女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

栃木の姿の秋のお酒 秋あがりは【艶すがた】と名前も素敵でお薦めです!

栃木の姿、夏は浴衣すがただったので、なるほど~という感じですが、秋はちょっと思い浮かばないですよね。

ですが、これを見ると、納得していただけるはず。

f:id:madameokami:20200917110158j:plain

艶すがた

 

艶すがた 純米吟醸 原酒

栃木県栃木市飯沼銘醸さんの姿

秋のお酒、秋あがり、「艶すがた」です。

うちのお客さまは、私より上の方も多いので、「あっ、キョンキョン!」と喜んでくださる方が多いです(ブログを読んでいる方は、知らない方も多いでしょうね)。

ラベルの色も夏とはガラっと変わって、秋らしい紅葉をイメージする色です。

f:id:madameokami:20200917111408j:plain

姿

麹米には、酒米で有名な山田錦、掛米には、北海道の彗星を使用しています。

 

飲んでみました!

 

味わい

姿らしいフルーティさを感じます。

とろんとした舌触り、丸みのある甘さを感じますが、勿論、べたべたする甘さではなく、後味がスッキリです。

米の甘みをしっかり感じるお酒です。

 

お薦めの肴

煮物

f:id:madameokami:20200917113035j:plain

煮物

ほんのり甘い味付けの煮物と一緒に飲むと、お酒がキリっと感じられて、飲みやすくなりました。

相性が良いおつまみです。

 

煮魚

f:id:madameokami:20200917113349j:plain

煮魚

こってこてでない上品な味付けの煮魚は、お酒も上品な味に感じられて、どちらもしっかり味わえました。

 

焼鳥

f:id:madameokami:20200917113210j:plain

焼鳥

私の大好きなネック(せせり)です。

お肉の脂がお酒の甘みを抑えて、とってもいい相性です。

柚子胡椒もつけて食べてみたら、お酒の甘みで辛みが少しマイルドになるのは良いのですが、塩気が強すぎてしまうので、控えめにした方が美味しいと思います。

 

八宝菜

f:id:madameokami:20200917114719j:plain

八宝菜

オイスターソースのようなしっかり味にもちゃんと美味しく楽しめました。

ふわっとお酒の香りを感じたのも良かったです。

 

たらこの煎り豆腐

f:id:madameokami:20200917115014j:plain

煎り豆腐

ワインで感じてしまうような生臭みは勿論ないのですが、優しい味付けだったので、お酒の方が勝ってしまいました。

同じ煎り豆腐でも、もっと甘辛な味の方が合っていたかもしれません。

 

まとめ

米の甘みをそのまま感じる姿ですが、こういう甘みを感じるお酒には、ほんのり甘い味付けの煮物や煮魚、そして、香ばしく焼いた焼き鳥のような肉の脂がよく合います。

前回の夏のお酒「浴衣すがた」は、甘酸っぱいお料理によく合っていたので、やはり季節が違うと、違うお料理に合うように作られているんだなぁと実感します。

これからお店でも秋らしい食材がどんどん入荷して、秋らしいお料理がどんどん出てくるので、そういうお料理と一緒に楽しんで戴きたいです。

 

姿のシリーズ

 

www.madameokami.net

 

 

www.madameokami.net

 

 

www.madameokami.net