女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

糖質オフダイエットに強い味方のあれこれを揃えてみました!

糖質オフダイエット3日目を迎えました。

もともと毎朝、お風呂に入る前に、体重を計っているのですが、今朝は、ダイエットスタートしてから0.8Kg減

なかなか嬉しい結果でした。(でも最初だからでしょうか。)

今まで、仕事柄、夜ごはんを食べる時間が遅いので、夜は主食抜きにした方が良いのではと思い、そういう生活をもう15年くらいやっていますが、それ以外は、糖質オフに関してはあまり知識もなく、今回初めて意識しました。

まずは、2週間、糖質を抜いて、脂肪を燃焼させる身体作りをするということなのですが、食べる量を制限したりということではないようですし、我慢するというのは好きじゃないし、続かないかと思い、美味しい生活を続けながらダイエットできる強い味方をあれこれ揃えてみました。

f:id:madameokami:20210316134353j:plain

 

糖質オフダイエットに強い味方のあれこれ

家から行ける場所で探したのですが、富澤商店でいろいろ手に入るかと思っていたら、富澤商店で買えたのは、アーモンドだけで、他は、スーパーTHE GARDEN恵比寿店、そして、殆どがドンキホーテ中目黒店で買えました。

ドンキホーテで食品を買ったことがあるのは、プラチナ通り店だけだったのですが、中目黒店も奥が広く、品揃えも凄かったです。

甘味料とおからパウダー

f:id:madameokami:20210316134542j:plain

どちらも初めて買いました。今まで興味もなかったので、初めて見た感じです。

実は、人工甘味料の味が好きではなくて、飲み物やデザートでも、糖質0と書いてあるものは避けていたのですが、この2週間はそうも言ってられません。

そして、おからも嫌いと書きましたが、おからパウダーは、小麦粉がわりに使ったりできるようなので、買ってみました。

ラカントSで煮物やデザートも作ってみます。

これで美味しかったら、2週間たった後でも使ったりできますしね。

糖質0の食品

f:id:madameokami:20210316135158j:plain

蛋白質はしっかりとった方が良いので、肉類はしっかり食べて良いのですが、肉の加工品は注意が必要とのこでした。

そこへ、こちらの「糖質0」のハムとベーコン(THE GARDENで購入)を見つけたので、これは!と思い、喜んで買いました。

そして、糖質0の麺。

これだけは、前から見たことがあったのですが、美味しそうには見えなかったので、買ったことはありませんでした。

今朝、早速、食べてみました。

f:id:madameokami:20210316135422j:plain

とっても柔らかかったです。食べている感が少なかったです。

この麺もおからパウダーでできているそうです。

煮込まずに食べられる麺ということだったのですが、あさりのお出汁を吸わせたくてちょっとだけ煮ました。だから柔らかくなってしまったのでしょうか。

今度は、いっさい煮ずに、麺つゆ(これも砂糖ではなく甘味料で作らなくては)をかけて食べてみることにします。

糖質オフメニューによく出てくる食材

f:id:madameokami:20210316135714j:plain

お豆腐はしょっちゅう出てきます。

お豆腐ときのこと鶏むね肉のオンパレードって感じです。

あと、辛子明太子はよくないらしいのですが、たらこなら良いとのことで買ってきました。

豆乳と乳製品

f:id:madameokami:20210316135859j:plain

豆乳もしょっちゅうレシピに出てきます。牛乳のレシピも豆乳にすれば尚いいとか。

脂肪はとっていいので、生クリームやチーズ、バターが使えるのは嬉しいところ。

ヨーグルトは、朝ごはんに強い味方なので、無糖を買いました。そう、実は、このヨーグルトの「甘みつき」というのが、昔の瓶のヨーグルトの味に似ていて、大好きでいつも食べていたのですが、今は無糖で我慢です。

おやつ

f:id:madameokami:20210316135658j:plain

小腹が減ったら、おやつは食べていいようです。

定番の蒟蒻ゼリーと一口サイズのチーズ、アーモンドを買ってみました。

そう、こういうチーズって久しぶりに食べたのですが、小学生時代に食べていた味というかとっても懐かしかったです。

おまけのひとり言

ということで、楽しんで続けられるよう、食べたいのを無理に我慢しないで続けられるようやってみようと思っています。

今日で終わったら正真正銘の3日坊主ですね。

そうはならないように、と思いつつ、2週間後に食べたいものを早くも考えている私です。