女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

とうもろこしと枝豆を入れて夏野菜のがんもどき作ってみました!

がんもどきは大好きで、簡単に作れることを知ってから、自分でもよく作ります。

今回、また作りたいなぁと思い、せっかくなので、とうもろこしや枝豆を入れて作ってみることにしました。

とうもろこしと枝豆で夏野菜のがんもどき作ってみました!

材料

木綿豆腐 1丁

とうもろこしと枝豆 40g

長芋 50g

卵 1個弱

片栗粉 大さじ1

作り方

1.豆腐は適当な大きさに切って、レンジで約3分加熱し、ざるにあげて水を切っておく。

 

2.長芋は皮を剥いて、細かく切る。

 

.ボウルに1.を入れ、滑らかになるように混ぜる。長芋も加えて混ぜる。

 

4.そこへ、とうもろこしと枝豆も加えて混ぜる。

 

5.卵を溶きほぐしてから、4.へ入れ、片栗粉を加えて、混ぜる。 

もし、まだ水分が多いようなら、片栗粉を足してください。

 

6.揚げ油を熱して、食べやすい大きさにスプーンで丸めて、落とし入れる。

私は、スプーンにのせて、ゴムベラで油の中に落としいれました。

 

7.色よくなるまで揚げる。

 

お塩をふって、いただいてみました。

揚げたてというのは勿論、ふわっとしていて美味しいです。

 

どんどん揚げます。

しっかり丸めないと、こんな風に、とうもろこしが取れてしまうので注意です。

出来上がり!

揚げたてにお塩をふって、そのままいただくのも美味しいですし、お出汁(麺つゆでも)をかけていただくのも美味しいです。

 

ということで、こんな風に、混ぜて揚げるだけで、とっても美味しいがんもどきができました。

小ぶりにして揚げたので、20個近くできたと思います。(揚げたてをどんどん食べてしまったので、定かではありませんが・・・)

本当は、山芋があったら、すりおろして入れたかったのですが、なかったので、長芋にしました。ただ、長芋をすってしまうと、水っぽくなりそうだったので、切って入れてみました。

もっちりねっとりのがんもどきにはなりませんでしたが、ふんわり軽い仕上がりになってので、ぱくぱくいける美味しさで、夏にぴったりのがんもどきとなりました。

またいろいろ入れて作ってみたいです。