女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

梅雨のはしりにお鍋を楽しむのもいいかも。シンプル鍋お薦めです。

今日はお天気が良くて気持ち良い日になりましたが、今週は、雨が多いようですね。

ただ、まだ梅雨入りというのではなくて、梅雨のはしりだとか。

本当の梅雨だと蒸し蒸ししますが、今は、ちょっと気温が低くて肌寒い日があったりしますね。

ということで、また楽しくなってきたのがお鍋

先日やったシンプルお鍋がとっても美味しかったので書いておきます。

 

梅雨のはしりにお鍋を楽しむのもいいかも。シンプル鍋お薦めです。

勿論、暑くなったらお鍋を食べないというわけではないのですが、しゃぶしゃぶだったり、ちょっと辛いお鍋だったり、と冬のお鍋とは違った感じになることが多いです。

我が家のお鍋だと、ついついいろいろ具材を入れたくなって、いつも寄せ鍋状態になってしまうのですが、この間、みつけたシンプルお鍋がとっても美味しそうで、やってみたら、とっても美味しかったので、ご紹介します。

豚団子と青梗菜と春雨のお鍋

そう、名前のとおり、材料は、基本的にこの3品、そして、豚団子に葱と干し椎茸のみじん切りが入ります。

ちなみに、豚挽肉300gに対して、干し椎茸3枚、葱30gの割合です。

作り方

1.干し椎茸は水でもどしておく。春雨も水でもどして食べやすい大きさに切っておく。

 

2.豚挽肉に、醤油・酒・胡麻油・ラード各小さじ2と、砂糖小さじ1強を入れて混ぜます。干し椎茸と葱をみじん切りにしてまわりに片栗粉をまぶし、豚挽肉に混ぜこみ、よくもみます

この具材に粉をまぶして混ぜる、というのが食感が美味しくなるポイントらしいのですが、主人に聞いたら、当たりまえの話、と言われてしまいました。基本らしいです。

 

3.お鍋に鶏ガラスープ1.5Lを入れ沸かし、そこへ、食べやすい大きさに丸めた肉団子を入れていきます。

 

4.酒1/2C、塩大さじ1、胡椒で味付けをし、そこへ春雨を加えてさっと煮ます。

 そして、青梗菜も茎の硬いほうから、順に入れて、さっと煮ます。

 

 

出来上がり!

美味しそうなお鍋が出来上がりました。

こんな風に、スープは澄んでいます。

このままシンプルにお出汁を味わうもよし、柚子胡椒や胡椒などでちょっとピリッとさせるもよし、あとはお好みでポン酢なども美味しいようです。

私は柚子胡椒だけつけて、スープは、このままいただいていたのですが、とっても美味しくて、ごくごく飲んでしまいました。

なので、たっぷりスープが余って、とはいきませんでしたが、翌朝、にゅう麺も味わってみました。

〆の麺

やっぱり、お鍋は、〆まで味わってこそ、ですよね。

大満足のお鍋でした。