女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

ローズマリーがたくさんできたので自家製ローズマリーでサルティンボッカを作りました!

我が家とお店の植物担当は主人です。

広尾のお店の時は、ベランダが広かったし、店内も広かったので、大きな木をいくつか置いていて、いろいろ育てていたようです。

長い時間、ベランダから帰ってこないと思ったら、植物と触れ合っている時、気分が落ち着く、とか。

今は、ほぼ家のベランダだけですが、いろいろちょこちょこ育ててくれています。

今回のローズマリーは、かなり年季の入ったもので、ずっと頑張ってくれていますが、こんな風に若い柔らかい葉っぱがいっぱいできたのは久しぶり。

せっかくなので、お料理して楽しむことにしました。

f:id:madameokami:20210908130035j:plain

 

自家製ローズマリーでサルティンボッカ作りました!

我が家のローズマリー

f:id:madameokami:20210908130125j:plain

柔らかい葉っぱがいっぱい出てきています。

そして、積んでみたら、ほんといい香り。

本当はセージのレシピでしたが、このローズマリーでサルティンボッカ作りました

材料

f:id:madameokami:20210908130608j:plain

豚ロース肉 2枚

生ハム 4枚

ローズマリー 4本

小麦粉

バター 20g

白ワイン 20cc

レモン 1/4個

作り方

豚肉は、筋切りして、肉叩きで叩く

f:id:madameokami:20210908130745j:plain

f:id:madameokami:20210908130759j:plain

 

.半分に切って、片面に塩をし、ローズマリーをのせて生ハムでくるむ。まわりに小麦粉を薄くはたく(今回、つい忘れてしまいまいした)。

f:id:madameokami:20210908130823j:plain

 

.フライパンに油を入れ、2.をローズマリー側が下になるように並べて、揺らしながら両面焼く。

f:id:madameokami:20210908130935j:plain

f:id:madameokami:20210908131007j:plain

 

バター、白ワイン、レモンを入れてソースにする。

f:id:madameokami:20210908131327j:plain

 

.お肉が焼けたら、先に取り出し、お皿に盛り、ソースを煮詰めて上からかける

f:id:madameokami:20210908131410j:plain

今回、ソースをとった後、そのフライパンでセロリを炒めて塩をして、添えました

出来上がり!

f:id:madameokami:20210908131434j:plain

ローズマリーの香りがなんともいい感じでした。

そして、このセロリがとっても美味しかったのです。

見た目は、イマイチですが、もっともっとたっぷり食べたいと思うくらい美味しかったです。

おまけのひとり言

ローズマリーとかオレガノが家にあると、ちょこちょこ使えて便利です。

バジルもいいなぁと思うのですが、買ってきてもすぐ虫にやられます。

ローズマリーは、鶏肉を焼いたり、ポテトと焼いたり、アクアパッツアに入れたり、オーブン焼きに入れたり、トマト煮込みに使ったりしてきましたが、今回のような豚肉にも勿論、ぴったりでした。

ただ、いくら柔らかいとは言え、食べきれないものもあったので、食べる前に抜いた方が食べやすいかもしれません。

若い葉っぱがいっぱいあるうちに、どんどんいろんなお料理で使いたいです。

今度はお魚もいいかな。