女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

パンを食べに行ったはずが、なぜかお好み焼きを食べて帰ってきました。

何度か行って気に入っているPAUL六本木一丁目店さん。

大好きなパンがたくさん味わえるのと、ワインを飲みながら楽しめる、という私にとって至福の時間が過ごせるお店で気に入っています。

ただ、いつも徒歩(だいたい50分)で行くので、夏の暑い季節は行かれませんでした。

最近、やっと風も涼しくなって、お散歩日和になったなぁと思ったので、久しぶりに行ってみることにしました。

ところが。

パンを食べに行ったはずが、なぜかお好み焼きを食べて帰ってきた話。

PAULさんの定休日

ランチタイムが11時からなので、10時ちょっとすぎに出て、楽しく歩いていきました。

本当にお散歩日和で風が気持ち良かったです。

勿論、50分はちょっと遠いのですが、美味しいパン、大好きなパンをいっぱい美味しく食べるためには頑張って歩きます。

そして、ビルに着いてエスカレーターを下りていたら、なんか変、暗い気がする、静かな気がする。

お店の前までついつい小走りに行ってしまいました。

そうしたら、なんと、「土日祝日は定休日」との張り紙が。

8月からだそうですが、私が最後に来たのは、お友達とで、6月頃だったと思うので、その間に、そういうことになっていたのですね。

かなりショックでした。パンとワインモード全開だったので。

 

お腹も減っているので、何か食べて帰ることにしました。帰り、歩けませんものね。

それで、隣のアークヒルズの中のお店を見て、候補にあがったのは、シカゴピザ、中華、お好み焼きです。

そのうち、お好み焼き屋さんは、いつも通るたびに混んでいる、と一緒にいた主人が言うので、今回、そちらに入ってみることにしました。

お好み焼き さんて寛さん

tabelog.com

 

こんな感じのお店構えです。

ガラスに可愛い絵が描いてあります。

お皿にも描いてありましたよ。

店内

これ、可愛いです。

天井にこんなにたくさんのテコが。圧倒されますが、どこか可愛らしさを感じます。

食べたもの

豚焼きそば

奥のカウンターで焼いてくれて、それを大きな天板にのせて持ってきてくれて、私たちのテーブルの鉄板の上にのせてくれます。

外にも貼ってあったメニューで、おつまみにぴったり、とあって、主人がオーダーしていました。

ビール飲んだのは、私だけでしたけどね。

豚玉

本当は、私、モダン焼きが食べたかったのですが、主人が焼きそばをオーダーしたので、普通のお好み焼きにしました。

チーズ焼きとも迷ったのですが、主人が「豚玉で」というので、王道の豚玉に。

マヨネーズたっぷりかけていただきました。

そうしたら、これ、とっても美味しかったんです。

中はふわっふわで、底の部分はとってもカリカリで、その両方がいい感じで、どんどん食べられる美味しさでした。

おまけのひとり言

ということで、パンモードから一転、お好み焼きとなりましたが、とっても美味しかったですし、なにより、こういうお店へ行く機会がなかなかないので、いい経験でした。

お好み焼きは、本当に美味しくて、コツを教えていただきたいくらい!

また食べたいです。

そして、PAULさん、近々、また行きますよ~!