女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

糖質オフダイエット、スタートから半年後の今。

春、主人と二人でダイエットをしました。二人でなんて初めてです。

そして、きっかけは、本当にひょんなこと。

勿論、日々、体重は計って気にはしていたけれど、年齢的なものもあるのかなぁなんて、どこかで言い訳にしていて、まさか自分が本気でダイエットに取り組むとは思っていませんでした。

今までも、「もうやばい!」と思って、トライしてみたダイエットはいくつかあります。サプリも何種類か試しました。

全くきかなかったものもあるし、ちょっと成功したものもありましたが、でも、また太ってきてしまい、お正月の体重から落ちなくなっていた時、偶然目にした「糖質オフダイエット」

主人と二人で3食同じものを食べているので、一人でやるわけにもいかず、まさか主人もやるとは思わず(勇気のない私はどこかでとめてほしかったのかも。)、「やってみたいけど、無理だよね~」と話してみたんです。

そうしたら、思いもよらない返事、「ずっとじゃないんでしょ。2週間でしょ。なら付き合うよ」と。

ということで、春、2週間の糖質オフダイエットをしたのでした。

f:id:madameokami:20210913142434j:plain

 

糖質オフダイエット、スタートから半年後の今

糖質オフダイエット

本で読んだのですが、糖質をたくさん摂るとまず、それを消費しようとするので、脂肪を分解するところまでいかない、なので、脂肪が身について太ってしまう、そういうことでした。

なので、まずは、2週間、糖質をできるだけ摂らないよう、炭水化物は抜いて、他にも糖質の高い食品は我慢して、脂肪を消費できる身体作りをする、ということでした。

もともと夜は、時間が遅いし、お酒を飲むので、炭水化物は抜いていましたが、パンやパスタが大好きなので、朝はモリモリ食べるし、お昼は、賄いでご飯をお替りしてまで食べていたのでした。

今、思うと、この年代の女性の食欲ではないです。

ダイエット中の2週間

この間、何を食べていたかというのは、その時期のブログに書いていますが、教え通りに炭水化物は抜きました。糖質の高い野菜や食品、皮ものなども我慢しました。

そして、蛋白質はしっかり摂る、油はとってよし、そのほか、小麦粉のかわりにおからパウダーを使ったり、砂糖はいっさい使わず、甘味料のラカントSを使ったり、といろいろな制約の中で料理して食べていました。

ずっと毎朝食べていたフルーツを食べられなかったのもつらかったです。

夜ご飯は、もともと炭水化物抜きだったので、今までのようにお肉やお魚をふんだんに使った料理を用意すればよかったのですが、炭水化物メインだった朝ごはんが大変で、朝からそのかわりになるようなものをいろいろ作らないといけないというのが面倒でした。

なので、本のレシピを参考にいろいろ作ってみましたが、ダイエット中だから美味しいけれど、今、食べたくはないかなぁというものも正直いくつかあります。

そして、一番の救いは禁酒はしなくていいこと、だからいつも通り毎日同じくらい飲んでいました。まぁもし、禁酒も条件だったら私達がトライすることはなかったと思いますね。

 

www.madameokami.net

 

2週間後

そんなこんなで、いろいろ大変だったのですが、2週間でなんとか約2㎏落とすことに成功しました。

糖質オフダイエットには、賛否両論ありますが、私は疲れがとれにくい、というのをすごく実感したので、やっぱり糖って適度には大切なんだというのを身体で実感した2週間でした。

 

www.madameokami.net

 

3週間後

2週間で炭水化物抜きは終わりにしたのですが、一気に普通の食事ではなく、糖質控えめにして、少しずつ炭水化物を食べて、というのをやっていたら、その1週間後に、目標だった3㎏に近いところまで行きました。

 

www.madameokami.net

 

その後

一度、4㎏減までいったんです。炭水化物は食べていて、です。

でも、なんだかげっそり見えてしまったようで、妹に「もうやめた方がいい」と言われたので、それ以上は痩せないようにすることにしました。

年齢的に、綺麗に痩せないと、貧弱というか不健康に見えてしまうので、難しいですね。

半年後

そう、今、なぜこのブログを書いているかと言うと、春、糖質オフダイエットをスタートしてからちょうど半年たったのです。

なので、記念に書いておこうかと。

今は、3㎏減~4㎏減の間を行ったり来たりしています。

げっそりはしないように気を付けて、でも少し重くなったら、すぐ落とすよう調整しています。

またあの2週間をやるのはつらいですから。

今は、食べたいものが食べられてほんと嬉しいです。もともと食いしん坊なので余計です。

 

今、どういうことに気を付けているかなどは、長くなってしまったので、また明日のブログに書きたいと思います。