女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

静岡県の開運、雄町は、古代の味を想像させるお酒でした。

お酒を選ぶ基準というのは、人それぞれだと思いますが、今回のお酒は、名前でついつい飲みたくなる、という人が多いお酒、そう、開運です。

毎年、年始には買っていたのですが、飲んでみると、味わいも美味しかったので、それから、季節のお酒が出たりすると買っていました。

今回のお酒は、私の好きなお米、雄町だったので、興味がわいて買ってみました。

開運 無濾過 純米 赤磐雄町

静岡県掛川市、土井酒造場さんの開運

酒造好適米の雄町ですが、中でも赤磐雄町は、最高品質と言われているようですよね。

やはり、赤磐雄町、と書いてあると、あ!と嬉しくなります。

 

飲んでみました!

味わい

香はあまりありませんが、ほんのり米の甘み、旨みを感じます。

口の中で転がしながら飲んでみると、香がひろがっていきます。

酒屋さんのコメントに、「古代の味と現代の技術の融合した一本」とあったのですが、たしかに、昔からのお酒のようなそんな感じです。

合わせてみた肴

焼き魚

まずは、塩焼きの魚と飲んでみましたが、お酒のほうが強くて、優しい魚の味は負けてしまいました。

ただ、〆たお魚と飲んでみたら、これがなかなか美味しいのです。

お魚の酸味で、お酒を甘く感じて、美味しかったです。

それなら、と塩焼きのお魚に、ポン酢をかけてみたのですが、思ったより合いませんでした。

青菜炒め

旨み調味料と塩でしっかり味付けした炒め物。

それぞれの味がしっかりわかって美味しかったです。

蓮根明太

蓮根を茹でて、明太子とオリーブオイルで和えるだけの簡単おつまみ。

我が家ではよく作ります。

明太子のピリリ感とお酒の強さが出てきてしまって、ぶつかってしまっているようでした。

さつま芋の蜜煮とマカロニサラダ

さつま芋の甘さとは見事に合いませんでした。

ただ、マカロニサラダのほうは、お酒をフルーティに感じて美味しかったです。

新じゃがサラダ

日本酒の中には、マヨネーズに合うもの、合わないものがあって、面白いので、今回も試してみました。

新じゃがで作ったポテトサラダ、寿司酢やマヨネーズで味付けしています。

マヨネーズとの相性は良いお酒のようでした。

マヨネーズの酸味で、お酒の角がとれてまろやかに感じ、フルーティになります。

お酒とおつまみが寄り添うように感じるコンビ(板長談)でした。

 

ということで、いつも飲み慣れているお酒とは、一味、二味、違うお酒で、なかなか飲むことのないお酒でした。

雄町というより、やはり造り方なのか、昔からのお酒、という印象が強いお酒で、なのに、マヨネーズのサラダとあうというのも面白い発見でした。

ほんと楽しいです。