女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

餃子の皮が余ったので焼売にしてみたら勿論ありあり!

点心が好きなので家でもよく作ります。

焼売も大好きですが、一番よく作るのは皮なし焼売

そう蒸したお団子みたいなのです。それはそれは簡単で美味しいのでお薦めですが、今回は餃子の皮が余ったので、それで焼売にしてみました

f:id:madameokami:20210209133457j:plain

餃子の皮で焼売

 

餃子の皮の余りで焼売に。ありありです!

材料

f:id:madameokami:20210209134120j:plain

豚挽肉 300g

帆立缶 100g 

春雨 30g

椎茸 2個(干し椎茸があればそれも美味しいと思います)

長葱 1/2本

生姜 1片

酒 少々

塩 小さじ2/3

胡椒

胡麻油

作り方

1.春雨は水でもどして、2cmくらいに切り、葱と生姜はみじん切り、椎茸も細かく切って、帆立缶も缶汁ごと豚肉と混ぜる。

f:id:madameokami:20210209134546j:plain

 

.調味料を入れて、よくこね、まとめる。

f:id:madameokami:20210209134633j:plain

 

蒸籠の上にレタスを敷いて、皮に包んだ焼売を並べる。

f:id:madameokami:20210209134750j:plain

包む

.蒸気のあがった状態で強火で約15分蒸す。

 

出来上がり!

f:id:madameokami:20210209134932j:plain

出来上がり!

なんら問題のない普通の焼売が美味しく出来上がりました!

今までは餃子の皮が余ると、揚げておつまみにするか、餃子第二弾にするかだったのですが、今度からは、この流れができそうです。

おまけのひとり言

もともと大好きな餃子の皮があったのですが、最近、その皮の質が落ちてきているというか、配送の問題なのか、皮がべちゃ~っとくっついていることが多かったのです。

それで、他にお気に入りの皮を見つけようと今、いろいろ買ってみています。

(この件は、データが集まったら、またブログにします)。

今回、2種類買ってみたら、餃子だけでは余ってしまって、焼売にしたというわけです。

海老好きなので、いつもの皮なし焼売は海老をいっぱい入れて、プリっぷりに仕上げますが、今回は久しぶりに帆立缶にしてみました。

そうしたら、帆立の香りがしっかりしてとっても美味しかったので、これからはこちらの方が登場しそう。ただ、帆立缶っていろいろあって、美味しいものと、全然香がしないものがある(勿論、お値段の違いでしょうけど)ので、気をつけなければです。

とにかく、昨夜はとっても美味しい焼売、本格焼売となりました。

またまたお腹いっぱいになるまで食べてしまいました。

 

今日もとっても簡単ですが、簡単で美味しいレシピを集めています。

よかったらのぞいてみてください。