女将の食卓

和食屋(ただいま休業中)の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

自分のお弁当作り、丼ものも登場でお弁当にいいですね。

自分のお弁当を作ろうと思ってから、わっぱのお弁当箱を買ったのですが、これがなかなかいい感じです。

結構いっぱい入るし、汁気もいい感じで吸ってくれるようなので、今回は安心して、丼もの、親子丼を持って行ってみました。

自分のお弁当作り、丼ものも登場でお弁当にいいですね。

昨日のお弁当

揚げさん入りの親子丼

鮪の味噌漬け焼き

海老とパプリカ炒め スイートチリソース

おくらの唐揚げ

きゅうりの浅漬け です。

お弁当の内容

親子丼は、普通、玉葱と鶏肉と卵で作ると思うのですが、我が家では揚げさんと卵のあぶ玉もよく作り、それもとっても美味しいので、今回は、一緒にして作ってみました。

卵でとじて、まだ少しお出汁がありましたが、ご飯の上にしっかりのせることで、しみこんでくれて、汁もれ防止になりましたが、わっぱもいい感じで水分を吸ってくれた気がします。

鮪の味噌漬け焼きは、冷凍してあったものを切って、前の日の夜におつまみで食べていたのですが、ご飯にも合いそう、と思い、1枚だけとっておいてお弁当にも入れてみました。

海老とパプリカの炒め物は、海老が食べたかったのと、彩りをと思って、簡単に炒め、他と違う味付けにしたかったので、スイートチリソースで和えました。

そして、おくらの唐揚げは、先週、テレビ「相葉マナブ」で見て、とっても美味しそうだったので、作ってみました。

おくらを2cmくらいに切って、醤油と生姜、にんにくに漬けこみ、片栗粉をまぶして揚げるだけ、というものです。

お弁当なので、にんにくは遠慮して、生姜をしっかりきかせてみました。

胡瓜の浅漬けは、前にもご紹介したもずくが入った浅漬けの塩で漬けただけ、でもそのままでとても美味しくできる便利なお塩です。

食べた感想

親子丼は、思ったとおりの美味しさ、揚げさんにも味がしっかりしみていましたし、ご飯ともなじんでいました。

海老とパプリカのスイートチリソースは、もちろん、海老とよく合う味ですし、冷めてもサラダみたいに楽しめて美味しかったです。

そして、おくらの唐揚げは、やはりいつもそうですが、揚げ物もしっかりカラッと揚げておくと冷めてもべちゃっとならずに美味しく食べられます

おくら自体も、下味をつけてから揚げているので、そのままでも美味しい味でした。

あとの鮪も、いつもの胡瓜も美味しく、回も楽しいお弁当でした。

次は、初の炊き込みご飯弁当にしてみようかなぁと思っています。