女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

冷凍のやまいもを買って、手作りがんもどき作ってみました!

前にも手作りがんもどきは作ったことがあって、簡単な割に美味しいので、また作ろうと思って、木綿豆腐を買ってきました。

前回は、長芋しかなくて、コロコロに切って、具材として使ったのですが、やっぱり山芋があったら美味しいだろうなぁと買い物に行きました。

そうしたら、生の山芋はなかったのですが、冷凍ものがあったので、買ってきて、それで作ってみました。

冷凍のやまいもを買って、手作りがんもどき作ってみました!

冷凍やまいも

そう、業務用で冷凍のやまいもがあるのは知っています。見たことがあります。

でも、自分で買おうと思ったのは初めてで、ミニスーパーの冷凍食品コーナーをのぞいてみたら、こんなものを発見。

40gが4袋入っています。これで¥300くらい。

ちょっと割高な気もしますが、生のやまといもってとっても高いし、保存もどのくらいきくのか、それに手がかゆくなりながらおろすことを考えたら、便利でいいのかもしれません。

小袋っていうのがいいですね。

がんもどきの材料

木綿豆腐 1丁

冷凍やまいも 40g(1袋)

卵 1個

お好みの具材(今回は、海老とコーンを入れています。)

揚げ油

塩など

作り方

1.豆腐は、レンジで約3分半加熱した後、ざるにあげて水気をきっておく。

 

2.ボウルに1.を入れ、細かくする。

フードプロセッサーでやっても楽ちんかと思います。

 

3.2.へ冷凍やまいもと卵を加えて、なめらかになるまで混ぜる

こんな感じで、なめらかにしています。

 

.お好みの具材を混ぜる。

 

今回、ふりかけのゆかりがあったので、混ぜたら美味しいかなぁと、2個分だけ混ぜてみました。

 

食べやすい大きさに丸めて、揚げ油で揚げる。

 

6.香ばしい色に揚がったらOKです。

 

出来上がり!

こんな風に美味しそうに揚がりました。

お塩をふって食べるのも美味しいですし、出汁醤油も美味しいです。

今回、自家製麺つゆがあったので、大根をおろして一緒にいただいてみましたが、そうなると、ちょっとしたごちそう気分が出て、格が上がる気がします。

生姜醤油も美味しそうですね。

ちなみに、ゆかりはそれほど味がしなくて・・・もっとたっぷり入れたらよかったのでしょうか。

海老とコーンは、彩りも良いし、歯応えもあって、味も美味しかったです。

揚げたてはほんと軽い味わいで、一気に食べられてしまう美味しさです。今度はもっとたっぷり作って、半分は煮物にしてみようかなぁとも思いますが、やっぱり揚げたてはとまらず食べてしまいそうな予感もします。