女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

自分好みのクロックマダム作ってみました!が、意外な盲点が・・・

初めてクロックマダムを食べたのは、もう何十年も前、初めてParisに旅行に行った時だと思います。

Parisのカフェでクロックマダムを食べる、というのが憧れで、実際、食べてみて、なんて美味しいの!と思った記憶があります。

その後、日本でも売っているお店が増え、食べられるようになりましたが、自分が年を重ねてきたこともあり、あまりヘビーなものは胃が受け付けなくなってしまったので、逆に食べる機会が減ってしまいました。

今回は、食べた後に胃がもたれない、でも美味しいそんなクロックマダムを食べたくて、自分で作ってみることにしました。

自分好みのクロックマダム作ってみました!が、意外な盲点が・・・

アレンジソース

クロックマダムというと、ベシャメルソースですね。

ですが、それが多すぎると、食べきれないので、今回は、ポテトのソースを作ることにしました。

ちょうど前日にポテトサラダを作っていて、その時に、たっぷりじゃが芋を茹でてマッシュポテトにしていたので、それを使いました。

 

マッシュポテトをフライパンに入れて、生クリームを注ぎ、お芋をつぶしながら、煮詰めます。

 

こんな感じです。

塩味を軽くつけておきます。

 

ベシャメルソース作り

1.フライパンにバター30gを溶かし、小麦粉大さじ4を加えて、炒めます。

 

2.そこへ牛乳を少しずつ加えて、だまにならないようにかき混ぜていきます。

 

3.何度かにわけて牛乳を加え(全部で1Cくらい入れました)、こんな風にフライパンの底が見えるくらいのかたさに練り上げます。

 

4.塩・胡椒しておきます。

 

クロックマダム作り

1.まず、食パンの上に、ポテトソースを塗ります。(本来はベシャメルソースです)

 

2.その上に、ハムとチーズをのせて、ベシャメルソースをかけます。

 ハムは塩気のあるもの、お好みの味のものが美味しいと思います。

 今回は、薄いハムだったので、4~5枚重ねています。

 

3.もう1枚パンを重ねて、ベシャメルソース、チーズをのせて、真ん中にくぼみを作ります。

 

4.そこへ卵を割り入れます。

 これ、双子でした!

くぼみの中に、卵を入れたつもりなのですが、やはり白身が流れ落ちてしまいました。

 

5.あとはオーブントースターで、焼くだけ。

 卵が好みの感じになればOKだと思います。私は半熟が好きなので、チーズが軽く焦げたら、OKとしました。

 

出来上がり!

こんな風に美味しそうなクロックマダムが出来上がりました!

 

ただ、お皿にのっけようとして、悪戦苦闘。

そう、流れ落ちた卵の白身がアルミホイルの上で固まってしまっていて、パンからはがれないのです。

すごくしっかりとくっついていて、食べているときに、ナイフで切っていても、まだパンにくっついていて少し食べにくいほどでした。ほんと意外な盲点でした。

オーブンシートでやればよかったですね。

食べた感想

味はとっても美味しかったです。耳の部分はカリッとしていて、卵の半熟具合もちょうどよかったです。

そしてポテトソースも少し寿司酢をかけたマッシュポテトを使ったので、その酸味もサッパリして美味しかったです。

ただ、濃厚なソース好きの主人は、ベシャメルソースの味より、ポテトソースの味が勝っている、もっとベシャメルソースたっぷりが良かった、と言っていました。

なので、好みですね。

私には自分好みで大成功でした。あっ、ホイル以外は、です。