女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

とろけるほど熟成した柿で超簡単、柿羊羹、作ってみました!

先日、女将弁当に使いたくて、柿をまとめて買いました。

なかなかいい柿だったのですが、いくつか残ってしまい、はじめはそのまま食べていたのですが、1個とっても熟れてしまい、とろけるほどになってしまったので、このままは食べられないなぁと思い、昔作ったことのある柿羊羹を作ってみることにしました。

とろけるほど熟成した柿で、超簡単、柿羊羹、作ってみました!

材料

こんな感じの柿です。なんだか破裂してしまいそうな雰囲気です。甘そうな感じが伝わってきます。

 

柿 1個(250g)

はちみつ 大さじ2

レモン汁 小さじ1

寒天 1g

水 50cc

作り方

1.柿は皮を剥いて、刻んで、ボウルに入れ、はちみつをかけてよく混ぜておく。

そう、皮を剥こうかと思ったのですが、あまりにとろとろで、剥く、というより、皮をはぐといった感じでした。

そして、刻むまでもなく、スプーンで混ぜていると、なめらかになりました。

もっと固い柿だったら、フードプロセッサーで滑らかにしたほうが良いと思います。

 

2.小鍋に水と寒天を入れ、火にかけて、沸騰したら2分加熱する。

透明なので、よくわかりませんが、寒天とお水です。

我が家で重宝している昔から使っている小鍋、歴史を感じる代物ですね。この大きさって、ほんと便利なんです。

 

3.そこへ、1.を加えて、よく混ぜ、沸騰させたら、レモン汁を加えて混ぜる。

 

4.容器に流し込み、冷蔵庫で冷やし固める。

我が家の流し缶が大きいものだったので、今回は、タッパーにしました。

軽く水で濡らしてから注ぎました。

 

出来上がり!

こんな風に固まりました。

するっととれて切れます。

美味しい柿羊羹が出来上がりました。

羊羹といっても、これは少し柔らかめです。でも、優しい感じで食べやすく美味しいです。

今は、朝ごはんの時に少しずついただくのが楽しみです。