20220117121010j:plain

春菊(葉の部分) 1把分

ナッツ 60g

お好きなチーズ(今回はカマンベールチーズを使用しています。)

ドレッシング(粒マスタード 大さじ1・白ワインビネガー 大さじ1/2・オリーブオイル 大さじ1・メープルシロップ 小さじ2・塩 小さじ1/2)

 

*今回、ナッツは、ミックスナッツがあったので、それを使っていますが、くるみだけでもOKです。

 メープルシロップも蜂蜜でOKです。

作り方

1.春菊は葉の部分を切り、水にさらして、シャッキリさせる。

f:id:madameokami:20220117121102j:plain

 

.ナッツは、大きすぎるものは、少し砕いて、フライパンで乾煎りする。

f:id:madameokami:20220117121139j:plain

 

.チーズは、4等分くらいに切り、ホイルの上にのせて、オーブントースターで加熱する。カマンベールチーズは、上の部分を削いでおくと溶けやすいです。

f:id:madameokami:20220117121242j:plain

 

4.ドレッシングの材料を合わせて混ぜる。

f:id:madameokami:20220117121310j:plain

 

5.水菜の水気をしっかりとって、ドレッシングと合わせ、お皿に盛り付け、ナッツも飾る。

f:id:madameokami:20220117121352j:plain

 

6.チーズが焼けたら、上にのせる。

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20220117121430j:plain

とっても美味しくて、ワインもパンも進むサラダが出来上がりました。

 

おまけのひとり言

はい。チーズは焼き過ぎてしまいました。

本当は、まだ形がある感じのチーズをあちこちにのせたかったのですが、たら~っと溶けたものをはがしつつのせた、そんな感じになってしまいました。

ただ、味は美味しかったです。

こういうチーズがあると、ついついパンにのっけたくなりますし、ついついワインも進みます。

今回は、スーパーでお買い得になっていたカマンベールチーズで作りましたが、やはりちょっといいチーズで作ったらもっと上等の味になりそうです。

お店で食べたものは、シェーブルと言っても、ブルーの味もしたので、ミックスしてみるのも美味しいかなぁと思っています。

こんな風に、春菊を生で食べることは、このサラダを作り始めるまでなかったことですが、一度やってみたら、とっても美味しくて癖になるので、春菊が美味しいうちにまた作りたいです。ちゃんとお気に入りのチーズを買って、美味しいワインとパンも用意して、ですね。

久しぶりにナポリタン作ってみましたが、あの手間はなんだったのか、になってしまいました。

前にテレビで見た美味しそうなナポリタン、ちょっと手間がかかるけど、久しぶりにナポリタン、食べたいし、と思って、2日前から仕込みをして作ってみました。

f:id:madameokami:20220116123532j:plain

 

久しぶりにナポリタン作ってみましたが、あの手間はなんだったのか・・・

レシピ

www.bsfuji.tv

 

そうです。テレビで見たというのは、私の好きな番組、「日本一ふつうで美味しい植野食堂」です。

そこで、ナポリタンは何度かやっていて、前回は、さぼうるさんのナポリタンを作ってみたのですが、今回は、いたりあ小僧さんのナポリタンに挑戦してみました。

 

以前の記事(さぼうるさんのナポリタン

 

www.madameokami.net

 

手順

1.みじん切した玉葱を飴色になるまでじっくり炒めます。今回は、セロリも入れてみました。

f:id:madameokami:20220116124226j:plain

 

トマトジュース(トマト缶)とハーブ、ローリエ、ブイヨンを入れて煮込みます。

 セロリの葉があったので、それも入れてみました。

f:id:madameokami:20220116124350j:plain

 

.煮詰まったら塩・胡椒で味付けします。

f:id:madameokami:20220116124531j:plain

 

4.パスタは前日に茹でて、オリーブオイルをからませて寝かせておきました。(これは、さぼうるさん方式ですね。)

 

5.フライパンにオリーブオイルとバターを入れ、食べやすい大きさに切った玉葱、ハム、マッシュルーム、ピーマンを炒めます。

f:id:madameokami:20220116124606j:plain

 

.塩・胡椒をして、白ワインをまわしかけます。

f:id:madameokami:20220116124745j:plain

 

.3.のトマトソースとケチャップを加え炒めます。

f:id:madameokami:20220116124821j:plain

 

.そこへ、4.のパスタを加えて、混ぜます。

f:id:madameokami:20220116124943j:plain

 

.味を調えて出来上がり。

f:id:madameokami:20220116125054j:plain

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20220116125130j:plain

ということで、出来上がったのですが、最後、味見をしていた時に、主人(板長)にも味見をしてもらったら、「味が足りないかなぁ」ということで、ケチャップが大量に追加されたんですね。

もともとのレシピでも、作ったトマトソースより、ケチャップの量の方が割合が高くて、たっぷり作ったトマトソースは、いっぱい残ることになってしまいました。

そして、さらにケチャップ追加で、トマトソースの味はどこへ?という感じです。

美味しかったですよ。もちろん。でも、これなら、最初からケチャップたっぷりでいいのではという話です。

このトマトソースは、冷凍したので、お肉やお魚料理に使うか、トーストにでも使ってみます。

そして、ナポリタンは、上に載せたさぼうるさんのレシピの方で次回、またやってみることにします。

おまけのひとり言

ふと気づいたのですが、失敗したり、次はこうやってみよう、と思ったら、すぐやらないとダメですね。

どこがどうダメだったか、どうしようか、そんなことも忘れてしまうので。

ということで、リベンジナポリタンは、近いうちにやります。

今週の朝ごはんあれこれ、久しぶりに「に志かわ」さんのパンも買ってみました。

冬休みにはパンを作ろうかなぁなんて思っていましたが、結局、焼かず、美味しいパン屋さんに買いに行って食べたりしていて、今週も買ったパンで朝ごはんを楽しみました。

久しぶりに高級食パンも買いました。

f:id:madameokami:20220115132107j:plain

 

今週の朝ごはんあれこれ、久しぶりに「に志かわ」さんのパンも登場!

パン

「に志かわ」さんのパン

f:id:madameokami:20220115133145j:plain

こんなに具をのっけてしまうと、パンが見えませんね。柔らかくて真っ白でほんのり甘い「に志かわ」さんのパンです。

主人が「俺は結構好きなんだよね」と前から言っていたのですが、私にはちょっと甘めで、なかなか買う機会がなく、私の好きなパン屋さんにいつも付き合わせているので、たまには主人の好きなパンも買いましょう、と思って買いました。

そのままだと甘いので、私はトーストして、サンドイッチのようにして味わいました。

主人は、生のままも好きなようです。

カスクルート

f:id:madameokami:20220115133633j:plain

私は、こんなバケットのサンドイッチも大好き。シンプルがいいよね、と思い、ハムとチーズだけはさみましたが、残念ながらこのチーズ、普通のスライスチーズで、あまり美味しくなかったのです。

考えてみたら、シンプルなものほど、美味しい食材でないとダメですね。

今度は、もっとしっかりしたチーズを挟んでみたいです。主人は、オレンジのチーズ(チェダーとか?)がいいようです。

ご飯

ドライカレー

f:id:madameokami:20220115142826j:plain

チリコンカンをたっぷり作って余ったので、アレンジしてドライカレーにしました。

ターメリックライスを炊いて一緒に食べたら、どんどん進む美味しさでした。

らっきょうは、鎌倉で買ってきたお気に入りの蜂蜜らっきょうです。

オムハヤシ

f:id:madameokami:20220115142925j:plain

ずっと食べたかったオムハヤシを作りました。

私は、普通のオムライスは作れるのですが、ふわふわは難しいので、チキンライスだけ炊いて、主人(板長)にオムレツを作ってもらいました。

綺麗に割れてないのは、私が割ったからです。

そして、ハヤシライスまで作るのは面倒だったので、市販のものを買ってみた(初めて買いました)のですが、その味があまり合わなくて、ずっと食べたかったわりに残念でした。

今度は、普通にドミグラスソースとかで作ってみようかなと思っています。

パスタ

ブロッコリーのアンチョビパスタ

f:id:madameokami:20220115143216j:plain

困ったときのパスタです。

朝ごはんがひらめかないとき、材料があまりないなぁというときも、アンチョビは常備してあるので、オイル系のパスタならささっとできます。

そしてアンチョビがあると、味が決まるので、大助かりです。

ナポリタン

f:id:madameokami:20220115143359j:plain

前にテレビで見て、真似て作ってみたナポリタン、久しぶりに作ってみました。

パスタを多く茹でてしまったからか、トマトソースが足りなくて、主人に相談したら、ケチャップを大幅に増量2日前からトマトソースを作っていたのが意味ないくらい、本当の味がわからないくらいの出来上がりとなってしまいました。

その他

焼き餅

f:id:madameokami:20220115143611j:plain

主人が一人で買い物に行くというので、何を買ってくるのかと思いきや、大きなケーキを買ってきていました。

自分が食べたかったから(私より甘いもの好き)なんですが、一度には食べきれず、朝ごはんに持ち越しとなりました。

ただ、甘いものだけでは辛いので、お醤油味の焼き餅も。

甘いものには、しょっぱいものも、必要ですよね。

ダイエットとは程遠いご飯でした。